FC2ブログ

音楽レッスン帳

クラシックピアノ・ジャズピアノ・エレキギター・作曲・DTM・オーケストラ・パーカッションのレッスン日記 ♪ 姉妹サイト「ニョキリサ」もよろしくお願いします(๑˃̵ᴗ˂̵)

幸せのバトン

一週間前にフリマで売れたハンドメイドのシルバーリング。

今日、帰りのバスの中で、ふと隣の女性の吊革を握る手を見ると、そのリングをしていました。

ピンクの石をはめた、アラベスク模様を彫ったデザインです。

自分の作品が他の人の目にとまり、手に渡り、身に付けてもらえる・・・、なんだか幸せな気分になりました。








FC2ブログランキング






[タグ未指定]
[ 2011/11/11 18:30 ] 手芸 | TB(0) | CM(0)

桃色小道

 もうすぐ、桜の季節がやってきますね。
 ところで、3月の誕生石はアクアマリンが有名ですが、実は珊瑚(コーラル)も日本だけですが含まれています。







桃色小道1

 これは、ラウンドにカットされた珊瑚とビーズをヘンプ(麻ひも)で編み込んで作ったブレスレットです。その名も、『桃色小道』(2010年制作)といいます。







桃色小道2

 ナチュラルテイストな素材で肌馴染みもよく、身に着けるほどにその人の形状に程よくフィットしていくでしょう。







桃色小道3

 お揃いのリングと合わせるとこんな感じです。
 こだわりは、ブレスレットのアシンメトリーなフリンジのデザインです。




 珊瑚の取り扱いの注意としては、とても柔らかい宝石なので傷つきやすいという点と、主成分の炭酸カルシウムは、酸に溶けやすい性質があるので、汗や化粧品がついてしまったときは素早く布でふき取ってください。
 この 『桃色小道』 は、そのあたりを考慮に入れてあり、装着時は直接肌に着かないよう(ヘンプがサンドイッチでいうところの具、肌と珊瑚が両サイドのパンにあたる)、作りました。
 おすすめのコーディネートは、エスニックなファッションや着物と合わせると素敵です。


 誕生石とパワーストーン

FC2ブログランキング




[タグ未指定]
[ 2011/03/06 04:33 ] 手芸 | TB(0) | CM(0)

丸いもの好き

 余った毛糸やヘンプをつなげてバッグを編みました。




カラフルアジアンバッグ

 ヘンプ(麻ひも)で編んだ 『カラフルアジアンバッグ』(2010年制作)です。真夏の黄色い日差しの下、素足にサンダルにあいます。








しましまバッグ1

 毛糸で編んだ 『しましまバッグ』(2010年制作)です。丸いフォルムがかわいいです。







しましまバッグ2

 ローズのコサージュもなかなかいいでしょ?






スノーボールバッグ1

 毛糸とヘンプ(底部分)で編んだ 『スノーボールバッグ』(2010年制作)です。








スノーボールバッグ2

 コロンとした持ち手部分と留め具ボタンは、中に綿を詰めてボール状にしました。見た目も乙女チックで、さわり心地も良いです。







 同じスノーボールでも…

お花のスノーボール

 これは、お花のスノーボール(ビバーナム)。







お菓子のスノーボール

 こちらは、お菓子のスノーボール。







置物のスノーボール

 そしてこちらが、置物のスノーボール(My コレクション)。




 なんにしても、丸いものは心が和むものですね。

FC2ブログランキング



[タグ未指定]
[ 2011/02/23 20:41 ] 手芸 | TB(0) | CM(0)

Happy Valentine's Day!

 今日のバレンタインデーにちなんでご紹介するのは、スウィーツなシルバーアクセサリーです。

コンペイトウの踊り

 こちらは、ネックレスのヘッド部分を写したもので、『コンペイトウの踊り』(2008年制作)です。



お菓子の国で

 こちらは、筒状のブローチ、『お菓子の国で』(2004年制作)です。




 どちらもパステルカラーの合成石を埋め込んであります。
 子供の頃に夢見た、童話 『ヘンゼルとグレーテル』 に登場するお菓子の家を空想しながら作りました。






チャイコフスキー:バレエ組曲 『くるみ割り人形』 作品71a から
第3曲 金平糖の精の踊り (Danse de la Fée Dragée)



 この愛らしく神秘的な音色の正体は、チェレスタです。1886年にパリのオルガン製作者A.ミュステル(1842-1919)が考案し、特許を取得しました。『金平糖の精の踊り』は、当時発明されたばかりのチェレスタをオーケストラに起用した最初の作品としても知られています。

 チャイコフスキーはパリで出会ったチェレスタを気に入ったようで、当初アルモニカのために書かれたパートに、楽器指定を変更してチェレスタを起用しました。チャイコフスキーは初演(1892年)するまでこの楽器のことは公言せず、パリへ楽器を注文する際モスクワの業者に送った手紙には、「このチェレスタを誰にも見せないでほしい。他の作曲家、特にリムスキー・コルサコフとグラズノフに気付かれないように!これは絶対に私が最初に使うから。」という内容が書かれています。

 チェレスタは後にも、モーリス・ラヴェルやドビュッシーなど印象派の作曲家や、リヒャルト・シュトラウスやグスタフ・マーラーなど後期ロマン派の作曲家にも好まれ起用されています。



FC2ブログランキング


[タグ未指定]
[ 2011/02/14 20:45 ] 手芸 | TB(0) | CM(0)

つぶつぶ小雪やこんこん

今日は雪が積もりそうです。
そこで、今回は 『つぶつぶ小雪やこんこん』 (2006年制作)をご紹介いたしましょう。


つぶつぶ小雪やこんこん




ビーズをシルバーワイヤーでねじったり絡めたりして作りました。
これがブレスレットです。

ブレスレット




こちらが、小指にはめるピンキーリングです。

ピンキーリング




マザーオブパールローズクォーツの淡い色合いが優しい雰囲気を醸し出し、
小粒の金色のビーズがさり気なく輝いています。
ノースリーブのシンプルなドレスに合わせると良いと思います。








指揮:高田三郎
ピアノ:菊池百合子
カラコレス女声合唱団




雪の日に

吉野 弘 詩
高田三郎 曲
雪がはげしく ふりつづける
雪の白さを こらえながら

欺きやすい 雪の白さ
誰もが信じる 雪の白さ
信じられている雪は せつない

どこに 純白な心など あろう
どこに 汚れぬ雪など あろう

雪がはげしく ふりつづける
うわべの白さで 輝きながら
うわべの白さを こらえながら

雪は 汚れぬものとして
いつまでも白いものとして
空の高みに生まれたのだ
その悲しみを どうふらそう

雪はひとたび ふりはじめると
あとからあとから ふりつづく
雪の汚れを かくすため

純白を 花びらのように かさねていって
あとからあとから かさねていって
雪の汚れを かくすのだ

雪がはげしく ふりつづける
雪はおのれを どうしたら
欺かないで生きられるだろう
それが もはや
みずからの手に負えなくなってしまったかのように
雪ははげしく ふりつづける

雪の上に 雪が
その上から 雪が
たとえようのない 重さで
音もなく かさなってゆく
かさねられてゆく
かさなってゆく かさねられてゆく




私が十代から二十代にかけて所属していた合唱団で良く歌った思い出の曲です。
私のほろ苦い青春の一頁です。




FC2ブログランキング



[タグ未指定]
[ 2011/02/11 22:45 ] 手芸 | TB(0) | CM(0)

月下の花

こちらは、2007年制作の3WAYパーティポシェット、『月下の花』 (縦:9.5cm×横:11cm/底:6cm×6cm)です。

月下の花





以前ご紹介したビーズバッグ、『森へお散歩』 と同時進行で作りました。技法は同じく針と糸のみで編む「オフルーム」で、本体をペヨーテステッチ、肩紐をチューブ状のヘリンボーンステッチで仕上げました。

全体





肩紐は取り外し可能で、ある時はネックレスにもなり……

ネックレス





はたまたある時は、こんなふうにグルグルにすれば、ブレスレットにも変身!

ブレスレット





メルヘンチックな 『森へお散歩』 とは色彩が対照的で、どこかミステリアスな風合いだと思います。同系色でまとめたかわりに、艶消し、玉虫、メタリックなビーズを組み合わせたことで、派手すぎず地味すぎず、年代に関係なくコーディネートもしやすいと思います。

本体


コサージュがアクセントとなっています。なにげに葉っぱも、忘れていません。
ベートーヴェンの 『月光』 を弾き、これを編み、弾き、編み…、作りました。こうして織り込んだ 『月光』 メロディにちなんで、『月下の花』 としました。







Michael Lucarelli

ギター・バージョンの 『月光』 もいいですね。


[タグ未指定]
[ 2011/02/03 00:12 ] 手芸 | TB(0) | CM(0)

森へお散歩

いつもモノクロの記事ばかりなので、今日はポップにいきましょう。

これは2007年制作のビーズバッグ、『森へお散歩』(縦15cm×横13cm/底8cm×8cm)です。
画像をクリックしていただくと大きくなります。

森へお散歩1

中途半端に余ったビーズを集め、絵柄や配色、ビーズのサイズ等をパズルを合わせるように計算しながら、一粒一粒ステッチし作りました。
まるで、冷蔵庫の余りもので何が作れるかを考えて料理する感覚と似ています。



絵柄アップ

煉瓦を並べたような配置になる「ペヨーテステッチ」は、織り機を使わず針と糸のみで編む代表的なステッチです。
絵柄は上段から、クマ、ハート、小鳥、小花です。



デービットビーズ

このコロンとした留め具は「デービットビーズ」といって、一つの大きなビーズを、組み合わせた小さなビーズで包んでいます。
近似色の配色にすると失敗はない代わりに面白味がなくなりますが、このように相対色の配色にすることでキュートでビビットな楽しさがでます。





カミーユ・サン=サーンス:『動物の謝肉祭』 Le carnaval des animaux から

第14曲 Finale
Molto Allegro 4/4拍子 ハ長調






ちょっと冒険心がくすぐられませんか?

森へお散歩2






[タグ未指定]
[ 2011/01/17 12:31 ] 手芸 | TB(0) | CM(0)

月光とピエロ

玉乗りピエロ1 








男声合唱組曲 『月光とピエロ

作詞:堀口大學
作曲:清水 脩
指揮:福永陽一郎
合唱:日本アカデミー合唱団







月 夜

月の光の照る辻に
ピエロさびしく立ちにけり。

ピエロの姿白ければ
月の光に濡れにけり。

あたりしみじみ見まわせど
コロンビイヌの影もなし。

あまりに事のかなしさに
ピエロは涙ながしけり。





秋のピエロ


泣き笑いしてわがピエロ
秋じゃ!秋じゃ!と歌うなり。

Oの形の口をして
秋じゃ!秋じゃ!と歌うなり。

月のようなる白粉の
顔が涙を流すなり。

身すぎ世すぎの是非もなく
おどけたれどもわがピエロ

秋はしみじみ身に滲みて
真実なみだを流すなり。





ピエロ

ピエロの白さ!
身のつらさ!

ピエロの顔は
真白け!

白くあかるく
見ゆれども

ピエロの顔は
さびしかり!

ピエロは
月の光なり!

白くあかるく
見ゆれども

月の光は
さびしかり!


 




ピエロの嘆き

かなしからずや身はピエロ、
月の孀の父無児!
月はみ空に身はここに、
身すぎ世すぎの泣笑い!





月光とピエロとピエレットの唐草模様

月の光に照らされて
ピエロ、ピエレット
踊りけり、
ピエロ、ピエレット。

月の光に照らされて
ピエロ、ピエレット
歌いけり、
ピエロ、ピエレット。

踊りけり、
ピエロ、ピエレット
歌いけり、
ピエロ、ピエレット。

踊りけり、
歌いけり、
ピエロ、ピエレット。
ピエロ、ピエレット。

月の光に照らされて
ピエロ、ピエレット。
ピエロ、ピエレット。
月の光に照らされて。



玉乗りピエロ2 玉乗りピエロ3
ネックレス 『玉乗りピエロ』
制作:2004年
素材:銀/ガラス(チェーンは銀古美)










[タグ未指定]
[ 2011/01/11 22:14 ] 手芸 | TB(0) | CM(0)

一杯のコーヒーから

7年程前に制作のコーヒーカップ型のリング、 『コーヒーはいかが?』 です。

コーヒーはいかが?



素材は銀(コーヒーカップ&ソーサー)と金(コーヒー)です。

コーヒーはいかが?サイド



ほらほら、ちゃんとスプーンもついてますよ!

コーヒーはいかが?トップ









…だのに角砂糖とミルク、うっかり忘れちゃいました。(^_^;)

え?ブラック党ですか?

よかったぁ~。




では、ごゆっくりと…





一杯のコーヒーから (1939年)

作詞:藤浦  洸
作曲:服部良一


一杯のコーヒーから
夢の花咲くこともある
街のテラスの夕暮に
二人の胸の灯し火が
チラリホラリと つきました

一杯のコーヒーから
モカの姫君 ジャバ娘
唄は南のセレナーデ
貴女と二人 ほがらかに
肩を並べて 唄いましょう

一杯のコーヒーから
夢はほのかに 香ります
赤い模様の アラベスク
あそこの窓の カーテンが
ゆらりゆらりと ゆれてます

一杯のコーヒーから
小鳥さえずる 春も来る
今宵二人の ほろにがさ
角砂糖二つ入れましょうか
月の出ぬ間に 冷えぬ間に






唄:霧島 昇/ミス・コロムビア
録音:1938年





カフェの女

竹久夢二:『カフェの女』







[タグ未指定]
[ 2011/01/07 20:04 ] 手芸 | TB(1) | CM(0)

チャペルの鐘の音

幻想交響曲』 の「サバトの夜の夢」に登場するグレゴリオ聖歌

「ディエス・イレ」からイメージし、8年程前に制作したブローチ、

『チャペルの鐘の音』 です。

チャペルの鐘の音

素材は銀ですが、十字架には金箔をのせてあります。

鐘に見立てて鈴をつけました。

ベルリオーズは死者の弔いの鐘として「低く響く音」を求めましたが、

このチープな鈴の音では、あの不気味で奇天烈な音楽とは

甚だミスマッチです。

もっとおどろおどろしいチャペルを表現したかったのですが。。。

ここは 『幻想交響曲』 ファンに免じ、ご愛嬌ということで…。



概要
プログラム
楽曲分析


[タグ未指定]
[ 2011/01/06 21:02 ] 手芸 | TB(0) | CM(0)

イデー・フィクス

『幻想交響曲』 好きが高じて、4年程前に制作したシルバーリング、
『イデー・フィクス』 です。

イデー・フィクス(トップ)

情熱的なこの石は、ロードクロサイト(インカローズ)と言い、
『幻想交響曲』の狂おしく恋をするイメージにぴったりだと思い選びました。
レースのような石留めと燻し銀により、夢幻的アンティーク感を出しました。





イデー・フィクス(サイド)

リングのサイドには、恋人のメロディ「イデー・フィクス」が
冒頭の8小節分彫られています。
『幻想交響曲』 好きにはたまりませんが、マイノリティーでしょう。
またそれがいいのです。



概要
プログラム
楽曲分析





[タグ未指定]
[ 2011/01/05 19:25 ] 手芸 | TB(1) | CM(0)

引っ込み思案な孔雀

7年程前に制作のチョーカー 『引っ込み思案な孔雀』 です。

引っ込み思案な孔雀

ネック部分は取り外し可能なので、

ブローチにもなる2WAY使用となっています。

チョーカー

素材は銀とガラスです。

孔雀の首は段々のひらひらで、

本来虹色の羽は大人しめ配色のガラスにしました。

ブローチ

こだわりは、孔雀の冠を留め具にした点と、

おはじきのような素朴な羽、

扇状に羽を広げられない内気な性格描写です。

まさに、引っ込み思案な孔雀です。

この性格は心なしか、作者の本質の投影ではないかと。。。








[タグ未指定]
[ 2010/12/28 20:04 ] 手芸 | TB(0) | CM(0)

祖父母の手作り

 私の母方の祖父は、舶来中古ピアノの修理や解体、調律などをする傍ら、東京の音楽学校で調律を教えたり、オーケストラでヴァイオリンを弾くなどしていました。1954年にバックハウスが来日の際、東京で演奏会を聴きに行ったらしいのですが、祖父が元気だった頃、私はまだ幼かったので、その時の話を直接聞くことができなかったのが残念です。



お箸

 これは、その祖父が作ったお箸です。象牙の飾りがポイントとなっています。私が小学生の時にいただいたものですが、使うのももったいなくて、今まで大事にしまっていました。祖父が亡くなって20年以上も経ちますが、最近になってこのお箸のことを思い出し、10日程前からこれで食事しています。粗食が一段とおいしく感じられます。



まり

 これは、祖母の作ったまりです。祖母も手先が器用で、機織り機でいろいろなものを作っていました。祖父母は愛知県の武豊、私は埼玉県と離れて住んでいたため、夏休みぐらいしか交流がもてなかったのですが、糖尿病のため目が見えなくなった祖母の手をひき、田んぼの中を散歩したのを覚えています。現在このまりは、書棚に飾っています。



 祖父は大変な変わり者だったようですが、隔世遺伝なのでしょうか、私もよく変わり者扱いされます。でも平気です。ミトコンドリアに感謝です。











[タグ未指定]
[ 2010/12/27 12:38 ] 手芸 | TB(0) | CM(0)

たまご&誕生

7年程前に作ったシルバーリング 『恐竜のたまご』 です。

恐竜のたまご1

虹色に光る母岩付オパールがいのちを宿しているような気がしたので、

あえてリングは何も手を加えず、

シンプルな梨地(艶消し)仕上げにしてあります。

恐竜のたまご2

【質問1】
このたまごのお母さんは誰でしょう?







こちらも同じ時期に制作したシルバーリング 『双子の誕生』 です。

双子の誕生1

石はロマンティックなムーンストーンローズクォーツです。

「今、生まれる」 瞬間を表現するために、

留め枠をギザギザの形状にしました。

リング部分には少し彫刻が施してあります。

双子の誕生2

【質問2】
この赤ちゃんが少し大きく成長しました。誰でしょう?






















【答え】
質問1:『化石発掘
質問2:『ぷっくりぺアさかな






[タグ未指定]
[ 2010/12/26 15:02 ] 手芸 | TB(0) | CM(0)

人魚と月

7年程前に制作した銀のバングル 『人魚の涙』 です。

人魚の涙1

人魚が涙を流し、水の泡となって、

暗い海の底深くへと消えてゆきます。





人魚の涙2

しかし、その純粋で清らかな涙は、

やがて繊細な光を放つ真珠へと変容します。





ある夜の静寂な海原に、

満ちゆく白い月が映されました。

その月の光に浮かび上がった真珠は、

儚くも光を湛え、長い年月を経て流され、

波打ち際に打ち寄せられたのでした。





打ち上げられた月

それが、真珠の指輪 『打ち上げられた月』 です。







[タグ未指定]
[ 2010/12/25 14:28 ] 手芸 | TB(0) | CM(0)

海がめ&双子のさかな

昨日ご紹介したタツノオトシゴ 『さびしんぼ』 に友達ができました。



海がめの産卵

『海がめの産卵』 と



ぷっくりペアさかな1

『ぷっくりペアさかな』 です。





3匹とも7年程前に生まれました。

素材は銀で、『海がめの産卵』 はチョーカー、

『ぷっくりペアさかな』 はラリエットです。

ぷっくりペアさかな2

中身は空洞になっていて、ころころかわいいです。




左斜め後ろから

あら?海がめが卵(天然石:ブルーレース)を産んでいます。

友達がたくさん増えそうで 『さびしんぼ』 も嬉しそう、

よかったよかった。






[タグ未指定]
[ 2010/12/21 21:01 ] 手芸 | TB(0) | CM(0)

さびしんぼ

さびしんぼ

7年程前に制作した、タツノオトシゴのペンダント、

『さびしんぼ』 です。

素材は銀ですが、背びれには金箔をのせてあります。

サンゴ礁などに尻尾を絡め、海流にゆらゆら漂う姿をイメージし、

胴体は段々のひらひらという流動的な趣向にしてあります。

『さびしんぼ』 のネーミングの由来はその名の通り、

この表情と佇まいが儚げでさびしそうだからです。



誰か友達になってあげてください。





[タグ未指定]
[ 2010/12/20 18:01 ] 手芸 | TB(0) | CM(0)

カメレオンのハヤワザ

カメレオン1
カメレオン2


6年程前に制作したチョーカー 『カメレオンのハヤワザ』 です。

素材は銀です。

ネック部分は取り外し可能なので、その日の気分により

皮紐やチェーンなどに付け替えてネックレスにもできます。

木の枝(ネック部分)に絡めたカメレオンの尻尾、

長い舌(シルバーチェーン)の先には

捕えた虫(国産パール)が…という構図がこだわりです。

ボディはカメレオン独特のいぼいぼでリアリティを増したので、

磨き方はあえて、存在感を和らげるため

梨地(光沢を抑えた)仕上げにしました。

それでも目立つので、身に着けるにはちょっと勇気がいります。

どこかにチャレンジャーさんはいませんか?





[タグ未指定]
[ 2010/12/17 13:40 ] 手芸 | TB(0) | CM(0)

ド根性ガエル&化石発掘

右下からアップ
上からアップ
ネックレス


逆立ちしてかんガエル』 の姉妹作品の 『ド根性ガエル』 です。

ヘッドの素材は銀と真鍮、

ネックレス部分は四つ編みした茶と黒のレザーと、

真鍮古美のチェーンで二連になっています。

銀と真鍮の組み合わせは実のところ大変な力仕事、

意外と手間がかかっています。

手のかかった子供ほどかわいいと良く聞きますが、

まさにこのカエルがそうで、ネーミングの由来にもなっています。

銀をいぶすことで真鍮の色が映え、味がでます。

地味ながらのこだわりは、カエルの右後足が、

銀の母体から飛び出した留め具のデザインです。

こうすることでヘッドが少し傾き、趣がでます。

どちらかというと、男性に身に着けてもらいたいカエルです。

Tシャツにデニムといったシンプルな装いにいかがでしょうか。





化石発掘


こちらも、同じ素材、技法を用いたネックレス 『化石発掘』 です。

こだわりは、割れたカケラのように無作為なヘッドの側面です。

特に首と尻尾の骨が小さいので難しかったです。

恐竜の化石に見えますか?






[タグ未指定]
[ 2010/12/10 18:14 ] 手芸 | TB(0) | CM(0)

逆立ちしてかんガエル

ブローチ
ネックレス
ヘッドなしネックレス


二年ほど前に制作したアクセサリー 、『逆立ちしてかんガエル』 です。

素材は銀とガラスです。

ブローチ、ネックレス、ヘッドなしネックレスと3WAYです。

ネックレス部分はグリーン系のビーズで

チューブ状のペヨーテステッチとなっています。

こだわりは、大きなくりくりした目と水かきです。

胴体はいろいろな色形のガラスを組み合わせ、

フュージングしました。

銀のうねりや銀粉は、水流やしぶき、水の泡を表し、

透けたガラスでみずみずしく元気なカエルです。













しかし、なんといっても…

かわいいカエル

愛嬌は本物にはかないません。


[タグ未指定]
[ 2010/12/05 21:08 ] 手芸 | TB(0) | CM(0)
全記事表示リンク
月別アーカイブ