FC2ブログ

音楽レッスン帳

クラシックピアノ・ジャズピアノ・エレキギター・作曲・DTM・オーケストラ・パーカッションのレッスン日記 ♪ 姉妹サイト「ニョキリサ」もよろしくお願いします(๑˃̵ᴗ˂̵)

打ちおさめ

 昨日のオーケストラの練習は、今年最後の打ちおさめとなりました。
 ソリストのいないコンチェルトの練習はさらに難しく、音が抜けてしまうことが多かったです(ティンパニは休止が多いので、数え間違えると入り損ねてしまうのです)。
 
 普通に音楽を聴くときは全体の音を聴いていますが、ティンパニの音だけを抽出して聴くと、作曲家や演奏者の意図でいろいろな事をやっていることがわかり面白いです。

 今回の曲目はトレモロが多く、沢山音の粒を入れてほしいと指揮の先生に要望されたので、年末年始の休日はトレモロがきれいにできるようにがんばらなくてはと思います。
 毎晩、夢の中に楽曲の一部の難所のフレーズが繰り返し頭の中で鳴り続けるのが辛いです。
 これを乗り越えて、「オレについて来い!」的な心の強さと男の余裕を、ティンパニの前にたったらそう豹変するように、気持ちの切り替えと熟練を心がけたいと思います。
 
 なんでもそうですが、なりきることが大事です。





練習曲目
グリーグ:ピアノ協奏曲 イ短調 作品16
ラフマニノフ:ピアノ協奏曲 第2番 ハ短調 作品18
チャイコフスキー:交響曲 第2番 ハ短調 「小ロシア」 作品17







[タグ未指定]
[ 2012/12/24 19:09 ] オーケストラ | TB(0) | CM(0)

敢えて表現しないことの・・・

昨日のピアノレッスンで学んだこと

【シューベルト】
 ・表現しないように表現する(強弱やハーモニーの変化だけで、過剰な表現を必要としない曲のため)
 ・メロディと内声とバスのバランス
 ・メロディだけのクレッシェンドとデクレッシェンド、バスはメロディにつられて動じず一本道で
 ・高潔な冷たさとハーモニーの移ろう美しさ
 ・トリルはティンパニ的ではなく、メロディを支える程度に
 ・クレッシェンドしたくなるところがあるがガマン、譜面の指示を忠実に守る
 ・歌曲を多く書いたシューベルト、ピアノ曲も歌うように
 ・ペダリング
 ・フォルテからすぐにピアニッシモ f - pp
 ・長いピアニシシモ ppp
 ・動かさず(若者の恋愛にせず)、あふれるものをあえて抑えて静かに



 「表現しないように表現する」ことの難しさ、そこに能楽の表現に通じるものがあると感じました。
 静寂だからこそ惹きつけるものがあり、そうしたくても敢えてしないとか、熱い感情を隠すとか・・・、成熟した心の持ち主じゃないと、シューベルトが欲した音楽(機微)にはできないだろうことを感じます。
 すべてを受け容れる孤独な精神が必要です。
 そういう意味で大変な曲を選んでしまったと思います。
 少なくとも、年相応な精神年齢に成長しなければ。。。いえいえ、それを飛び越えて老成の慈愛に到達し(未熟ながらも、その気になるのが大事!)、春の憧れや秋の寂寥を感じたいです。




Schubert : Impromptu D 899,Opus 90 No.3 Ges-Dur






[タグ未指定]
[ 2012/12/24 18:26 ] クラシックピアノレッスン | TB(0) | CM(0)

MIDI 検定(3級)の結果発表

一昨日の DTM レッスンで学んだこと

・ギターの打ち込み時の注意点
・スコアに頼らず耳で聴き取る練習
・それぞれの楽器の特徴(音域、コードの並び、運指、音のラインなど)

 先日の MIDI 検定試験(3級)、なんとか合格できました。
 来年の試験(2級)は筆記に実技が加わるので、今から打ち込み練習をたくさんしないと間に合わないのでがんばりたいと思います。
 進み具合がかなり遅い私を根気強く導いてくださる先生に感謝しています。



MIDI LICENSE





[タグ未指定]
[ 2012/12/24 17:16 ] DTM レッスン(Cubase) | TB(0) | CM(0)
全記事表示リンク
月別アーカイブ