FC2ブログ

音楽レッスン帳

クラシックピアノ・ジャズピアノ・エレキギター・作曲・DTM・オーケストラ・パーカッションのレッスン日記 ♪ 姉妹サイト「ニョキリサ」もよろしくお願いします(๑˃̵ᴗ˂̵)

拒食症ロンド

過食症に続き、今度は拒食症の歌を作りました。
良かったら聴いてみてくださいね♪
タイトルをクリックすると SOUNDCLOUD で聴けます。



拒食症ロンド/作詞・作曲・ピアノ 森山 華伊


何を食べたいのかも
何が好きだったのかも
満腹なのか
空腹なのか
わからない


何を食べたらいいの
食べることに疲れた
何キログラム
何キロカロリー
とらわれて


服に着られた人形
余りのない身体


ただ一つの優越
失うこと恐れて
もう食べたよと
平気な顔で
嘘をつく


埋もれないために
責められないために
小さく弱く
主張をする
ここにいる


女でもない
大人でもない
子供でもない
私でもない


目をそらし続ける
この私じゃいけない
闘いの果て
押し潰される
空しさに


窓の外は目映い
埃被った時計
脈は重なる
たゆたういのち
ひとりきり


物であろうとして
完全なる美に焦がれ









[タグ未指定]
[ 2019/11/17 12:28 ] 作曲 | TB(0) | CM(0)

レナドでアドリブ練習

今日のジェンベレッスンは、6 人集まりました。
フォームの基礎を再確認してから、
レナドというリズムでアドリブ練習をしました。


3 小節を定型リズム + 1 小節をアドリブ
2 小節を定型リズム + 2 小節をアドリブ
4 小節を定型リズム + 4 小節をアドリブ

というふうに、アドリブを徐々に長くしていきます。

4 小節のアドリブで 2 小節しか出てこなかったら、
同じように 2 小節をつなげて装飾音を入れるなど変化をつけたら良いと教えていただきました。

トン、パ、ドの 3 種の音の組み合わせやアクセントを変えたりすると、
色々なバリエーションができます。

たくさん引き出しを増やしていきたいです。







[タグ未指定]
[ 2019/11/10 22:09 ] ジェンベ | TB(0) | CM(0)

第 49 回練習会 サロン ラカンパネラ


今日の練習会は大阪、天満橋にあるサロンでした。
クラシカルな雰囲気の素敵な空間の中、
初期のベートーヴェンの曲にあう感じで良かったです。
第 2 、3 楽章がまだ馴染んでない感があるので、
12/1 の演奏会までに弾きこみたいと思います。


@ ラカンパネラ
ベートーヴェン ピアノソナタ 第 1 番 へ短調

20191111084226297.jpeg






[タグ未指定]
[ 2019/11/10 18:42 ] ピアノサークル・ピアノリレー | TB(0) | CM(0)

無数に細分化、抵抗から打破る

今日のジャズピアノレッスンで学んだこと

【実技】

In Your Own Sweet Way / Iola Brubeck / Dave Brubeck


・イントロは響かせて、空間の中の無数を感じる
・淡白にスタスタいかない
・いっぱいいっぱいのキワを早い打鍵で
・無数の可能性から選び取る
・一音一音を大切に愛おしく
・抵抗を掻き分け打ち出す
・結果的に揺るぎないリズムが生まれる
・サビは、その調のドミナントをベースにして響かせる
・最後はイントロに戻り G △



Skylark / Johnny Mercer/Hoagy Carmichael




【理論】

Skylark / Johnny Mercer/Hoagy Carmichael にスプレッド・ボイシングでコード付け




【宿題】

・曲
In Your Own Sweet Way / Iola Brubeck / Dave Brubeck

Skylark / Johnny Mercer/Hoagy Carmichael


・理論
今までやった曲にスプレッドボイシングでコード付け












[タグ未指定]
[ 2019/11/06 16:15 ] ジャズピアノレッスン 2 | TB(0) | CM(0)

過食症哀歌

昨夜から今日にかけて、10 年振りに作曲しました。

作詞は初めてでしたが、最近唱歌や童謡を見直すようになり、
そこからインスピレーションが降ってきました。

良かったら聴いてみてください。




過食症哀歌



過食症哀歌 / 作詞・作曲 ・ピアノ 森山 華伊

わかっている わかっている
でもできないの
探し続け どこにもない
本当に欲しいもの


わかっている わかっている
でもできないの
見つからない 夢は何処へ
転げまわるベッドに


菓子パンにまみれ
おなか抱えて
これじゃない
私が 食べたいものは


わかっている わかっている
でもできないの
暗闇しか 見えないけど
移ろいゆく季節よ
いつか晴れると 信じている









[タグ未指定]
[ 2019/10/30 18:35 ] 作曲 | TB(0) | CM(0)

私の中に二人いる

今日のジャズピアノレッスンで学んだこと

【実技】

Someday My Prince Will Come / Larry Morey / Frank Churchill

・イントロの高音 F は、譜割りしたように弾かず、雨が落ちるように
・根本的なこと - 物が落下して音が鳴る - 何の躊躇なく音を出すこと
・音の長さ、高さ、リズムなどを考えながら、用心しながら弾いている
・余っている
・受け止めてから弾いているので、跳ね返すように



It's Easy To Remember / Lorenz Hart / Richard Rodgers

・倍テンの時は左手を短く切って、乾いた音にする
・私の中に消極的な A 子と、積極的な B 子がいて、A 子が B 子のジャマをしている
・ A 子はバックで全体を見守る役に回り、B 子はセンターで暴れ回らなければならない
・そうさせない何かを突き止めて、思い込みを正して根本から納得しないといけない
・バッキングの時は両手で


【理論】

It's Easy To Remember / Lorenz Hart / Richard Rodgers にスプレッド・ボイシングでコード付け

・7 度は重ねていい
・掛留音の次の音にコードをつける


【宿題】

・曲
In Your Own Sweet Way / Iola Brubeck / Dave Brubeck

Skylark / Johnny Mercer/Hoagy Carmichael


・理論
Skylark / Johnny Mercer/Hoagy Carmichael にスプレッドボイシングでコード付け















[タグ未指定]
[ 2019/10/23 17:14 ] ジャズピアノレッスン 2 | TB(0) | CM(0)

In Your Own Sweet Way

In Your Own Sweet Way
Iola Brubeck / Dave Brubeck

Key : Bb - Major

ジャズノート目次


♪ Miles Davis



♪ Bill Evans Trio



♪ Wes Montgomery



♪ Keith Jarrett Trio



♪ Dave Brubeck








[タグ未指定]
[ 2019/10/23 17:13 ] ジャズノート | TB(0) | CM(0)

第 48 回練習会 La Paz


今日は大阪天満で練習会でした。
前回は「月光」を弾きましたが、
今の自分のレベルに合ってないと思い、
高校の時に勉強したソナタ 1番 全楽章を
2 週間で仕上げました。

技術的なレベルは下がったとはいえ、
音楽的な部分ではやっぱり難しいです。
ハイドン先生に影響を受けていますが、
ベートーヴェンらしい試みや挑戦を感じられる、
後に続く創作への華々しい第一歩となる、
素晴らしい曲だとあらためて思います。

しばらくこの曲を練習しながら精神を整えて、
初心に戻ろうと思います。



@ La Paz
ベートーヴェン ピアノソナタ 第 1 番 へ短調

20191021124114877.jpeg





[タグ未指定]
[ 2019/10/20 20:40 ] ピアノサークル・ピアノリレー | TB(0) | CM(0)

北田辺 Piano Salon



今日は北田辺のサロンで練習会でした。

「月光」の終楽章は前回同様、
予定していたテンポより速くなってしまい、
途中で修正もできず、そのまま突っ走ってしまいました。

1 楽章は、弱音のコントロールが難しく、
ところどころ音が強く飛び出してしまうのが気になりました。

しばらく激しい曲が続いたので、
少しクールダウンして、
次回は別の曲に切り替えようと思います。


[今日から学んだこと]
客観的な立場で演奏しないと溺れてしまうので、
あまりのめり込まないようにします。

自分ではなく、ピアノを響かせることを意識します。





@ 北田辺 Piano Salon
ベートーヴェン ピアノソナタ 第 14 番 嬰ハ短調 「月光」



IMG_8158.jpg





[タグ未指定]
[ 2019/10/06 20:09 ] ピアノサークル・ピアノリレー | TB(0) | CM(0)

ジャズピアノを再開して一年

今日のジャズピアノレッスンで学んだこと。

【実技】

Someday My Prince Will Come / Larry Morey / Frank Churchill

・ルバートのイントロからテーマに入るまでにテンポを決めて呼び込むように。
・左手は普段一人で練習するために 3 拍子を分散和音で刻んでいるので、ベースが弾きづらい。前へ前へブロックコードを入れ後ろにゆとりを入れる。
・トランペットや歌のように単音で、右手一本でリズムを入れる。
・ピアノは一度にいくつもの音を出せて、ペダルもあるので互いに甘えてしまう。単音楽器のようにそれぞれ独立させる。
・短いフレーズだけでなく、その後に 8 分音符の長いフレーズも入れる。
・バラバラな音の粒をまとめる。
・左手だけ、右手だけの練習。
・非常にシンプルに、非常に積極的に。


It's Easy To Remember / Lorenz Hart / Richard Rodgers

・だいぶ振りがなくなってきたけどまだ振っている。
・こう鳴ってほしいと力まなくても、振らなくなると乾いた音として外にすんなり出てくるようになる。
・胸にあるものを一生懸命に出そうとしているうちは倍テンができない。
・出そうとする一生懸命さをも乗り越えることを目指す。
・バラードは、ゆっくりなテンポで終始せず、緩急つけることが醍醐味。
・例えば、テーマ→ゆっくりなアドリブ→倍テンのアドリブ→ベースアドリブ→ゆっくりなテーマに戻る。


【理論】
For All We Know / J. Fred Coots にスプレッド・ボイシングでコード付けの添削


【宿題】
・曲
It's Easy To Remember / Lorenz Hart / Richard Rodgers

Someday My Prince Will Come / Larry Morey / Frank Churchill


・理論
It's Easy To Remember / Lorenz Hart / Richard Rodgers にスプレッド・ボイシングでコード付け





ジャズピアノを再開して一年になります。

先生は、始めた頃に比べてだいぶ成長したとおっしゃってくださいましたが、
私は日々、一進一退で伸び悩んでいます。

「一生懸命にならない」の真意がわかるまで、
乗り越えなければならない障害物が立ちはだかっているようです。



わかるまで、悩み抜くことにします、はい。



















[タグ未指定]
[ 2019/10/02 16:33 ] ジャズピアノレッスン 2 | TB(0) | CM(0)

スーヌーのリズム


今日のジェンベレッスンは、 5 人集まりました。

スーヌーというリズムでアンサンブルをしながら、
アドリブの練習をしました。

まとまりがなくなってきたら、休符をいれて整えること、
バッキングを良く聴くこと、
裏から表のリズムを正確に叩くこと、
掌をしっかり返して準備するフォームを教えてくださいました。

先生やメンバーから良い刺激を受けながら、
フル回転して少々疲れましたが、
とても勉強になりました。

20190929200402dab.jpeg






[タグ未指定]
[ 2019/09/29 20:16 ] ジェンベ | TB(0) | CM(0)

Someday My Prince Will Come

Someday My Prince Will Come
Larry Morey / Frank Churchill

Key : B♭


♪ Miles Davis



♪ Bill Evans






ジャズノート目次








[タグ未指定]
[ 2019/09/18 15:37 ] ジャズノート | TB(0) | CM(0)

It's Easy To Remember

It's Easy To Remember
Lorenz Hart / Richard Rodgers

Key : E♭


♪ Bing Crosby



♪ John Coltrane



♪ Perry Como



♪ Keith Jarrett




ジャズノート目次





[タグ未指定]
[ 2019/09/18 15:36 ] ジャズノート | TB(0) | CM(0)

「あのね」の効用

今日のジャズピアノレッスンで学んだこと。

【実技】

My Romance / Richard Rodgers / Lorenz Hart

・フレーズを感じてルバートでイントロ
・「あのね」と子供が無邪気に話すように
・歌=フレーズが先にあって、リズムやテンポは後にあることを忘れずに
・フレーズ優勢、リズム優勢ではなくトータルで捉える
・フレーズを優先すると背中が丸まり手首が下がってくるから、
姿勢を正してもフレーズが出せるように
・右手が弱いから、もっと訴えるように自信を持って
・ピアノを弾く時は偉そうに(いつも自信なさそうな私に向けて)
・もっと自由になっていい
・音の減衰を良く聴く、音を良く観る



The Nearness of You / Hoagy Carmichael / Ned Washington

・倍テン

【理論】
For All We Know / J. Fred Coots にスプレッド・ボイシングでコードを 4 小節だけつける

・ルートは重ねない
・7th は重ねて大丈夫



【宿題】
・曲
It's Easy To Remember / Lorenz Hart / Richard Rodgers
Someday My Prince Will Come / Larry Morey / Frank Churchill

・3 拍子を 1 拍子に感じて
・3 拍子が得意なビル・エヴァンスやコルトレーン


・理論
For All We Know / J. Fred Coots の続きにスプレッド・ボイシングでコードを最後までつける





最初は、フレーズ感がなく、スタスタ先を急いでいましたが、
「あのね」と話すようにとアドバイスをいただき、
ストンと腑に落ちてから自由になりました。
テンポやリズムの枠にはまるように、
用心しながら弾く癖が付いているので、
今日できたことを忘れないようにします。

スタスタ急ぐのは、テレもあるし、
私の話(アドリブ)はつまらないから早く終わらせたい、
聴いてもらうに値しないとどこかで自分を軽視していたと気付きました。
雄弁ではなくても、
しばらく返事だけでも、
感情を込めて話そう(ピアノで歌う)と思います。












[タグ未指定]
[ 2019/09/18 15:16 ] ジャズピアノレッスン 2 | TB(0) | CM(0)

3 人でアドリブ練習


今日は 先生を入れて 3 人しか集まりませんでしたが、
その分内容の濃いレッスンになりました。
前回習った「レナド」というリズムを 3 小節叩いたら、
4 小節目に 5 つのバージョンを入れる練習をしました。
4 小節から始めに戻るときの推進力や、
シンコペーションの音の方向や勢いを感じること、
他の人の音も聴きながら、
一人では出せない和音のような響きを感じることを学びました。
とても楽しかったです。

20190916115646770.jpeg




[タグ未指定]
[ 2019/09/15 23:56 ] ジェンベ | TB(0) | CM(0)

第 47 回練習会 加古川松風ホール


今日は加古川でベーゼンドルファーを弾きました。
祖父と 3 人の叔父がピアノ調律師だったにしては、
私はメーカーやピアノの状態には無頓着な方なので、
あまりこだわらないと言うと怒られそうですが、
今日のピアノは明らかに皆から愛されてきたのだろうことがわかりました。

暗譜がわからなくなり、途中で弾き直しましたが、
思う通りに弾けたところもありました。
普段、話がスムーズにできないストレスを、
ピアノでならフォルテも出せるので、
表現できるものが与えられ幸せに思います。
この後はジェンベを叩きに行きます。








@ 加古川松風ホール
ベートーヴェン ピアノソナタ 第 14 番 嬰ハ短調 「月光」


201909161154575aa.jpeg







[タグ未指定]
[ 2019/09/15 15:49 ] ピアノサークル・ピアノリレー | TB(0) | CM(0)

第 46 回練習会 箕面プチカノンホール


今日は箕面で練習会でした。
「月光ソナタ」の終楽章は、大学受験のために勉強したり、
その 10 年後に長い入院生活中で自分を励ますように弾いてみたり、
長いブランクの後にまた挑戦したりと、
特別な思い入れのある曲です。
まだ終楽章ほど弾き慣れていない 1、2 楽章で緊張し過ぎて、
終楽章は暴走してしまいました。
練習後のハイキング、温泉、ジャズライブを堪能して、
とても楽しかったです。
この世界には、私の知らない楽しいことが、
まだまだいっぱいあります。





@ 箕面プチカノンホール
ベートーヴェン ピアノソナタ 第 14 番 嬰ハ短調 「月光」



2019091312512941d.jpeg





[タグ未指定]
[ 2019/09/09 12:15 ] ピアノサークル・ピアノリレー | TB(0) | CM(0)

停滞期

今日のジャズピアノレッスンで学んだこと。

【実技】

My Romance / Richard Rodgers / Lorenz Hart

・フレーズを感じながら、歌うように
・ブレス
・in tempo で弾かず、ルバートでフレーズ毎に切りながら身体に曲調を染み込ませる練習
・アドリブでもフレーズを感じながら
・イントロの 3 番カッコから入るバージョン
・エンディングは最後を 3 回繰り返してから終わる


The Nearness of You / Hoagy Carmichael / Ned Washington

・手首を上げる
・左手一本で伴奏は点で
・バラードを倍テンでアドリブ
・イントロのアルペジオは C6 に聞こえるから C7 のフラット系
・手首を下げると点が不明瞭になり、コツンと鳴らないから注意

【理論】
For All We Know / J. Fred Coots にスプレッド・ボイシングでコードを 4 小節だけつける

・△7 は メロディーから下を 4 度重ね(Ⅳは av なので Ⅲ やⅤ などに)
・m7 はテンション少なめ(9th 程度)
・7 は Ⅲ と ♭Ⅶ を決めたらテンション入れて


【宿題】
・曲
My Romance / Richard Rodgers / Lorenz Hart

The Nearness of You / Hoagy Carmichael / Ned Washington

・理論
For All We Know / J. Fred Coots の続きにスプレッド・ボイシングでコードを 4 小節だけつける




がんばると「力を抜いて」
力を抜くと「魂は入れて」
のループから抜け出せない(泣)













[タグ未指定]
[ 2019/09/04 15:52 ] ジャズピアノレッスン 2 | TB(0) | CM(0)

夏の演奏会 スタインウェイ&サンズ神戸


今日は三宮で演奏会に出演しました。
ブラームスの二つのラプソディーを
久しぶりの暗譜で弾きました。

最初の方は、いつもレッスンで注意される姿勢を気にしていましたが、
途中から、音に集中し出すと姿勢が崩れてしまいました。

他の方々のピアノを弾く姿勢と音色を観察しながら、
姿勢や腕のフォームの重要性を再確認し、
たくさん勉強になりました。


昨日はこの演奏会のために、
スタジオのグランドピアノで練習しました。
10のうち7から8の音量で弾こうと思っていましたが、
本番は10になってしまいました。

「落ち着き」と「たかが外れる」を行ったり来たりな演奏になりました。
良い悪いはわかりませんが、
予定通りにいかないのが生演奏の面白いところです。

ピアノのレッスンでいつも言われる「自分をさらす」ということがどういうことか、
わかったような気がします。

上手い下手ではなくて、「伝えたいものがあるのか」ということが、
人の心を打つかどうかにかかっているということもわかりました。




夏の演奏会 @ スタインウェイ&サンズ神戸
ブラームス:二つのラプソディー 作品 79

20190826120750fd3.jpeg






[タグ未指定]
[ 2019/08/25 19:27 ] 発表会・演奏会・ライブ | TB(0) | CM(0)

Rising Force に入りました


今日のドラムレッスンは、
6 月終わりから 2 バスの基礎練習を色々やってきましたが、
準備期間を経てようやくイングヴェイ・マルムスティーンの曲、「Rising Force 」に入りました。

イントロから難しいですがカッコいいです。
先生と耳コピしながら、イントロだけゆっくりと部分練習しました。

形になるまで、さらに時間がかかりそうですが、
長いスパンで楽しみながら頑張ります。



[タグ未指定]
[ 2019/08/25 11:10 ] ドラムレッスン | TB(0) | CM(0)

いっぱい引き連れているイメージ

今日のジャズピアノレッスンで学んだこと。

【実技】

My Romance / Richard Rodgers / Lorenz Hart

The Nearness of You / Hoagy Carmichael / Ned Washington

・イントロの腕の使い方
・一つ一つ落とさないで軽く
・手首を上げる
・ブレスと歌
・腰を入れて上体を後ろに、足をグラグラに
・精神を整えて
・トリル、ターンは上から落とす
・しっかり弾きこまないで、がんばらない
・大きくトータルで
・私一人ではなく、たくさんの人を両腕に引き連れている(弾きづらい、みんなを養わなければならない)
・一人でスタスタいかない
・メロディーと和音の味わい
・点を探して弾く
・直線ではなく円を感じる
・お寺の鐘を地面に置かず、拳で叩かず、宙に吊るして、引いて離す
・私ががんばるのではなく、ピアノを響かせる




【宿題】
・曲

My Romance / Richard Rodgers / Lorenz Hart

The Nearness of You / Hoagy Carmichael / Ned Washington

・理論

For All We Know / J. Fred Coots にスプレッド・ボイシングでコードを 4 小節だけつける












[タグ未指定]
[ 2019/08/21 21:41 ] ジャズピアノレッスン 2 | TB(0) | CM(0)

The Nearness Of You

The Nearness Of You

Hoagy Carmichael / Ned Washington

Key : F



♪ Ella Fitzgerald & Louis Armstrong




♪ Jo Stafford




♪ Julie London




♪ Johnny Hartman





ジャズノート目次





[タグ未指定]
[ 2019/08/21 20:08 ] ジャズノート | TB(0) | CM(0)

後は猛練習のみ


今日のドラムレッスンは、
Dream Theater「Pull Me Under」のパターンを切り取って、
ツーバスの練習をしました。

ゆっくりなテンポでも難しいです。

足がガクガク、言うことききません。

一通りツーバスの基礎練習は終わったので、
後は練習して踏みなれることと、
テンポを上げていくことと、
リズムチェンジを正確に切り替えられることだそうです。

先がまだまだ長いですが、気長にがんばります。







[タグ未指定]
[ 2019/08/18 10:37 ] ドラムレッスン | TB(0) | CM(0)

新しいリズム

今日のジェンベレッスンは 5 人集まりました。
レナドという初めてのリズムを習いました。

201908161335598db.jpeg



他パートの音を良く聞くことを度々注意されました。
基本パターンとアドリブとを交互に繰り返す練習や、
アドリブで会話する練習をしました。
今日も楽しかったです。



[タグ未指定]
[ 2019/08/11 21:26 ] ジェンベ | TB(0) | CM(0)

2 バス定番フレーズ

今日のドラムレッスンで学んだこと

2 バス定番フレーズの練習
・手 2 回、足 2 回
・手 4 回、足 2 回
・手 6 回、足 2 回

・フレーズを作り、右から、左から、ユニゾンと
3 種類を練習

・今日のフレーズは、手 2、足 2、手 4、足 2、手 4、足 2
・スネア、タムで組み合わせ


[タグ未指定]
[ 2019/08/11 10:18 ] ドラムレッスン | TB(0) | CM(0)

何を話したいのかがないうちは弾いちゃだめ

今日のジャズピアノレッスンで学んだこと。

【実技】
For All We Know / J. Fred Coots

・歌心とブレス
・フレーズを切る場所
・ロングトーンで音楽が止まらないように
・左手は右手をサポート、もしくは一体に
・歌の伴奏に置き換える
・10 を知っていて、9 や 8 にコントロール


My Romance / Richard Rodgers / Lorenz Hart

・イントロは、G 分の F△7
・譜面から自由になる
・どういう曲なのか、何をどう話したいのか
・バラードとアップテンポと両方とも弾く
・右手だけで弾いてみる
・左手が右手の自由を遮っている


【理論】
・スプレッド・ボイシングの概要
・トップノートはメロディ、ボトムはルート
・△7 の 4 度重ね

【宿題】
・曲
For All We Know / J. Fred Coots

My Romance / Richard Rodgers / Lorenz Hart












[タグ未指定]
[ 2019/08/07 15:14 ] ジャズピアノレッスン 2 | TB(0) | CM(0)

ふるさと祭り

今日は小学校で毎年恒例の行事、ふるさと祭りに初参加しました。

盆踊りの前座として、ジェンベの仲間や、
地元の子供たちやご年配の方々と一緒に
ねり歩きながら叩きました。

初めて会う人とすぐにアンサンブルできるタイコは、
すごく良いな!と思いました。

アンサンブルとユニゾン、アドリブソロと、
先生の合図で意思の疎通が楽しかったです。

また来年も是非参加したいです。



アンサンブルとユニゾンのリズム

201908161332145bb.jpeg




[タグ未指定]
[ 2019/08/04 23:16 ] ジェンベ | TB(0) | CM(0)

左足のフォーム

今日のドラムレッスンで学んだこと

・レインボーの kill the king のリズムパターン練習
・♩ = 40 〜 80 まで速度を上げる
・ツーバス、左足のフォームを右足と同じにする(踵をあげる)




20190804134302271.jpeg





[タグ未指定]
[ 2019/08/04 10:32 ] ドラムレッスン | TB(0) | CM(0)

ツーバスの基礎練習(3 連符を踏みながら)

今日のドラムレッスンで学んだこと


ツーバスの基礎練習

左右の足で 16 分音符を踏みながら、
・シングルストローク
・アクセント移行
・休符移行
・ストンキラー
・タム回し
・ダブルストローク
・パラディドル
・三ツ割(3 小節で 1 クール)


左右の足で 3 連符を踏みながら、
・シングルストローク
・右手はライドシンバル、左手はスネアで 2 拍 4 拍にアクセント
・拍ごとにライドシンバル、裏拍にスネア
・時々手を休み、足だけにしても安定するように

次回からツーバスを使った曲を部分的に抜粋して、
色々なパターンに慣れる練習に入ることになりました。
まずはレインボーの曲から。

Rainbow - kill the king
https://youtu.be/BK12uDyedZg








[タグ未指定]
[ 2019/07/28 10:37 ] ドラムレッスン | TB(0) | CM(0)

足でツーバス + 手で色々する練習

今日のドラムレッスンで学んだこと。


ツーバスの基礎練習

足は左右で 16 分音符を踏みながら
・スネアでシングルストローク
・タム回し
・アクセント移行
・休符移行
・ストンキラーを 4 〜 8 連打




[タグ未指定]
[ 2019/07/25 20:49 ] ドラムレッスン | TB(0) | CM(0)
全記事表示リンク
月別アーカイブ