FC2ブログ

音楽レッスン帳

クラシックピアノ・ジャズピアノ・エレキギター・作曲・DTM・オーケストラ・パーカッションのレッスン日記 ♪ 姉妹サイト「ニョキリサ」もよろしくお願いします(๑˃̵ᴗ˂̵)

無から生まれ正面衝突する勢い

今日のジャズピアノレッスンで学んだこと。

【実技】
C Jam Blues / Duke Ellington

Blues In The Closet / Oscar Pettiford

【フォームとリズム】
・弾く前に一瞬瞑想して無になる
・正面衝突するつもりでワガママに
・準備、用心せずにダイレクトに
・まず音楽があって音にすると遅くなるから何もないところから音にする
・ヨーイの時は脱力して、ドンでダッシュするイメージ
・拍前のシンコペーションは鋭く前に出る
・優しすぎるから乱暴なくらいで
・自分を失くす
・ソロの時は前に出る役目
・エンディングのアクセント

【理論】
・全短調 Ⅱ - Ⅴ - Ⅰ
・テンションについて

【歌伴】
C ブルース
① Intro
②③④⑤ 歌(左手だけ)
⑥⑦ pf.solo
⑧⑨ 歌(左手だけ)
3 段目を 2.5 回
Last

【宿題】
・C のブルース
C Jam Blues / Duke Ellington

・F のブルース
Blues In The Closet / Oscar Pettiford

Billies Bounce / Charlie Parker

・歌伴
Blue Moon / Lorenz Hart / Richard Rodgers


・理論
全長調の ドミナントに 9 th を入れた Ⅱ - Ⅴ - Ⅰ のリストを作る



[タグ未指定]
[ 2018/12/05 20:43 ] ジャズピアノレッスン 2 | TB(0) | CM(0)

Blue Moon

Blue Moon

Lorenz Hart / Richard Rodgers

Key:B♭ - Major


Frank Sinatra

Jo Stafford

Glenn Miller



[タグ未指定]
[ 2018/12/05 20:34 ] ジャズノート | TB(0) | CM(0)

リズムを歌う

今日のジャンベレッスンは 5 人集まりました。

トンとパの叩き分けがまだまだ難しいですが、ジャンベを始めた 4 ヶ月前に比べたら、それっぽい音に近づいてきたかなと思います。

アンサンブルでアドリブやソロで毎回刺激をいただきます。

雑談の中で先生の若い頃の練習方法を興味深く聞いていました。

イメージ力を培っていくよう、生活の一部に確保して工夫したいと思います。




[タグ未指定]
[ 2018/12/02 19:32 ] ジェンベ | TB(0) | CM(0)

冬の演奏会 in 南港サンセットホール

2018120300220407f.jpeg



先月の練習会は喘息のため急遽お休みいただいたので、約二ヶ月振りの人前演奏となりました。

前回は今までで一番良く弾けたと思ったのですが、今回は更に納得いく演奏ができました。

ピアノのコンディションも良く、気持ち良く落ち着いて弾けました。

ジャズピアノの先生から指摘されたこと、「身体(心)を開く」を意識し、返ってくる音の響きを楽しむゆとりもありました。

ベートーヴェンの終楽章やシューベルトを少しミスりましたが、直ぐに立て直し、最後まで大切に歌いました。

人前で演奏するようになってもうすぐ一年になりますが、当初のオドオドした様子から随分と上達したと思います。

これには作戦があり、技術的にやや余裕のあるレベルの曲を選び、もちろんその曲が好きであることが前提ですが、本番で成功体験を重ねながら自信を付けていくという目論見でした。

それが良かったのだと思います。

今回は演奏後に声をかけて下さった方がお二人いらして、恐縮しながらも嬉しく思いました。

励みになります。



ベートーヴェン
ピアノソナタ第 6 番 ヘ長調 作品 10-2
シューベルト
楽興の時 D 780 Op.94 第3番





[タグ未指定]
[ 2018/12/02 14:00 ] 発表会・演奏会・ライブ | TB(0) | CM(0)

ループ練習

♪ China Grove /The Doobie Brothers

今日のドラムレッスンは、難しいフィルを効率良く練習する方法を学びました。

1 小節の複雑なリズムは半分に切り取って部分練習し、慣れてきたら繋げていく方法と、タム回しの組み合わせをいくつか考えて、基本リズムと繋げてループ練習する方法です。

頭より身体が自然に動くようになるまで繰り返しながら、どこにアクセントを入れるとノリが良くなるかや、どこの音に向かっているのかなどフレーズを感じることが大切だと思いました。



今日はこれから南港でピアノを演奏してから、長田に戻ってジャンベです。

10 kg の楽器を持ち運びながら電車の乗継ぎ大変ですが、なるべく自分の愛着のある楽器で演奏したいので連れてきました。

駅にはベビーカーを押すお母さんに何度も出会いました。

私はジャンベを台車に乗せていると、心の中で苦笑いしました。













[タグ未指定]
[ 2018/12/02 12:41 ] ドラムレッスン | TB(0) | CM(0)

良い音へ

今日のジャンベレッスンは6人集まりました。

まだまだ良い音がでませんが、アンサンブルでアドリブやリズムの会話は楽しいです。

先生の身体の動きやフレーズ感、多彩なリズムは毎回触発されます。

音の抜けが気持ち良く、個性豊かなメンバーたちからも影響を受け、様々な驚きを取り入れながら追いついていきたいです。


[タグ未指定]
[ 2018/11/25 21:22 ] ジェンベ | TB(0) | CM(0)

4 畳の音楽部屋

♪ China Grove /The Doobie Brothers

今日のドラムレッスンはハーフタイム・フィールの部分練習をしました。

はじめは骨組みだけ、徐々に音を増やしていき、
テンポを上げていく感じで無理なく進めていただきました。

音色の組み合わせを聴き分けたり、口ドラムと身体の動きがリンクしたりと、最初に比べたら楽譜に頼らず音楽を感じられるようになってきたように思います。

先生は最近ギターを購入されたとのこと、美しい木製のギターを見せてくださいました。

実は私も、バスドラムのペダル、ハイハットとスタンド、バスドラムとハイハットの消音パッドを購入していて、レッスンから帰ってから一式届きました。

組立はペダル以外説明書がなかったので、見よう見まねでなんとなく完成しました。

これから両足の訓練もがんばりたいです。



4 畳の音楽部屋!
ドラム練習一式を中央に設置したら、ピアノまでは跨いでいくことになります (^^;)

20181127083142328.jpeg







[タグ未指定]
[ 2018/11/25 21:04 ] ドラムレッスン | TB(0) | CM(0)

ダクソフォンをはじめて聴く

20181125205113cd3.jpeg



ダクソフォンの Dax とはドイツ語で「アナグマ」の意味で、アナグマの鳴き声のような音が出る楽器で、はじめて聴くのを楽しみにしていました。

アナグマの鳴き声は実際に聞いたことはありませんが、野生の動物が本当に鳴き叫んでいるような臨場感がありました。

ソロでその場で録音し再生しながら音が重なっていくのも楽しかったです。

先生のジャンベとのデュオも起承転結の物語が感じられてとても良かったです。

先生のソロは拡声器 4 台でジャンベやおもちゃの鉄琴で録音しながら音を作っていき、色々な方向から聞こえるメロディが不思議な異空間を作り上げて面白かったです。

ふとしさんの淡々とまじめに楽器を奏でている姿が
また良かったです。

楽器も一つ一つ手作りされていて、どれもこだわりの美しさを感じました。

また聴きに行きたいです。



[タグ未指定]
[ 2018/11/23 23:52 ] ミュージシャン | TB(0) | CM(0)

意識改革

今日のジャズピアノレッスンで学んだこと。

【実技】
C Jam Blues / Duke Ellington

Blues In The Closet / Oscar Pettiford

【フォームとリズム】
・肘から先はドラムのスティックだと思ってダイレクトに
・細工せずシンプルに
・縄跳びのように回転して、がめつく前へ前へ
・活性化していく
・脱力して落とす
・左手遅れないように、1 拍目 3 拍目に短く鋭く入れる
・レッド・ガーランドやウィントン・ケリーを参考にする

【理論】
・サークル of 5th
・Ⅱ - Ⅴ - Ⅰ

【歌伴】
① Intro
②③④⑤ 歌(左手だけ)
⑥⑦ pf.solo
⑧⑨ 歌(左手だけ)
3 段目を 2.5 回
Last

【宿題】
・C のブルース
C Jam Blues / Duke Ellington
・F のブルース
Blues In The Closet / Oscar Pettiford
・サークル of 5th、全短調の Ⅱ - Ⅴ - Ⅰ のリストを作る



前回指摘されたフォームや心構えを発揮できませんでした。
まだまだ意識改革が足りてないのだと気付かされました。

オーケストラでパーカッションをやっていた頃、前に前に出ていくよう、よくお叱りを受けたことを思い出し、成長していない自分にがっかりしました。

普段の立ち居振る舞いは音楽にでてしまいます。
音楽をやる時は切り替えて、積極的に掴みに行く意識を忘れないようにします。

今までと真逆のことを選択するため消耗しますし、
慣れ親しんだ習慣に戻ろうと潜在意識が働きますが、気づいたら直すように常に自分を観察し、
新しい習慣に移行できるよう頑張ります。



翌日、追記
そうだ、、、追い込み過ぎず、リラックスして楽しむことを思い出そう。










[タグ未指定]
[ 2018/11/22 20:18 ] ジャズピアノレッスン 2 | TB(0) | CM(0)

シンバルの色々な奏法

今日のドラムレッスンは前回の続きで難しい箇所をピックアップして部分練習をしました。
先週から喘息と気管支炎に罹り、練習ができなかったので不安でしたが、
ゆっくり無理なく進めていただき、勉強できて良かったです。
早く治して、意欲的に取り組みたいと思います。

 ♪ China Grove /The Doobie Brothers
  ・ハーフタイム・フィール
  ・シンバルの色々な奏法





● エッジ部分をスティックのショルダーで打つ
● ボウ部分をスティックのショルダーや、ショルダーとチップを交互にアップダウンさせて打つ
● カップのふもと部分をスティックのショルダーで打つ(ベル)


 

[タグ未指定]
[ 2018/11/13 20:53 ] ドラムレッスン | TB(0) | CM(0)

Blues In The Closet

Blues In The Closet

Oscar Pettiford

Key:F - Major


Oscar Pettiford Jazz Band

Buddy Rich

Oscar Peterson

Ron Carter



[タグ未指定]
[ 2018/11/09 20:42 ] ジャズノート | TB(0) | CM(0)

C Jam Blues

C Jam Blues

Duke Ellington

Key:C - Major


Duke Ellington

Oscar Peterson




[タグ未指定]
[ 2018/11/09 20:34 ] ジャズノート | TB(0) | CM(0)

身体を開く

体験レッスンを経て、今日からジャズピアノを再開しました。

【実技】
C Jam Blues / Duke Ellington
・先生のベースに合わせて、riff とアドリブ
・テーマの後、X 回アドリブしたら、左手だけにしてベースにアドリブを回し(2 回)、テーマに戻りエンディング

【フォーム】
・足を開き腰を落とし重心を下へ
・胸や鎖骨を開き手首をあげる
・打点に集中
・ハイハットのオープンとクローズみたいに 1 セットにとらえる
・鍵盤の奥の方で
・手首ではなく腕や肘を使う
・打楽器のつもりですぐに発音
・準備してから打鍵しない
・手前に引かず被せるように
・指を伸ばさずコンパクトに

【理論】
・サークル of 5th
・Ⅱ - Ⅴ - Ⅰ

【歌伴】
① Intro
②③④⑤ 歌(左手だけ)
⑥⑦ pf.solo
⑧⑨ 歌(左手だけ)
3 段目を 2.5 回
Last

【宿題】
・C のブルース
C Jam Blues / Duke Ellington
・F のブルース
Blues In The Closet / Oscar Pettiford
・歌の時は右手を 3 と 7 で、左手を root
・riff の高さを変えたりオクターブにしたり
・テンションを入れず全調の Ⅱ - Ⅴ - Ⅰ のリストを完成させる。


先生のベースや奥様の歌に合わせて、アンサンブル楽しかったです。
クラシックと弾き方やリズム感が異なるので癖を直すのが大変そうですが、先生のご指摘に目標が見えてきて嬉しく思います。

前回書いたブログ、「弱がり」の自分を大きく変える踏み台になるよう、身体や心を開くことを意識したいと思います。

ドラムやジェンベにも繋がりをもたせて、多方面から統括していきたいです。








[タグ未指定]
[ 2018/11/07 21:30 ] ジャズピアノレッスン 2 | TB(0) | CM(0)

弱がり

あまりに長い間、病の中にいたので、身体やメンタルをかばう仕草を無意識にしているようです。

というのは、周囲の私に向ける心配気な表情、かわいそうに思えてくるという言葉、普通にしている動作を見て「大丈夫?」と手を貸してくれる気遣いから察しました。

楽しい、幸せと言いながら、そう見えないと言われます。

内面と外面の不一致。

身についてしまった病気の動作と表情と声。
強がりではなく、弱がり。

もう自由に飛べるのに、鍵が開いていることを知りながら、慣れ親しんだ檻の中にこもっています。

長年にわたって身に付けたあらゆるブレーキをいかに外すかが今後の課題。

手始めにできることから、笑顔、姿勢、カラフルな色を身につける、リズム・・・。

自己変容のため、今まで見聞きしたことないこと、やったことないこと、新しい出会いを積極的に取り入れたいです。











[タグ未指定]
[ 2018/11/05 14:44 ] 日記 | TB(0) | CM(0)

他パートを聴きながらアドリブ

今日のジェンベレッスンは 6 人でした。
ククやソファのリズムで 3 パートに分かれてアンサンブルしました。

2 小節ごとにアドリブと休み交互に繰り返し、休みの間は他パートのリズムを良く聴くと音楽的な流れができると教えていただきました。

先生にメンバーのアドリブに影響受けているね!と言われて嬉しかったです。

言葉を飲み込む癖があるので、アンサンブルでコミュニケーションできて楽しいです。




[タグ未指定]
[ 2018/11/04 20:47 ] ジェンベ | TB(0) | CM(0)

ハイハットのアップダウン

今日のドラムレッスンで学んだこと

・ハイハットのアップダウン
・手首からと肘からのフォーム
・ベル(ショルダーとチップで)
・ダンスビート(バスドラを四分音符、ハイハットのアップダウンを逆さにしたリズム)
・スネと腕と手首のストレッチ
・アクセント移動の練習

今週はあまり練習ができなかったので、
曲を休んで基礎練習をしました。
10 月、11 月はいつもパワーが落ちる時期なので、
無理しない程度に頑張ります。







[タグ未指定]
[ 2018/11/04 20:42 ] ドラムレッスン | TB(0) | CM(0)

JAZZ自由形

20181103224022701.jpeg


二日続けてジェンベの先生のライブに行きました。
小さなカフェが会場だったので、ジェンベが膝につくほど間近で聴きました。
先生が一番影響を受けた音楽家、泉さんに私も衝撃を受けました。
二人がアイコンタクトと音楽の掛け合いで生まれる即興の世界がスリリングで感動しました。

現代人が求めているもの、自分たちが行けない世界、自分を壊してくれる音楽、根幹的な生命力、今ここで、このつながりで生まれるもの、埋もれない存在感、、、圧倒されました。

また聴きに行きたいです。





[タグ未指定]
[ 2018/11/03 22:40 ] ミュージシャン | TB(0) | CM(0)

シタールとジェンベのライブ

201811022250002de.jpeg


201811022250249c1.jpeg


今日はジェンベの先生のライブにいきました。

シタールとジェンベのデュオ、色々な音色の交錯、インド行脚した昔にタイムスリップしたかのようで楽しかったです。

また聴きに行きたいです。




[タグ未指定]
[ 2018/11/02 22:51 ] ミュージシャン | TB(0) | CM(0)

ハイハットのペダル

今日のドラムレッスンは、The Doobie Brothers の China Grove の部分練習をしました。
ハイハットの開閉やタム回しの手順も、ゆっくりテンポから繰り返し練習するうちに楽になりました。
ハイハットのペダルはあまり考えすぎず慣れが必要とのこと、スタジオ練習も無理なく取り入れていきたいと思います。
他曲でも良く使われる組み合わせがたくさん詰まっているらしいので、応用できるように身体や耳にしみこませたいと思います。















[タグ未指定]
[ 2018/10/28 12:16 ] ドラムレッスン | TB(0) | CM(0)

ジャズピアノ体験レッスン

ジャズピアノの体験レッスンを受けました。
2 年程前まで 2 年半ジャズを習っていましたが、
病気や転居や転職で落ち着いて学べなかったので、
また挑戦しようと思いました。
これで同時に 5 種類の勉強をすることになりますが、
全て関連のあることなので、色々な人との出会いや経験を積みながら、一本の木に枝葉が分かれるように成長していきたいと思います。

Duke Ellington の「C Jam Blues」 から始めることになりました。
簡単な歴史や形式やコード、バッキング、タッチ、アドリブフレーズを数種類教えていただきました。
次のレッスンまでに練習がんばりたいと思います。


[タグ未指定]
[ 2018/10/24 23:38 ] ジャズピアノレッスン 2 | TB(0) | CM(0)

アドリブ練習

今日のジャンベレッスンはいつもより少人数で、先生を合わせて 4 人でした。
3 パートにわかれてアンサンブルや、アドリブ楽しかったです。
リズムを打つにつれ、気分も上がって元気になります。

アンサンブルでアドリブ
・3 小節を基本リズムで 4 小節目でアドリブする
・1 拍目は決まったリズムで 2 拍目からアドリブする
・基本リズムを打ちながら順番に 4 小節をアドリブする
・2 人でリズムの対話
・次のフレーズにつなげる
・バス、トン、クラックと組み合わせる




[タグ未指定]
[ 2018/10/21 23:01 ] ジェンベ | TB(0) | CM(0)

神戸からのしらべ 2018

20181022052111ae3.jpeg



今日は前の職場で親しくなった音楽の先輩が出演されるコンサートに行きました。

ソプラノの歌声が後部席まで力強く、時に繊細に、心が伝わってきました。

演奏会の後半からは、ピアノやヴァイオリン、ハープ伴奏の声楽など一緒に鑑賞しました。

2 年程ぶりにお会いできて嬉しかったです。
演奏の合間に、ひそひそ声でお話し楽しかったです。

残業続きの仕事の傍ら、ピアノを教え、2 時間かけて声楽レッスンに通っている音楽への熱心さを尊敬しています。

いくつになっても学ぶ姿勢は忘れないようにしたいです。


[タグ未指定]
[ 2018/10/21 22:36 ] ミュージシャン | TB(0) | CM(0)

ハーフタイム・フィール

今日のドラムレッスンは、新しい曲を始めるにあたり、2 曲を耳コピした楽譜を添削していただきました。
ベースだと思っていたのがバスドラムだったり、楽器を聴き分けるのが難しいです。

・ハーフタイム・フィールとダブルタイム・フィール
・オープンリムショットのフォーム
・テンポアップ
・バスドラムを増やす

3 ヶ月で 10 kg ほど急激に体重が落ちたことと、
昨夜のライブのショックで身体と頭が上手く動かず、
ドラムの音も貧弱でした。

体力、気力を養わないと!


課題曲
China Grove /The Doobie Brothers
Don't Stop Me Now / Queen









[タグ未指定]
[ 2018/10/21 12:28 ] ドラムレッスン | TB(0) | CM(0)

叩き分け難しい

今日のジャンベレッスンは 7 人が集まりました。
良い音がなかなか鳴らず、基本のバスとトンとパッの叩き分けが難しいです。

・手首ではなく、肘から先全体を使う
・手首をフレームあたりに下げる
・バスは掌全体を鼓面に吸い付くように落とす

3 パートのリズムの中で、掛け合いやアドリブ楽しかったです。
リズムの引き出しをコツコツ蓄えたいです。





[タグ未指定]
[ 2018/10/14 23:25 ] ジェンベ | TB(0) | CM(0)

第 35 回 練習会 高槻生涯学習センター多目的ホール

201810141819327a6.jpeg


今日の練習会は高槻のホールでした。
反響も心地よく、ピアノの鳴りも今までで 2 番目に良かったです。

8 月から始めたドラムとジャンベの相乗効果を感じるところは、重心が下へ安定し、拍感も良くなり、様々な音色を楽しむことができてきたように思います。

今日の演奏は、今までで一番良かったです。
最後は外してしまいましたが、表現したいことがほぼ音になりました。

一年前までと比べて、心の変化とともに生き生きとした音楽を奏でている自分に、驚きと喜びでいっぱいです。



ベートーヴェン
ピアノソナタ第 6 番 ヘ長調 作品 10-2



[タグ未指定]
[ 2018/10/14 14:51 ] ピアノサークル・ピアノリレー | TB(0) | CM(0)

オープンリムショットとタム回し

今日のドラムレッスンで学んだこと

♪ キャロル・キング "I Feel The Earth Move"

・オープンリムショット
・曲調により深く浅くを使い分ける(端から中心にかけての音色、(※ 下記参照)スティックのチップかショルダーか、ストロークによっても変わる)
・スネアとハイハットの交差する腕がぶつかりそうなタイミングはハイハットの腕をあげる
・それぞれの楽器の音を引き出す
・ハイハットだけではなく、ライドシンバルなど変化をつける
・フィルイン
・タム回し練習(全拍バスドラム、2 拍目と 4 拍目に足ハイハットでリズムをとりながら手順を変えて)
・スネアの調整の仕方



今週は水木金とスタジオでドラムの練習をしました。
その成果が出ていると褒めていただき、とても嬉しいです。
自分でも重心が下に安定し、足の瞬発力が増し、バスドラムの鳴りが力強くなったと思います。

朝から元気をいただいたので、午後からピアノ、夕方からジャンベとありますが、意気揚々と音楽を楽しみたいと思います。




※ スティックの各部の名称
● チップ
● ショルダー
● グリップ




[タグ未指定]
[ 2018/10/14 11:38 ] ドラムレッスン | TB(0) | CM(0)

基礎練習応用 & シェイクパターン

今日のドラムレッスンで学んだこと


・チェンジアップ(1〜10 連符まで) 4 分音符 = 60
・右足は 4 分音符、左足は 8 分音符で刻みながら
・ストーンキラー
・アクセント移動付きストーンキラー
・パラディドル(スタンダード/リバース/インワード/ディレイド)
・ディドルでチェンジアップ
・5 連符を 4 つ打ち毎に手順を変える
・シェイクパターン
・バスドラムのタイミング
・ハイハットとライドの移動
・テンポアップ

シェイクでバスドラムのシンコペーションのタイミングが難しいです。
ペダルを踏んでから打鼓までの僅かな時間差の感覚がまだ掴めてないのだと思います。

家練習のパッドや足踏みではなかなか補えないので、本物のドラムでスタジオ練習も増やしていこうと思います。

ハイハットとライドシンバルの変化で、広がりや惹きつける効果を体感して楽しかったです。

新しいことをどんどん知り、吸収し、レベルアップしていくのが元気の源になり嬉しいです。






[タグ未指定]
[ 2018/10/07 18:16 ] ドラムレッスン | TB(0) | CM(0)

福は福を呼ぶ 〜初めてのサックス伴奏 〜

隣の席の仕事仲間 Y さんは音大出身のサックス奏者。

彼女の知り合いが結婚し、翌日に披露宴があるけれど、
台風が来るというので余興の奏者が来れなくなったといいます。

ピンチヒッターで引き受けた Y さんは、サックスの演奏は 3 年振りだそう。

サックスパートを抜いたマイナスワン音源に合わせて演奏することも考えていたようですが、
私に伴奏してもらえないかと遠慮がちに声をかけてくれました。

翌日にいきなり本番は不安だったので、はじめはお断りしましたが、新郎新婦の馴れ初めを聞くと色々な困難を乗り越えて来られた経緯を知り、これも何かのご縁と思い、返事は保留にして楽譜のコピーをもらいました。

仕事から帰ってから音源も送ってくれたので何度も合わせて練習しました。

ゆっくりなテンポの簡単な伴奏ですが、身体に染み込ませるのには時間がかかり、夜を徹しました。


曲は AI の "Story" です。


利害関係のない見ず知らずの人のために、
一生懸命になることは私にとって何かが変わり始めたサインに感じました。

楽な方を選ぶことはできたのに、幸せを応援したい気持ちが上回り、万全体制ではないことを引き受けたのです。

病の中にいた時は人を思いやる余裕がありませんでしたが、
克服した今は、必要とされ与えることができる喜びと感謝の気持ちが湧き出ます。

ぶっつけ本番は色々ミスはしたものの、喜んでいただけたようで良かったです。

幸せな空間で貴重な経験をさせていただきました。
Y さんのサックスは、人柄がにじみ出ていて、温かく伸びやかな音色で素敵でした。

「また一緒に音楽やりましょう」と笑顔を交わし、
心を通わせ素晴らしい日となりました。






[タグ未指定]
[ 2018/09/30 23:53 ] 発表会・演奏会・ライブ | TB(0) | CM(0)

耳コピとシェイク

20181005122623f3b.jpeg



今日のドラムレッスンはまず、キャロル・キングの "I Feel The Earth Move" の耳コピ譜面を添削していただきました。

微かに聴こえる音はゴーストノートだと知りました。
その後、難しいフィルインやシェイクの練習をしました。
ピアノの練習を徹夜でしたので(必要に迫られ)、
頭がいつも以上に働かず、
バスドラムやスネアを全拍つられて打ったりして、
上手くできませんでしたが楽しかったです。
課題が増えるのは、やりがいを感じ嬉しいです。




[タグ未指定]
[ 2018/09/30 19:36 ] ドラムレッスン | TB(0) | CM(0)

Sonic groove with dance triangle

2018092922334445c.jpeg


ジャンベの先生がパーカッションをされるというので、先日行ってまいりました。
ダンスと音楽の即興の掛け合いがパワフルで、
異空間を間近で体感し刺激を受け、とても楽しかったです。





[タグ未指定]
[ 2018/09/29 22:47 ] ミュージシャン | TB(0) | CM(0)
全記事表示リンク
月別アーカイブ