FC2ブログ

音楽レッスン帳

クラシックピアノ・ジャズピアノ・エレキギター・作曲・DTM・オーケストラ・パーカッションのレッスン日記 ♪ 姉妹サイト「ニョキリサ」もよろしくお願いします(๑˃̵ᴗ˂̵)

キラキラ合格シール

今日のピアノレッスンで学んだこと


【J.S.Bach】
・拍の頭の音を拾い、それ以外は省略して練習すると音楽の骨組みがわかる
・スキップするような軽いリズムで
・手首を上下左右に回さずに固定して弾くところ
・スタッカートでも少し長めに音を保つところ
・左右が逆転して同じことを繰り返す直前に重心を下げて音色に変化をつける
・音型の通りに下から上へ放物線を描くようなタッチのところ
・拍の Bar を意識し、上か下か迷わない
・快晴のように明るく

【Beethoven】
・cresc. の度合いを上手くする
・長く伸びている音の間にある cresc. があってその次の音は、長く伸びていた音よりも音量をあげる
・Sop. の歌のときの内声部は弱めに
・指の腹で歌うところ(現実的)と、指の先で歌うところ(幻想的)で音色に変化をつける
・一回目の幻想は PP 、二回目は PPP と変化をつける 
・下からスタッカートで上昇する和音は、スタッカートを意識せず Sop. を歌う
・一点に迫ってくる cresc. と、離れて広がっていく cresc.
・十六分音符が二つずつスラーがついているところは、スラーとスラーの間に時間的な余裕をもたせる
・decresc. を上手く
・フレーズの間のブレスをしっかりして余裕をもつ
・速いパッセージで崩れやすいところは、声にだしながら弾く練習をすると良い
 (ソファ | ミソミレドミ ドシラドラソ | ファラファミレファ レドシレシラ | ソシソファミレ ドミドシラソ | ファミレドシラ ソ)
・テンポが走りやすいところ
・左手の歌うラインは指変えなどで上手くつなげる
・掛留音は音を保って
・最後の左手の休符の長さ





 発表会で弾くベートーヴェンを初めて暗譜でみてもらいました。
 次回は、音だけではなく情緒の暗譜もしてくるよう言われました。
 クレメンティは一発で合格し、もらった合格シールを楽譜に貼って、幼少のバイエル時代を想い出し懐かしかったです。




Clementi/Gradus ad Parnassum Op.44 Nr.6
J.S.Bach/Das Wohltemperirte Clavier BWV 860 G-dur ~ PRAELUDIUM
Beethoven/Klaviersonate Nr. 13 Op. 27 Nr. 1 Es-dur ~ 1 mov.










[タグ未指定]
[ 2012/05/27 14:08 ] クラシックピアノレッスン | TB(0) | CM(0)

MIDI メッセージ

昨日の DTM レッスンで学んだこと

・MIDI メッセージについて
・MIDI ケーブルについて
・1バイト=8ビット
・10進数・16進数・2進数
・ステータスバイトとデータバイトについて
・最上位ビット(MSB)について
・MIDI チャンネル
・チャンネルメッセージとシステムメッセージについて
・MIDI THRU と THRU BOX について
・ボイスメッセージとモードメッセージについて




 コンピュータ音楽って、私にとって大の苦手な数字の世界だということを思い知りました。
 でも逆に、全部数値化できるなんてスゴイとも思いました。
 MIDI ケーブルの中で、ものすごい速さでメッセージが送られて音が鳴る過程にも感動です。
 数値と数値の間の曖昧な部分には何があるのだろう、何もないのだろうか・・・などと考えを巡らせたりして楽しかったです。





[タグ未指定]
[ 2012/05/27 08:05 ] DTM レッスン(Cubase) | TB(0) | CM(0)

引越して一年

 埼玉県所沢市から神戸に来て、今日で一年になります。
 慣れない土地で、十年ぶりの社会復帰と両親との同居、色々大変でしたが、実りの多い一年だったと思います。
 裏ではアディクション漬けの日々ですが、幸いなことに音楽や仕事で「許容範囲」にリセットしなんとか一日をこなしているといった状態ではあります。
 アディクションという低俗な位置から、バッハやベートーヴェンという位の高い次元まで、一日の中でジェットコースターのように去来することは精神的にも身体的にも疲労困憊します。
 でも、今のところ、アディクションが私を支えてくれている部分も大きいので(もちろん同時に心身を蝕むものでもありますが)、今の自分には必要な悪癖だと思って受け入れるしかありません。
 五年後、十年後には、二本の足で立てる自分になっていたらいいと思います。
 そのためにも、音楽と仕事を頑張ります。







[タグ未指定]
[ 2012/05/24 03:39 ] 日記 | TB(0) | CM(2)

やればやるほど

昨日のピアノレッスンで学んだこと


【Clementi】
 ・指の上げ下げを小さくし、鍵盤の近くからタッチする。
 ・腕や手首から押し込むようにせず、指の動きだけで弾くように練習する。
 ・一つ一つの音を「1」(下方向)で弾かず、かたまりで弾く。
 ・力を抜く。

【J.S.Bach】
 ・手首や腕の方向はできているが、音が重いために手の動きに音の方向が反映されていないので、ノンレガート、軽いタッチで弾く。鍵盤が熱い鉄板だと思って。
 ・音が無くても和声的に成立する音は、聴こえない程度の弱音でも良いくらい。
 ・この曲の場合、縦の拍感をあまり強調せず、横に流れる。
 ・特に際立たせる音。
 ・特に歌う音。
 ・八分音符のスタッカートは同じ長さにそろえる。
 ・何小節の間にどこからどこまで音が下がるか、順次進行の音を抜き出して良く聴きながら弾く。
 ・シンプルにコンパクトに。

【Beethoven】
 ・音を細分化して速度を安定させる。
 ・左手の応答の二拍目の十六分休符は正確な長さで、次の十六分音符は弱く、あくまで右手が主旋律。
 ・6小節目の cresc. は気持ちを解放する。
 ・のんびりとした気持ちで弾く。次のことを考えて先走らない。
 ・音の厚みを出すために、ペダルを奥までしっかり踏む。
 ・第1部の B は、ソリストと伴奏。右手のソリストの歌う旋律は指の腹を使い豊かに厚みを持たせる。
 ・pp と書かれていても mf にしたりと、強弱記号は音の音量というよりも発想記号的な意味としてとらえる。
 ・長い音価の音を細分化することで、歌いやすくなる。キーをタッチした瞬間だけではなく、鳴っている音も良く聴く。
 ・第2部の Allegro は、拍子も速度も変わるので、あらかじめメトロノームで速度を決めておくと良い。
 ・正確な速さで弾くために、十六分音符のパッセージは2個ずつアクセントをつけて練習。
 ・まだ3連符のように聴こえるので、6個ずつで弾けるようにする。




やればやるほど課題が増えていくような気がします。
終わりがないから、おもしろいのですが。
この数日の生活習慣の怠りのせいか頭の回転が良くなかったので、次回は心身の管理を整えてレッスンに臨みたいと思います。



Clementi/Gradus ad Parnassum Op.44 Nr.6
J.S.Bach/Das Wohltemperirte Clavier BWV 860 G-dur ~ PRAELUDIUM
Beethoven/Klaviersonate Nr. 13 Op. 27 Nr. 1 Es-dur ~ 1 mov.










[タグ未指定]
[ 2012/05/15 06:35 ] クラシックピアノレッスン | TB(0) | CM(0)

セットアップ

昨日のDTMレッスンで学んだこと

・セットアップデータの重要性。
・システム エクスクルーシブ メッセージ について。
・F0 7E 7F 09 01 F7 (「システムに接続せれたすべてのGeneral MIDI対応機器のGeneral MIDIシステムをONにせよ」)でGMリセット。
・プログラムチェンジデータについて。
・CC0(バンクセレクト MSB)
・CC32(バンクセレクト LSB)
・CC7(チャンネルボリューム)
・CC10(パン)
・CC11(エクスプレッション)
・CC91(エフェクトデプス1 リバーブ センド レベル)
・CC93(エフェクトデプス3 コーラス センド レベル)
・CC101(RPN MSB)
・CC100(RPN LSB)
・CC6(データエントリー MSB)
・MIDIデータの互換性とSMFについて。
・フォーマット0と1について。



 1小節目にセットアップデータを入れないと、違う環境では同じように音が鳴らない事態が起こる仕組みがわかりました。
 今まで先生に送っていたファイルがピアノで鳴っていたとはつゆ知らず・・・。
 紙の楽譜では1小節目から曲が始まるのが普通ですが、DTMでは1小節目でリセットし下準備、2小節目から曲が始まるということにまだ少し違和感はありますが、そういうものなんだと納得しました。




[タグ未指定]
[ 2012/05/13 04:57 ] DTM レッスン(Cubase) | TB(0) | CM(0)

ギャラリー作りました

ホームページにギャラリーのコーナーを作ってみました。
BGM付きのFlashスライドショーです。
30分弱と長いので、お暇なときご覧ください。


http://kai-moriyama.com/gallery.html












[タグ未指定]
[ 2012/05/06 09:16 ] 日記 | TB(0) | CM(0)
全記事表示リンク
月別アーカイブ