FC2ブログ

音楽レッスン帳

クラシックピアノ・ジャズピアノ・エレキギター・作曲・DTM・オーケストラ・パーカッションのレッスン日記 ♪ 姉妹サイト「ニョキリサ」もよろしくお願いします(๑˃̵ᴗ˂̵)

音楽にのるということ

昨日のティンパニレッスンで学んだこと

【ラフマニノフ:ピアノコンチェルト第 2 番 から 第 3 楽章】 
 ・マレット選別
 ・マレットがヘッドに触れている時間を短くし軽目に打つ
 ・叩こうとすると力んで痛い音になるので、力を抜いて落とすイメージ
 ・弱音で長いトレモロのところは音の粒を出さないよう ロングトーンのように響かす
 ・音量は抑えても芯のある音で
 ・休符の後に入るとき、入りは遅く直後は走るので正確なテンポで
 ・スタッカートがついているつもりで軽目にするところ
 ・CD をかけながら練習
 ・自分の演奏を録音して聴きなおしてみる
 ・ B の音がよりきれいに鳴る楽器のサイズ
 ・よく使う属音と主音は隣りにする
 ・音替えの計画と準備
 ・椅子の高さ
 ・響きがこもらないよう、前へ渡すイメージ
 ・休符でミュートするところとしなくてもいいところ
 ・マエストーソで受け渡す一打のニュアンス
 ・音楽に乗る
 ・左右の手順の考察
 ・トレモロのダイナミクスを付けた練習


 先生から「あまり頑張りすぎないように」と言われました。
 一生懸命になりすぎると、かえって音が固く強くなったりリズムも不自然になってしまうので、もっと気楽な軽い気持ちで音楽にのっかると良いということです。
 「一度何も考えずやってみてください」と言われ、そのようにしてやってみた時、「そんな感じです!」と言われて、良い意味で気が抜けて思わず笑ってしまいました。
 「音楽を楽しむ」とか、「音楽と共に生きる」って、頭であーだこーだとこねくり回さず、こんなふうに自然に感じていればいいんだ、音楽は自然な展開と調和でもって作られているのだから、それを素直に感じて音にしていけばいいんだ、と腑に落ちた一言でした。

 音楽に限らず、自分の生き方ももっと自然に、自分を追い込まず、と見直していきたいと思います。
 誰かの許しをこうように、誰からも責められないように、絶えず頑張っていなければならないと自分で自分を苦しめているところがあります。
 たとえ誰かに認めてもらえても、自分で自分を認めてあげないと終わることのない孤独な戦闘人生です。
 究極は自分との和解なのだと思います。
 それが「自然」とか「単純」ということなのかもしれないと感じました。
 つまりは、作り過ぎないこと、逆らわないことだと・・・。



 

[タグ未指定]
[ 2013/04/29 09:02 ] ティンパニレッスン | TB(0) | CM(0)

GM 2

昨日の DTM レッスンで学んだこと

 ・GM 2(General MIDI System Level 2) の概要
 ・Level 1 との比較
 ・セットアップの変更
 ・MIDI 試験(実技)の過去問


 来年の実技試験に向けて、1 曲の課題曲を 90 分で 打ち込めるように練習していくという目標ができました。
 間際になって慌てないよう、今からコツコツ継続してがんばります。





[タグ未指定]
[ 2013/04/28 07:50 ] DTM レッスン(Cubase) | TB(0) | CM(0)

さじ加減

昨日の DTM レッスンで学んだこと

 ・PQ コード
 ・MS 処理
 ・CD にする場合は最後の曲が終わった後の空白を長めにとる
 ・S/PDIF とコアキシャルケーブルについて


 弦楽四重奏曲 "ANAMNĒSIS" の第 3、4 楽章を録音しました。
 両楽章は attacca でフェルマータの総休止の後、続けて演奏されるので、4 楽章に移るタイミングにこだわりました。
 次は、 全楽章通して聴きながら、それぞれの楽章の音量や質感に違和感がないか、ひとつの曲として統制がとれているかバランスを確かめ調整していく作業になります。
  CD にすると音が劣化するため、それを見越して幾分倍音や音量を多めに入れるさじ加減が面白いと思います。




[タグ未指定]
[ 2013/04/24 06:29 ] DTM レッスン(ProTools) | TB(0) | CM(0)

山に登ってみると

 昨日のオーケストラの練習でティンパニやフルートの先輩に教えていただいたこと

 ・ヘッドに押さえつけず、素早くあげる
 ・グロッケンのバチの持つ位置とあげる速さ
 ・曲に乗る
 ・出だしを早めに
 ・適した音量(周りが聴こえるか否かを判断基準に)
 ・ロールのはじめの一音をはっきりとさせるところ
 ・CD を聴き込み暗譜すると指揮者に集中できる
 ・自分の演奏を録音し客観的に聴き確かめる
 ・スコアを読みながら CD を聴きティンパニのその時々のポジションを考える
 ・リズム感を得るためメトロノームをかけ歩きながら練習 


 神戸に転居してから来月で 2 年になりますが、自宅から数分のところにずっと気になっていた裏山があって、今日初めて登ってみました。
 山の中腹にありました!ずっと探していたスネア(練習台)の「朝練」にピッタリな空間が。
 これで近所に気兼ねなく大きな音で練習できそうです。
 オマケに森林浴もでき、眺めも良いし、空気もおいしいし、小鳥は鳴いているし、雨露しのげる屋根付きのベンチもあります。
 明日からここで音感や心身を鍛えようと思います。



 





練習曲目
チャイコフスキー:交響曲 第2番 ハ短調 「小ロシア」 作品 17
ラフマニノフ:ピアノ協奏曲 第2番 ハ短調 作品 18
チャイコフスキー:「眠れる森の美女」より ワルツ
グリーグ:ピアノ協奏曲 イ短調 作品 16



[タグ未指定]
[ 2013/04/22 17:14 ] オーケストラ | TB(0) | CM(0)

ペースをあげよう

 今日のピアノレッスンで学んだこと

【クラーマー = ビューロー】
 ・ff のアルペジオ、p から長いクレッシェンドを経て ffz のクライマックスまで一息でいくためのクレッシェンドの配分を考える
 ・クライマックスの直後はテンションを下げすぎずキープ
 ・クレッシェンドの始まりを早まらないで
 ・音型によって 2 拍で一つのところと 1 拍ずつのところ
 ・減七の fz はしっかり響かせる
 
【 J.S.バッハ】
 ・始まりは金管楽器ではなく木管楽器のように
 ・トリルのあとの音が重すぎる
 ・横に流れる
 ・軽いタッチで
 ・間奏の同じ音が続く音型は二つ目の音を引き直さず塊で弾く
 ・バスが重すぎる
 ・テーマの入りはいきなり強く入らない
 ・カデンツの解決を丁寧に
 ・緊張感をもたせるところ
 ・発音を明確にするため指を上げるが押さえつけすぎず軽く
 ・腕を縦に振らない

【シューベルト】
 ・ペダルが濁らないように
 ・同じ圧力で
 ・音の方向性を考える
 ・大きな気持ちで弾く
 ・バスがメロディについていく感じ
 ・内声の親指の音が強くならないように
 ・声部によって様々な音の厚みがあるが弧はどの声部も同じカーブで描くとダイナミクスが広がる
 ・最後の 3 小節のソプラノは小指を立てて音を際立たせる



 今日はいつもよりも細かく注意されました。
 いかに何も考えず指先で弾いていたのかが思い知らされ、もっと敏感に感覚を研ぎ澄ませて練習を積まなければいけないと思います。
 眉間にシワができそうで、時々ごりごりマッサージするのがクセになってきました。
 
 今日から始まったクラーマー = ビューローは、クレメンティよりも明瞭でサッパリと思い切りがよく、練習していて気持ちが良いです。
 60 曲ありますが、ワンレッスンで 1 曲ずつ合格できるように、ペースを上げてがんばりたいです。





クラーマー = ビューロー/60 練習曲 ~ 第 1 番
J.S.バッハ/平均律クラヴィーア曲集 第 Ⅰ 巻 BWV 858 嬰ヘ長調 ~ フーガ
シューベルト/4 つの即興曲 D 899 ~ 第 3 曲 変ト長調







[タグ未指定]
[ 2013/04/21 14:48 ] クラシックピアノレッスン | TB(0) | CM(0)

パワーコード手が痛い

今日のエレキギターレッスンで学んだこと

 ・休符
 ・シンコペーション
 ・曲
 ・パワーコード
 ・ミュート

 パワーコードは手が広がらず痛くなりますね。薬指を小指に変えてズルしていたらバレてしまいました。
 練習を重ねるうちに広がるといいのですが。。。



[タグ未指定]
[ 2013/04/16 20:06 ] エレキギターレッスン | TB(0) | CM(0)

芯のある音

 先日のティンパニのレッスンは、一ヶ月後の演奏会で演奏するラフマニノフのピアノコンチェルト 2 番(第 1 楽章)をみていただきました。

 ・クレッシェンドしながらのロール
 ・ヘッドをなぞったような音ではなく、p であってもケトル全体を響かせた芯のある音
 ・オープンとクローズ
 ・マレット替え
 ・最後のミュート
 ・粒をはっきりさせるクリアな音
 ・粒を出さないロングトーンのロール
 ・ロールで一方から他方のティンパニに移るとき、音価ぎりぎりまで入れ途切れないように
 ・休符のあとに出る音は早めに
 ・ロールのフォーム
 ・デクレッシェンドしながらのロールの次の音は打ち直さなくてよい




 前回のバスドラムのレッスンの時にも言われましたが、その楽器本来の音を出すようにと繰り返し指摘されました。
 楽器の表面だけでなく全体を響かせるイメージで芯のある音。
 先生のお手本の音を聴いて、良い音と悪い音の区別ができるように耳を肥やしていきたいです。








 



 

[タグ未指定]
[ 2013/04/16 19:49 ] ティンパニレッスン | TB(0) | CM(0)

実はメインの裏で鳴っている

昨日の DTM レッスンで学んだこと
 
 ・音量や音圧を上げて音楽に厚みをもたせるため、 60 ~ 80 もの音色がメインのボーカルや楽器を邪魔しない程度に入れられていること
 ・ドラムやベースは特別な事情がない限り 64 のセンタ―
 ・マスターボリュームは全トラック 100 にそろえベロシティで微調整
 ・ドラムエディターとピアノロール 
 ・DDP(Disc Description Protocol)について
 ・12 月の MIDI 試験に向けての計画

 これからは楽譜見ながら音をつくることから、音楽を聴いて音にしていく方向でレッスンが進められます。
 読譜から、聴音とか採譜のステージに移ります。
 知らないことを吸収したり、やったことがないことを経験すること、やり残したことを再挑戦することは、いくつになってもワクワクします。





[タグ未指定]
[ 2013/04/14 10:37 ] DTM レッスン(Cubase) | TB(0) | CM(0)

CD 用と配信用

昨日の DTM レッスンで学んだこと

 ・プラグインの保存
 ・デフォルト設定
 ・キーボード・ショートカット
 

 弦楽四重奏曲の 1 楽章から 2 楽章まで wav ファイルを作りました。
 CD 用と配信用と別個に、前者は倍音を上げて音量をギリギリまで入れ、後者は倍音はほどほどにナチュラルな感じに仕上げました。
 曲自体は 大学の卒業制作として 3 年前に作ったものなので、今聴くと、あーすればよかった、こうすればよかったと思うところはたくさんありますが、当時持っていた感性や知識を振り絞って書いたものなので、これはこれとして手を加えずにおいておきたいと思います。
  1 年 1 ヶ月の入院生活の中で、多くの患者さんの励ましをいただきながら書き上げた曲です。


soundcloud





[タグ未指定]
[ 2013/04/11 20:43 ] DTM レッスン(ProTools) | TB(0) | CM(0)

エチュード切り替え

今日のピアノレッスンで学んだこと

【クレメンティ】
 ・レガートのフレーズは手も動かして繋げる
 ・テンポをあげる

【J.S.バッハ】
 ・バッハの時代様式、イタリア的な明るさ、ブランデンブルク協奏曲のようなはまったテンポで
 ・軽くアップボウなバス
 ・際立たせる声部はしっかり、抑える声部は手前に、声部間の音色を変化させ独立して聴こえるように
 ・伸びている音の間に違う声部が入っても、伸びている音をしっかり聴き次へ繋げる
 ・曲の構成や転調に沿って音量や音色に変化をつける
 ・なんとなくではなく、一瞬にはっきりと変化させる
 ・バスのテーマから dis-moll のカデンツでのクライマックスと、それに続くストレットの変化を明瞭に
 
【シューベルト】
 ・首尾一貫した内声の 6 連符のように心をざわつかせず、ソプラノとバスのように静かな気持ちで弾く
 ・弾き始めはゆったりと構え(この曲の場合)、聴衆へ視覚からも曲調を伝え雰囲気をつくる
 ・家のピアノとホールのピアノでは違って聴こえるので、どの声部を聴いていくかを決めておく(自然と声部間のバランスが良くなる)
 ・ソプラノとバスを同時に聴くところ
 ・激しい中間部のソプラノの 5 度跳躍は少し溜めて歌う
 ・裏拍から入る直前の休符もしくはタイで結ばれた音符を感じる
 ・バスの訴え掛けるところ、歌うところはレガート
 ・バスの 3 連符のはじめはいったん p にしてクレッシェンド、入る前にいったん一つの運動をする
 ・拍感を感じて
 ・コーダの同じフレーズの繰り返しで 5 度跳躍から 7 度跳躍の変化は少し溜めて
 ・ペダリング


 今日は先生に褒められてスキップして帰りました。
 エチュードのクレメンティはつまらない曲ばかりだねという話になり、次回からクラーマー=ビューローに切り替えることになりました。
 たしか、音高受験の時に 1 曲だけ勉強した記憶があります。60 曲ありますが、第 1 番から気持ちを新たに取り組みます。




Clementi/Gradus ad Parnassum Op.44 Nr.15
J.S.Bach/Das Wohltemperirte Clavier BWV 858 Fis-dur ~ FUGA
Schubert/Impromptu D 899,Opus 90 No.3 Ges-dur






[タグ未指定]
[ 2013/04/07 13:54 ] クラシックピアノレッスン | TB(0) | CM(0)

エレキギターレッスン初日

今日のエレキギターのレッスン初日で学んだこと

 ・チューニング
 ・ギターの構え方
 ・タブ譜の読み方
 ・左手の押さえ方とピックの持ちかた
 ・シングルノート
 ・ダウンピッキングとオルタネイトピッキング
 ・空ピック
 ・運指
 ・同じフレットで弦移動する場合
 ・休符


 

[タグ未指定]
[ 2013/04/02 19:52 ] エレキギターレッスン | TB(0) | CM(0)

譜めくりで

 演奏会まで大詰め、昨日ははじめてのソリストとの合同練習でした。
 グリーグでは、ピアノの譜めくりをしました。
 折り目もヨレも注意書きも目立たない楽譜をめくりながら、危機感を覚えました。
 たどたどしく鍵盤上を滑る指を見ながら、自分の音大時代の拒食期のころと重なりフラッシュバックしていました。
 自分も、昔こんなふうだったと。
 階段を数段上るのも、お風呂で頭をゴシゴシ洗うのも、厚手のコートを羽織っているのも息切れするような体力でした。
 このソリストの精神面のことはわかりませんが、なぜか昔の自分を傍観している感覚に襲われ悲しくなりました。
 つぎに、「一体どうなっちゃうんだろう」という不安と焦りが募ってきて、しばらく震えが止まりませんでした。 

 その後紆余曲折しながら、なんとか解決が見えてきてひとまず安心したところです。
 私がソリストに勝手に同化し成り代わってしまったものだから、自分も一緒に怒られている感じがして人ごとではなかったです。
 でもこれも良い経験、苦い教訓、自分への一喝として大事にしたい出来事です(もう二度と味わいたくないですが・・・)。



 





練習曲目
グリーグ:ピアノ協奏曲 イ短調 作品 16
チャイコフスキー:交響曲 第2番 ハ短調 「小ロシア」 作品 17
ラフマニノフ:ピアノ協奏曲 第2番 ハ短調 作品 18



[タグ未指定]
[ 2013/04/01 15:16 ] オーケストラ | TB(0) | CM(0)

バスドラムレッスン

昨日のパーカッションレッスンで学んだこと

 ・バスドラムの設置法(傾ける角度など)とチューニング法
 ・バスドラムの打つ箇所は中央より少し下あたり(チャイコフスキー「小ロシア」に関しては)
 ・バスドラムのスティックの選別
 ・スティックの先だけをあてず広い面で打つ
 ・楽器全体を響かせるイメージ
 ・良い姿勢で
 ・バスドラムの本来の芯のある音
 ・バスドラムと銅鑼の設置位置の工夫とスティック置き場を作ること
 ・銅鑼の打つ位置
 ・銅鑼のミュート
 ・長い休止は数えることより音楽に集中する
 ・合わせるときはテクニックのことは全部忘れて出したい音をイメージする
 ・堂々と思い切ってやる
 ・ティンパニの練習課題


 ほとんどバスドラムだけでレッスンが終わってしまいましたが、単純で簡単そうに見えますが大変奥の深い楽器であるとあらためて思いました。
 ある意味ティンパニよりも難しく感じました。
 銅鑼の位置を変えただけで、バスドラムから銅鑼への移動がスムーズにでき、「あんなに慌ただしく感じたのはなんだったんだろう・・・」とおかしくて笑っちゃうぐらい余裕ができました。
 これで、指揮者の合図に集中して思い切りできると思います!



[タグ未指定]
[ 2013/04/01 10:14 ] ティンパニレッスン | TB(0) | CM(0)
全記事表示リンク
月別アーカイブ