FC2ブログ

音楽レッスン帳

クラシックピアノ・ジャズピアノ・エレキギター・作曲・DTM・オーケストラ・パーカッションのレッスン日記 ♪ 姉妹サイト「ニョキリサ」もよろしくお願いします(๑˃̵ᴗ˂̵)
カテゴリー  [ ピアノサークル・ピアノリレー ]

第 47 回練習会 加古川松風ホール


今日は加古川でベーゼンドルファーを弾きました。
祖父と 3 人の叔父がピアノ調律師だったにしては、
私はメーカーやピアノの状態には無頓着な方なので、
あまりこだわらないと言うと怒られそうですが、
今日のピアノは明らかに皆から愛されてきたのだろうことがわかりました。

暗譜がわからなくなり、途中で弾き直しましたが、
思う通りに弾けたところもありました。
普段、話がスムーズにできないストレスを、
ピアノでならフォルテも出せるので、
表現できるものが与えられ幸せに思います。
この後はジェンベを叩きに行きます。








@ 加古川松風ホール
ベートーヴェン ピアノソナタ 第 14 番 嬰ハ短調 「月光」


201909161154575aa.jpeg







[タグ未指定]
[ 2019/09/15 15:49 ] ピアノサークル・ピアノリレー | TB(0) | CM(0)

第 46 回練習会 箕面プチカノンホール


今日は箕面で練習会でした。
「月光ソナタ」の終楽章は、大学受験のために勉強したり、
その 10 年後に長い入院生活中で自分を励ますように弾いてみたり、
長いブランクの後にまた挑戦したりと、
特別な思い入れのある曲です。
まだ終楽章ほど弾き慣れていない 1、2 楽章で緊張し過ぎて、
終楽章は暴走してしまいました。
練習後のハイキング、温泉、ジャズライブを堪能して、
とても楽しかったです。
この世界には、私の知らない楽しいことが、
まだまだいっぱいあります。





@ 箕面プチカノンホール
ベートーヴェン ピアノソナタ 第 14 番 嬰ハ短調 「月光」



2019091312512941d.jpeg





[タグ未指定]
[ 2019/09/09 12:15 ] ピアノサークル・ピアノリレー | TB(0) | CM(0)

星がキラキラの遊び心

今日はドラムレッスンの後、
職場の先輩のお宅でお茶会に招かれ、
同学年で、打楽器と手芸と発酵食品を作ることが好きという、
趣味がドンピシャな方と知り合えて、
楽しい時間を過ごしました。

その後場所を移し、
ピアノの練習会でハイドンのハ長調ソナタを全楽章弾きました。

4 月のお花見練習会の時に、1、2 楽章を弾いてから、
だいぶ忘れてしまったせいもあり、
たくさん外してしまいました。



この作品は、とてもユーモアがあって、
場面転換や強弱のコントラストがくるくる変わるのが愉快です。

以前弾いたことがあるベートーヴェン初期の作品、第 6 ソナタ へ長調と似ていて、
ハイドン先生にベートーヴェンは感化されて創作したのかな、
などと勝手にイメージして楽しんでいます。

ブログに書くにあたり、作曲した時期を調べたら、
ハイドンの第 60 ソナタは、
1794 〜 95 年に作曲(62 〜 63歳)、

ベートーヴェンの第 6 ソナタは、
推定 1796 〜 98 年に作曲(26 〜 28歳)と、

ほとんど同時期に書かれたことがわかりました。
なんだかロマンがあります。



20190709083628cf0.jpeg


この譜面は第 1 楽章のコーダの前のページです。
腕をクロスさせて高音でトリルが入っていますが、
ここにハイドンの可愛らしさが如実に現れていると思います。

この 1 小節(2 〜 3 秒)で星がキラキラとまたたくように感じたので、
星の絵を書き込んでみました。



今日は七夕です。
私にしかわからないですが、選曲の理由がこれでした☆





第 44 回 練習会 in ピッコロシアター小ホール
ハイドン/ソナタ 第60番 ハ長調 Hob.XVI:50,op.79

201907081801421a2.jpeg


[タグ未指定]
[ 2019/07/07 20:56 ] ピアノサークル・ピアノリレー | TB(0) | CM(0)

人前で初めて弾くポピュラーピアノ

今日は大正橋で練習会でした。
予定では来週の演奏会に向けて、
大好きなブラームスを弾くつもりでいたのですが、
毎日練習しているうちに、
ブラームスの深刻さが影響し気重になってきたので、
ポピュラー音楽に変更しました。

音域が広く、オクターブ連打の豪華に編曲された Let It Go も難しいのですが、
音数の少ないシンプルな Innocent も
音色にニュアンスを付けないと単調になってしまうので、
かといって色々やると不自然になるので、
バランスが難しいです。

今の自分は、このような曲が心地よいです。


第 43 回練習会 in アゼリア大正ホール
・ Innocent 久石 譲
・ I Need To Be In Love カーペンターズ
・ アルビノーニのアダージョ
・ Let It Go クリステン・アンダーソン=ロペス / ロバート・ロペス


20190624111947335.jpeg





[タグ未指定]
[ 2019/06/23 15:33 ] ピアノサークル・ピアノリレー | TB(0) | CM(0)

練習会 in 松田楽器ピアノギャラリー

今日は、ドラムレッスン、演奏会を鑑賞、ピアノ練習会と盛りだくさんでした。

音楽の神様、ありがとうございます。

ブラームスのラプソディ 1 番を弾きました。
練習会で弾くのは 2 度目ですが、
気が上がりすぎて、重心が下に行かず、
目指してきた「男性的な渋さ、無骨さ」とは離れてしまいました。


今日、気付き始めたことがあります。
この一年色々な音楽を取り入れているうちに、
クラシックが今の自分に合わなくなってきたような、ないような、、、

過渡期なのかもしれませんし、
スランプなのかもしれません。

成り行きは自然に任せましょう。


20190603214335a49.jpeg





[タグ未指定]
[ 2019/06/02 23:44 ] ピアノサークル・ピアノリレー | TB(0) | CM(0)

第 42 回練習会 in 神戸布引ハーブ園森のホール

201905201151222ab.jpeg


今日は、神戸布引ハーブ園の森のホールで練習会に参加しました。
昨年と続き二回目です。
とても素敵なホールで、ピアノの響きも美しいです。
観光客がとても多くて、ロープウェイに乗るのに並びましたが、
新緑のきれいな自然の中で演奏するのは、
とても気分が上がります。

今回は初めてブラームスのラプソディ 1 番を演奏しました。
音域が広く、音数も多く、とても難しい曲ですが、
ブラームスらしいロマンと渋みが、
ドラマチックに展開される素敵な作品です。

ミスしたり、止まってしまったりと、色々ありましたが、
人前で初めてにしては頑張れたと思います。

来月の練習会までに、
どのように日々練習していくか書いておきます。

・ ゆっくりのテンポで、アゴーギク抜きで確実に弾く
・ 中間部のソプラノとアルトのメロディラインを浮き立たせる
・ 入れる音、抜く音、音の方向を感じる
・ ピアニッシモは音が細くならないよう
・ ペダル濁らないよう
・ ブラームスらしい男性的な骨太な音づくり
・ コーダの外声のメロディラインを同等の配分で歌う
・ コーダは rit. しすぎないよう


20190520115212946.jpeg

ホールの入り口の色とりどりの花園の中、蕾がかわいらしいです。





[タグ未指定]
[ 2019/05/19 20:49 ] ピアノサークル・ピアノリレー | TB(0) | CM(0)

第41回 練習会 音楽広場ミニヨン

音楽広場ミニヨン

回数を重ねるごとに、緊張なく弾けるようになってきました。
その分、客観的に音をとらえ、求める音と発した音の確認とを同時進行で冷静に感じながら、
軌道修正をしたり、純粋に音を楽しんだりできました。
他の方々の演奏も毎回勉強になります。
次回は演奏会です。
良い音楽になるよう楽しみたいです。



♪ シューベルト/即興曲 D899 Op.90-1 ハ短調



[タグ未指定]
[ 2019/04/21 10:37 ] ピアノサークル・ピアノリレー | TB(0) | CM(0)

お花見練習会

今日はお花見演奏会でした。
喫茶店で窓から臨む満開の桜を愛でながら、
おいしいケーキをいただきながら、
素敵な生演奏を聴くという贅沢なひとときでした。
私は初めてハイドンのハ長調のソナタを弾きました。
これからあたらしい世界が展開していくにふさわしい曲で、
春のよろこびと相まって期待感が膨らみました。
普段はお話できない方々と談笑できて楽しかったです。

菜の花
桜


ハイドン ソナタ 第60番 から 第1、2楽章




[タグ未指定]
[ 2019/04/07 22:23 ] ピアノサークル・ピアノリレー | TB(0) | CM(0)

第 40 回 練習会 吹田さんくすホール

吹田さんくすホール

初めて弾くグロトリアンは慣れるのに時間が少しいりましたが、
表情が多彩な、まろやかな音色で、良いピアノでした。
シューベルトの曲にあいました。


♪ シューベルト/即興曲 D899 Op.90-1 ハ短調

[タグ未指定]
[ 2019/03/31 10:28 ] ピアノサークル・ピアノリレー | TB(0) | CM(0)

飛び入り練習会 甲東ホール

20190330115401b4e.jpeg


響きの豊かなピアノで気持ち良く演奏できました。
他の方々の演奏も素敵で、見習いたいところがたくさんあり勉強になります。




♪ シューベルト/即興曲 D899 Op.90-1 ハ短調

[タグ未指定]
[ 2019/03/10 23:50 ] ピアノサークル・ピアノリレー | TB(0) | CM(0)

第 39 回 練習会 オンガージュ・サロン天王寺

201902271031552d4.jpeg


今日のピアノの練習会場は初めてのサロンでした。

吹き抜けで、本棚にはカントやヘーゲル、マルクスなどの哲学書がびっしり並び、柄谷行人の書に目を止め懐かしみました。

想い出の人は元気でしょうか。

よみがえる光景を胸にシューベルトを弾きました。

前回よりも落ち着いて、音のひとつひとつを散らかさないよう集中して、出したい音のために尽くしました。

大まかでは、伝えたいことは音楽にできたと思います。

次回までに、さらに歌いこんで自分の声にしていきたいです。


♪ シューベルト/即興曲 D899 Op.90-1 ハ短調


[タグ未指定]
[ 2019/02/24 18:49 ] ピアノサークル・ピアノリレー | TB(0) | CM(0)

第 38 回 練習会 スタインウェイ & サンズ神戸

2019012112560139a.jpeg


今日の練習会は近場で三宮でした。

職場の友達が聴きに来てくれて、いつも以上に緊張しました。

あまり上手く弾けなかったけど、最後まで諦めず、良い音楽になるよう努めました。

反省点!力が入りすぎたのと、作りすぎて不自然な感じになったのを、次回までになんとかします。

他の方々の演奏を最後の部まで聴かせていただき、
多くの刺激と励みになりました。

またベートーヴェンを弾きたくなりましたが、4 月の演奏会まではシューベルトに浸ります。

一拍一拍の和音の移ろいがたまらなく美しいのです。


♪ シューベルト/即興曲 D899 Op.90-1 ハ短調





[タグ未指定]
[ 2019/01/20 18:53 ] ピアノサークル・ピアノリレー | TB(0) | CM(0)

第 37 回 練習会 ピッコロシアター小ホール

20181218130141729.jpeg


今日の練習会はシューベルトの即興曲 D899 Op.90-1 ハ短調を始めて演奏しました。

学生時代、リリー・クラウスやブレンデルの演奏を何度も聴き、なんて素晴らしい曲だろうと焦がれました。

いつか人前で弾きたいと何年もあたためてきました。

テクニックは中級位なのですが、音楽的に優れていて表現がとても難しいです。


演奏中、自分の息継ぎや溜息が合間に漏れるほど、その世界に没頭し、感情移入し過ぎてしまいました。

自分がこんなにもこの曲を愛していることに気付かされ、普段は淡々としている私の情熱的な本性が垣間見え驚きました。

来月の練習会に向けて、細かい部分の微妙な調整をしながら自分のものにしていきたいと思います。







[タグ未指定]
[ 2018/12/16 17:00 ] ピアノサークル・ピアノリレー | TB(0) | CM(0)

第 35 回 練習会 高槻生涯学習センター多目的ホール

201810141819327a6.jpeg


今日の練習会は高槻のホールでした。
反響も心地よく、ピアノの鳴りも今までで 2 番目に良かったです。

8 月から始めたドラムとジャンベの相乗効果を感じるところは、重心が下へ安定し、拍感も良くなり、様々な音色を楽しむことができてきたように思います。

今日の演奏は、今までで一番良かったです。
最後は外してしまいましたが、表現したいことがほぼ音になりました。

一年前までと比べて、心の変化とともに生き生きとした音楽を奏でている自分に、驚きと喜びでいっぱいです。



ベートーヴェン
ピアノソナタ第 6 番 ヘ長調 作品 10-2



[タグ未指定]
[ 2018/10/14 14:51 ] ピアノサークル・ピアノリレー | TB(0) | CM(0)

第 34 回 練習会 箕面プチカノンホール

ベートーヴェンのピアノソナタ第 6 番を全楽章演奏しました。
前回と同様、ペダルを完全に踏まないと効かないピアノで、弾きながら音を調整するのに時間がかかってしまいました。
普段からペダルは深く踏む練習をしておこうと思います。

速めのテンポで弾き始めたので、2 、3 楽章はリピート入れました。
前の出番の方の椅子の高さのまま、低いと気付いていたのに弾き始めてしまいました。
椅子の高さは妥協せずに、弾く前に万全な状態を作ろうと思います。

靴は 3 ヶ月程前から黒の柔かいバレエシューズに履き替えるようにしてから、ペダルの踏み替えが安定しました。

あと弾く前にしていることは、「AC ノーズ」という点鼻薬を鼻の穴から入れて、演奏中に緊張や動揺で鼻水が出るのを予防します。

演奏中に気が散る要素は防げることはしておかないと、集中が途切れてしまいます。
今回は空調の風で楽譜がめくれてしまい、その後も弾きながら気になってミスすることがありました。
でもあまり神経質になってもなんなので、気にし過ぎない程度に気を付けます。

肝心の演奏はというと、あまり緊張せず、音楽を感じながら楽しく弾けました。
ピアノやホールによって音や打鍵が変わるので、臨機応変に対応できるよう、場数をこなしていきたいです。
まだまだ課題がありますが、ひとつひとつクリアして、また来月の練習会に臨みたいと思います。



ベートーヴェン
ピアノソナタ第 6 番 ヘ長調 作品 10-2




[タグ未指定]
[ 2018/09/09 13:54 ] ピアノサークル・ピアノリレー | TB(0) | CM(0)

第 33 回 練習会 西宮プレラホール練習室

今日は西宮で練習会でした。
ベートーヴェンのピアノソナタ第 6 番全楽章を弾きました。
この曲は高校受験で弾いた曲で、楽譜には当時の先生の走り書きの注意書きが残っています。
前回のシューベルトやブラームスも中学や高校時代に勉強した曲です。
初心に戻って練習しようと思い決めました。
学生時代に比べて、当時できなかったことができるようになっていたり、表現もダイナミクスも豊かになっていると思います。
その時その時の自分が音に露わになるのだと思います。

今日の演奏は、弾き直しやミス、走ったりしましたが、出したい音が鳴ったところもあり、楽しんで歌えたと思います。

これから普段の練習では、ゆっくりとしたテンポで、正確なリズム、ペダルを深めに踏みたいと思います。


ベートーヴェン
ピアノソナタ第 6 番 ヘ長調 作品 10-2



[タグ未指定]
[ 2018/08/19 15:25 ] ピアノサークル・ピアノリレー | TB(0) | CM(0)

第 31 回 練習会 アゼリア大正ホール

今日は練習会に行ってきました。
何度も弾き直してしまい、集中も欠け、上手くできませんでした。
普段は弾けるのに、人前で、いつもと違うピアノと場所となると、半分も発揮できないことに、
とてもがっかりした気分です。
イメージトレーニングと、基礎練習をもっと丁寧にやって、本番に緊張を自覚したら緩めるよう意識したいと思います。


シューベルト 即興曲 D 899 Op.90-2
ブラームス ラプソディ Op.79-2


20180723083031938.jpeg






[タグ未指定]
[ 2018/06/24 13:46 ] ピアノサークル・ピアノリレー | TB(0) | CM(0)

第 30 回 練習会 神戸布引ハーブ園森のホール

20180527141431fb5.jpg



今回の練習会はベートーヴェンのピアノソナタ第 13 番から第 3 楽章、第 4 楽章を弾きました。

ホールのピアノはキレイに響き、弾きやすかったのですが、いつも弾けていたところで、たくさん弾き直してしまいました。
演奏会は明後日と日がないですが、
今日よりも良い演奏ができるよう部分練習します。








[タグ未指定]
[ 2018/05/27 14:01 ] ピアノサークル・ピアノリレー | TB(0) | CM(0)

第 29 回 練習会 スタインウェイ&サンズ神戸

20180415150953e56.jpg


三宮のスタインウェイ & サンズ神戸で練習会。
ベートーヴェンソナタ第 13 番から第 3 、 4 楽章を弾いた。
3 楽章は出したい音色が出せ落ち着いて弾けたが、
終楽章はテンポが速くなってたくさん弾き直してしまった。
でも楽しく弾けて良かった。


[タグ未指定]
[ 2018/04/15 15:15 ] ピアノサークル・ピアノリレー | TB(0) | CM(0)

第 27 回 練習会たかいしアプラ小ホール

ベートーヴェンのピアノソナタ第 13 番から第 1 楽章と第 2 楽章を暗譜で弾いた。

回を重ねるごとに落ち着いて弾けるようになってきた。
今までピアニシモを意識し過ぎて、音が痩せたり抜けたりしたので、
音量は少し足してあたたかい音色をイメージした。

客席で聴くのと違い、反響が無くあまり音が聞こえなかったが、音を良く聴きながら、
その時その時に応じて音を調整したり、
拍子を元に戻すなど、以前より少し気持ちの余裕ができた。

録音で聴きかえすと内声が大きすぎるので、
メロディラインを浮き立たせ、
アウフタクトから始まるフレーズを途切れないよう、
ペダルをうまく使おうと思う。

1 楽章の中間部は音を外しやすいので、
集中してインテンポでフェルマータまで一気にいきたい。

対人恐怖症、電話恐怖症、醜形恐怖で 10 数年引きこもっていた昔の私に、
今の自分を見せてあげたいと思う。

他人と比較するより、昔の自分と比較してみよう。

ピアノや写経はマインドフルネスだったと気づく。


演奏会まで 1 週間、またがんばろう!








[タグ未指定]
[ 2018/02/25 15:47 ] ピアノサークル・ピアノリレー | TB(0) | CM(0)

第 15 回 堂島ピアノリレーコンサート

サロン・ドゥ・アヴェンヌで初めてピアノリレーに参加させていただいた。
憧れのベーゼンドルファーでベートーヴェンのピアノソナタ第 13 番から第 1 楽章を演奏した。
心臓がドキドキするほどは緊張しなかったが、
いつもの練習では問題なく弾けていたところを間違えたり抜けたりした。
でも、最後まで音の響きを聴きながら、
音の方向や厚みなどに意識を向け、
ミス云々より音楽を失わないように歌いながら、
ハーモニーやリズムを感じながら弾けたと思う。
1 週間後の練習会に向けて、課題を乗り越えて、
ステップアップできるよう頑張りたい。




[タグ未指定]
[ 2018/02/18 14:47 ] ピアノサークル・ピアノリレー | TB(0) | CM(0)

第 26 回 練習会 西宮なでしこ小ホール

1 年以上悩んで、一度キャンセルして、数ヶ月また迷ってやっと参加できた初めてのピアノ練習会。
11 月から練習してきた。
参加して、他の方々の演奏を聴きながら、音楽をやる意味が見出せたようで、これからを方向づけるターニングポイントになると思った。

私はベートーヴェンピアノソナタ第 13 番から 1 楽章を弾いた。
間違えたり、音が抜けたりしたけど、心を込めて弾けた。
緊張で鼻水が出たり座る位置が不安定だったり、譜めくりでリズムが狂ったりしたけど、それ以上に自分自身でほめたいところがあった。
まず参加した勇気と、失敗しても最後まで丁寧に弾こうとする気持ちに。












[タグ未指定]
[ 2018/01/28 15:55 ] ピアノサークル・ピアノリレー | TB(0) | CM(0)

1年半ぶり

最近1年半ぶりにピアノを弾いた。
ベートーヴェンやシューベルト、ブラームスを弾きながら、
いい曲だと胸がいっぱいになった。


変わりたい。
このままだと落ちぶれる一方だと思った。
音楽に慰められ、励まされ、自分の中心の焦点を合わせてくれる。


1月にピアノサークルに参加させてもらうことになった。
申込むのに、2ヶ月位足踏みしたが、やっと行動に移すことができた。

悩んだ末、ベートーヴェンのピアノソナタ第13番から第1楽章を弾くことに決めた。

2ヶ月後の本番の6分間のために、これから練習に打ち込もうと思う。






[タグ未指定]
[ 2017/11/15 12:03 ] ピアノサークル・ピアノリレー | TB(0) | CM(0)
全記事表示リンク
月別アーカイブ