FC2ブログ

音楽レッスン帳

クラシックピアノ・ジャズピアノ・エレキギター・作曲・DTM・オーケストラ・パーカッションのレッスン日記 ♪ 姉妹サイト「ニョキリサ」もよろしくお願いします(๑˃̵ᴗ˂̵)

ANAMNĒSIS

先週 22 日の DTM レッスンで学んだこと

 ・複数のクリップを統合し、曲間や最後の空白を調整
 ・44.1kHz 24bit 、16bit 、MP3 (ビットレートも調整)でエクスポート
 ・iTunes で CDDB 登録

楽しみにしていた弦楽四重奏曲 "ANAMNĒSIS" の録音が完了しました!
soundcloud



しばらくの間、レッスンをお休みします。







[タグ未指定]
[ 2013/05/28 09:09 ] DTM レッスン(ProTools) | TB(0) | CM(0)

アナログプリアンプ

昨日の DTM レッスンで学んだこと

 ・音に温かみ、厚みを持たせるために、デジタルからアナログのプリアンプを経由しデジタルに返す技術
 ・全楽章のオーディオをインポートし 4 トラック上に並べ、ミュートしながらそれぞれの音量を調節し均等をはかる
 ・Solid State Logic(SSL)の VHD で倍音成分を足す
 

 つまみを 1 mm 動かしただけで変化があるので機械の精密さに驚きました。
 アナログを介すると、音に人間味が加わることがわかりました。
 次回で弦楽四重奏曲の全楽章が完成する予定で楽しみです。



[タグ未指定]
[ 2013/05/08 06:34 ] DTM レッスン(ProTools) | TB(0) | CM(0)

さじ加減

昨日の DTM レッスンで学んだこと

 ・PQ コード
 ・MS 処理
 ・CD にする場合は最後の曲が終わった後の空白を長めにとる
 ・S/PDIF とコアキシャルケーブルについて


 弦楽四重奏曲 "ANAMNĒSIS" の第 3、4 楽章を録音しました。
 両楽章は attacca でフェルマータの総休止の後、続けて演奏されるので、4 楽章に移るタイミングにこだわりました。
 次は、 全楽章通して聴きながら、それぞれの楽章の音量や質感に違和感がないか、ひとつの曲として統制がとれているかバランスを確かめ調整していく作業になります。
  CD にすると音が劣化するため、それを見越して幾分倍音や音量を多めに入れるさじ加減が面白いと思います。




[タグ未指定]
[ 2013/04/24 06:29 ] DTM レッスン(ProTools) | TB(0) | CM(0)

CD 用と配信用

昨日の DTM レッスンで学んだこと

 ・プラグインの保存
 ・デフォルト設定
 ・キーボード・ショートカット
 

 弦楽四重奏曲の 1 楽章から 2 楽章まで wav ファイルを作りました。
 CD 用と配信用と別個に、前者は倍音を上げて音量をギリギリまで入れ、後者は倍音はほどほどにナチュラルな感じに仕上げました。
 曲自体は 大学の卒業制作として 3 年前に作ったものなので、今聴くと、あーすればよかった、こうすればよかったと思うところはたくさんありますが、当時持っていた感性や知識を振り絞って書いたものなので、これはこれとして手を加えずにおいておきたいと思います。
  1 年 1 ヶ月の入院生活の中で、多くの患者さんの励ましをいただきながら書き上げた曲です。


soundcloud





[タグ未指定]
[ 2013/04/11 20:43 ] DTM レッスン(ProTools) | TB(0) | CM(0)

正直言うと・・・

昨日の DTM レッスンで学んだこと

 ・MS 処理
 ・プリディレイの調整によりホールの大きさをシュミレーション
 ・パンニング
 ・内部 Bus と外付けのケーブルの両者を聴き比べ
 ・コアキシャル
 ・ブレイクの長さを視野に入れてリバーブの長さを決めていく
 ・CD にする時は気持ち多めにリバーブをかける(24 bit から 16 bit に落とした分、音が劣化するため)
 ・外付けのケーブルの設置法
 ・遅延補正とコンペンセイション
 ・遅延の仕組み
 ・リバーブもケーブルも外付けの方が音が良い




 正直言うと、音を聴き比べても違いがよくわからないのですが、先生はその変化に敏感に反応していて、やはりその道のプロの耳は違うんだなぁといつも感心します。
 音の違いがわかるふりをするのが苦しくなってきたので、次回から正直に「私の耳は鈍くて違いがよくわからないのです」と言ってしまおうか少し悩み中です。







 

[タグ未指定]
[ 2013/03/30 19:48 ] DTM レッスン(ProTools) | TB(0) | CM(0)

倍音を持ち上げると

昨日の DTM レッスンで学んだこと

 ・音の修正
 ・パンニング
 ・各楽器の帯域(中低域~中高域内)を調整
 ・高域はリバーブを分離させるためにとっておく
 ・EQ でピックアップしてから倍音を持ち上げる方が、その逆順よりもきれい
 ・リバーブの名器




 今、弦楽四重奏の 1 楽章の音を作っています。
 倍音を持ち上げると音がクリアになり、コンプレッサーをかけるとヴァイオリンの高音のキンキンした音が丸くなりました。
 奏者が横一列に並ぶより、アーチ型(両脇の第一ヴァイオリンとチェロがやや前方に、内声の第二ヴァイオリンとヴィオラがやや奥に)に並ばせたほうが良いとレッスン中に思いました。
 その各楽器の L と R のパンニングの調整と、各楽器の音域や力配分による EQ のかけ具合がとても難しく感じました。










 

[タグ未指定]
[ 2013/03/14 05:56 ] DTM レッスン(ProTools) | TB(0) | CM(0)

弦楽四重奏曲を録り直す

今日の DTM レッスンで学んだこと
 
 ・フェーダーのオートメーションの調整
 ・ボリュームのフェーダーのメーターを目視しながら、左右どちらよりか、その音源の制作側の意図や癖を把握する
 ・ステレオ効果
 ・生音と残響、パンは他の楽器と重ならないようにする
 ・パンを重ねると残響が打ち消されてしまい分離が悪くなる
 ・外声間、内声間など組み合わせて聴きながら分離できているか確かめる
 ・パンニングや EQ はヘッドフォンで聴きながらする
 ・EQ で各帯域のポイントを探す
 ・できるだけマスキングしないように絞る
 ・おすすめのモニター用ヘッドフォン



 3 年前に作曲した弦楽四重奏曲を再び編集し直したいと思い、今日のレッスンで 2 年前に打ち込みしたデータを持って行きました。
 パンを変えただけで、音に奥行が出て驚きました。
 EQ でピンポイントを探すことや、パンニングで楽器の位置を決めるのに、「ここだ!」という確信が持てるように、バランス感覚を磨いていきたいです。
 4 楽章まであるので、仕上げるのにまだまだ時間がかかりそうです。








[タグ未指定]
[ 2013/02/27 22:02 ] DTM レッスン(ProTools) | TB(0) | CM(0)

仕上げ

昨日の DTM レッスンで学んだこと

 ・複数曲の音量を整える
 ・センドのリバーブの量を気にしながら、Inst トラック(原音)に対し Aux トラック(エフェクト音)のメーターの高さの割合を調整
 ・トラックのグループ化
 ・定格の操作
 ・メーターつまみの微調整 
 ・リミッティング時、Input のメーターもリミッターを気にする
 ・曲中で一番大きい音量のところが 0 db になると良い
 ・マルチバンドコンプレッサー
 ・強弱の表現が損なわれるためリミッティングをしすぎない
 ・リミッティングしたものとしていないもののトラックをそれぞれ作り聴き比べる
 ・ファイルをインポートし、複数曲のトラックを並べ、それぞれの音量バランスが不自然でないか聴き比べる
 ・クリップリストからエクスポートし、マスタリング用のフォルダに 24 bit と 16 bit と mp3(AAC)を落とし保存
 ・ブーストとアッテン
 ・ディスクへの書き込み速度、ディザ、曲間時間
 ・おすすめの CD-R




 打ち込みの一連の作業がようやく終わり、どのような流れで、どんなことに注意するのかといった概要がだいたいつかめたと思います。
 今回はピアノ曲だったのですが、これから色々な楽器の打ち込みもしていきたいので、たくさん音楽を聴いて音そのものはもちろんのこと、楽器自体や様々な奏法なども勉強していきたいと思います。




[タグ未指定]
[ 2013/02/06 20:25 ] DTM レッスン(ProTools) | TB(0) | CM(0)

ミックスダウンとマスタリング

今日の DTM レッスンで学んだこと

 ・ミックスダウンとマスタリング
 ・リバーブ、コンプレッサー、イコライザ、リミッターを使って音づくり
 ・エクスポート
 ・配信用(24 bit)、CD 用(16 bit)、メール用(MP3)と用途に応じた形式
 ・クリップ名はアルファベットで
 ・配信サイトのおすすめ
 ・MP3 変換ソフトのおすすめ
 ・ディザ
 ・リミッティングしすぎるとダイナミクスの幅が狭くなるので注意
 ・スレッショルドでさじ加減
 ・常にメーターを監視する


 リバーブが 0.2 秒あるかないかで随分と音場の印象が変わったり、コンプレッサーで音の厚みをだすことで、コンサートホールのグランドピアノのような豊かな音色に変化していくのが面白く感じました
 まるで煮物を作っているかのような微妙な味付けに、先生の職人技を見たようで、すごいなぁと思いました。
 プラグインがたくさんありすぎてまだよくわかっていませんが、色々いじって試して遊びながら覚えていきたいと思います。






[タグ未指定]
[ 2013/01/29 23:11 ] DTM レッスン(ProTools) | TB(0) | CM(0)

マスタリング

今日の DTM レッスンで学んだこと

 ・ミラーリング
 ・グループ化
 ・EQ 、Mini Grand 、D-verb のプリセット設定
 ・MIDI 情報と Tempo 情報
 ・メーターの微調整はコマンドキー(コントロールキー)を押しながら
 ・16 bit と 24 bit 両方で書き出すのがベスト
 ・PRE DELAY
 ・複数の 2 ミックスのマスタリング
 ・ミックスダウンとマスタリングと Maxim
 ・1 曲で完結する場合と複数曲の場合の音量音圧調整




 リバーブの長さやリバーブがかかるまでの長さ、低音を軽くしたり高音を柔らかくしたり、色々な角度から音を作っていく作業が楽しかったです。
 依頼されていた伴奏の 3 曲は一応間に合ったのですが、音量調整や音圧、イコライザ、リバーブなどをさらに手を加えたらもっと良くなると思うので、引き続き編集作業をしたいと思います。

 



[タグ未指定]
[ 2013/01/15 23:18 ] DTM レッスン(ProTools) | TB(0) | CM(0)

一緒に録音

 今日の DTM レッスンで、依頼されているピアノ伴奏(3曲のうち1曲)を先生に手伝っていただきながら音の入力だけできました。
 一人でやるのと比べ、時間的に 1/5 位の速さでできたのでとても助かりました。
 あとは、音の長さやタイミング、ベロシティを整え、残響やペダルを入れたり、音色を調整したりの編集をこれからやっていきます。

 1日24時間、とても足りません・・・。
 できると思って、色々手を広げすぎてしまう好奇心に、もっと静まってほしいとも思いますが、この欲張りはきっと直りません。
 1日48時間、私が3人いてちょうどいいボリュームです。








[タグ未指定]
[ 2012/12/26 21:56 ] DTM レッスン(ProTools) | TB(0) | CM(0)

録音の大きな流れ

昨日の DTM レッスンで学んだこと

 ・録音時と再生時(OK テイク)のレイテンシーのサンプルの上げ下げ
 ・ノートの長さとタイミングの調整
 ・ベロシティの調整
 ・サスティンペダルの入れ方(ON と OFF のみで中間がないこと)
 ・"Mini Grand" の中での調整(MODEL/ROOM/MIX/DYNAMIC RESPONSE)
 ・イコライザやリバーブのかけかた
 ・スマートツールについて
 ・バウンスの仕方
 ・CD の規格と容量
 ・最終段階になったら三つ位のアウトプットで音を聴き比べてチェック(スピーカやヘッドフォンなど異なる媒体で聴く)
 ・センドと BUS とアウトプットについて
 ・Inst のインサートにかけるリバーブと、Aux のインサートにかけるリバーブの聴き比べ
 ・スクリーンショットについて
 ・移調の仕方
 ・選択範囲のショートカット
 ・WAV と MP3 について
 ・データ CD とオーデイオ CD




 依頼されている三曲の録音を年始には仕上げるつもりで、これから着手し期待に添えるようがんばります。



[タグ未指定]
[ 2012/12/08 05:14 ] DTM レッスン(ProTools) | TB(0) | CM(0)

リバーブとイコライザ

今日の DTM レッスンで学んだこと

・Audio データのインポートと変換
・クリップリスト
・クリップのミュートと分割
・ショートカット(複製)
・マスターフェーダー
・クリッピングとリミッター
・マスターフェーダーを監視しながらフェーダーをあげる
・Audio トラックから Aux トラックへ信号を送るための設定
・リバーブ
・生音をどれだけエフェクターにかけるかフェーダーをあげる
・Bus
・Aux トラックのインサートに D-verb
・生音の音色を変える
・原音(Audio)トラックのインサートにイコライザー(EQ3 7Band)
・HPF = ローカット
・LPF = ハイカット
・人間の可聴帯域(20H ~ 20KH)
・バイパス
・FREQ(フリーケンシー)と Q (幅)
・LF(低域)/LMF(中低域)/MF(中域)/HMF(中高域)/HF(高域)
・ベル型とシェルビング型
・ピンポイントで探す
・バウンス
・MP3 は WAV の約 1/10 の容量
・WAV ファイルの 5 分の曲で約 50MG
・メール添付は約 10MG まで
・バウンス用のフォルダをあらたにつくり保存
・ファイルのサイズを確認し容量が大き過ぎれば MP3 のレートを落とすかデータ便を使うかする




 昨日も、急ぎの楽譜浄書や、コーラスと伴奏の録音の依頼があり、楽譜は今月までに、録音は年末年始までに仕上げたいと思います。
 今日のレッスンは、そのピアノ伴奏の録音で予想されるシュミレーションで展開されました。
 MIDI 検定試験も間近なので切迫していますが、両立できるようがんばります(汗)。






[タグ未指定]
[ 2012/11/15 23:55 ] DTM レッスン(ProTools) | TB(0) | CM(0)

オートメーション

今日の DTM レッスンで学んだこと。

 ・プレイバックエンジンの設定
 ・ATA(オート・タイム・アジャスター)
 ・ショートカット
 ・フェードインとフェードアウト
 ・クロスフェード
 ・フェードのカーブ
 ・write/latch/touch/read/off
 ・ペンシルのフリーハンドで一部修正の仕方
 ・pan による音の移動
 ・リバーブはインサートではなくセンドでかける

 今回はオートメーションが主な内容でした。
 レッスン場所の環境で保存したファイルが、自宅の環境では読み込めなかった問題と、音が鳴らなくなってしまった問題がたった今解決しました。
 後者は、原因がわかりません。
 鳴ったり鳴らなくなったり・・・、気まぐれなので明日にはまた鳴らなくなるかも・・・。
 これで長い時間が取られ一気にやる気が失せるので、配線や設定について勉強しなければと思います。



[タグ未指定]
[ 2012/11/01 22:14 ] DTM レッスン(ProTools) | TB(0) | CM(0)

音が出ない゚(゚´Д`゚)゚

今日の DTM レッスンで学んだこと

 ・ショートカット
 ・プレイリストと take2
 ・ノートとベロシティの編集
 ・ツール(ズーム、トリム、セレクタ、グラバー、スクラブ、ペンシル)
 ・グリッドとナッジング
 ・FX
 ・バス
 ・バウンス
 ・WAV と MP3


 レッスンから帰宅後、復習しようと思ってファイルを作ったものの、また音がでなくなってしまいました。
 いろいろな接続方法があるのでこんがらがってしまいます。
 今度のまとまった休日まで保留にしておきましょう。
 依頼されている MIDI 録音、なんとか年内に仕上げたいものですが、なかなか進めません・・・。







[タグ未指定]
[ 2012/10/19 22:39 ] DTM レッスン(ProTools) | TB(0) | CM(0)

パンチイン

今日の DTM レッスンで学んだこと


 ・曲の途中でテンポを変更
 ・マスターフェーダー
 ・パンチイン
 ・セレクタツールとグラバーツール
 ・クリックのアクセント
 ・プリロールとポストロール
 ・ショートカット
 ・拡大と縮小
 ・トリムツール
 ・GRID モード
 ・SLIP モード
 ・SHUFFLE モード
 ・SPOT モード
 ・クリップを分割
 ・複製と繰り返し
 ・プリ/ポストロールの ON/OFF
 ・M BOX2 のつまみ


 今回のレッスンも編集が主な内容でした。
 曲の途中の一部分だけ録り直すとか、数小節を繰り返してつなげるなど、色々な状況を想定して編集の手順を学びました。

 大阪に来たついでといってはなんですが、レッスンの帰りにティンパニの先生に教えていただいた、ドラムセンターに寄って、練習用のラバーパッドとスタンドを買いました。
 結構重たくて、持って帰るのにひと汗かきましたが、明日から練習することを思うとワクワクします。
  
 普段は基本的に19時に就寝、翌2時頃起床するのですが、もう22時を過ぎてしまいました。明日は少し寝坊しようと思います。





[タグ未指定]
[ 2012/10/09 22:25 ] DTM レッスン(ProTools) | TB(0) | CM(0)

もたもた。。。

 今日の DTM レッスンで学んだこと

 ・接続と設定
 ・バッファサイズ
 ・レイテンシー
 ・CPU
 ・メモリ
 ・ショートカット
 ・トラック作成(Click、MIDI、Inst、Audio)
 ・クリック設定
 ・ルーティング
 ・I/O
 ・拡大と縮小
 ・パンチイン
 ・途中からの修正(プリロール)
 ・間の一部を修正(プリロール、ポストロール)
 ・グラバーツール、セレクタツール
 ・グリッド、スリップ、シャッフル、スポット
 ・MIDI → Inst → Audio の信号の流れ
 ・MIDI と Audio を同時に録音待機
 ・Bus


 依頼されたエスペラントの合唱の練習に使用するピアノ伴奏を二曲、年内に ProTools で完成させるのが当面の目標です。
 ソフトを購入した当時はバージョン8だったのに、やり方がわからずもたもたしていたら、今はすでに10とアップしています。
 宝の持ち腐れにならないよう、使いこなせるようにがんばらなくっちゃ(;^ω^)


[タグ未指定]
[ 2012/09/18 22:58 ] DTM レッスン(ProTools) | TB(0) | CM(0)
全記事表示リンク
月別アーカイブ