FC2ブログ

音楽レッスン帳

クラシックピアノ・ジャズピアノ・エレキギター・作曲・DTM・オーケストラ・パーカッションのレッスン日記 ♪ 姉妹サイト「ニョキリサ」もよろしくお願いします(๑˃̵ᴗ˂̵)

打楽器奏者としてデビュー

 5 月 19 日、無事に演奏会が終わりました。
 打楽器奏者として、初めて大舞台にたたせていただき、貴重な経験として心に刻まれました。
 今回は、ティンパニ、バスドラム、銅鑼、グロッケンと、複数の楽器を受け持つことができ、それぞれに悩み抜きましたが、本番は楽しくできました。
 打楽器初心者にもかかわらず、昨年の 8 月に入団させていただき、指揮の先生やレッスンの先生、打楽器の先輩、経験豊富な団員の方々に、いつも親身に教えていただき、とても感謝しています。
 また 10 月も素晴らしい演奏会となるよう、練習を積んでがんばりたいと思います。


ティンパニを演奏


プログラム
ラフマニノフ:ピアノ協奏曲 第2番 ハ短調 作品 18
グリーグ:ピアノ協奏曲 イ短調 作品 16
チャイコフスキー:交響曲 第2番 ハ短調 「小ロシア」 作品 17

アンコール
チャイコフスキー:「眠れる森の美女」より ワルツ






[タグ未指定]
[ 2013/05/28 09:56 ] 発表会・演奏会・ライブ | TB(0) | CM(0)

再インストール

 25 日の DTM レッスンで学んだこと 

 MIDI の信号はきているのに音がならないということで、先生に原因を探していただきました。
 先日、インストールしなおしたときに、何かの手違いで音源が入っていなかったことが判明。
 おそらく再びインストールしたら、音がなるようになるだろうというところでレッスンは終わりました。
 


 これからしばらくの間、レッスンをお休みします。







[タグ未指定]
[ 2013/05/28 09:39 ] DTM レッスン(Cubase) | TB(0) | CM(0)

ANAMNĒSIS

先週 22 日の DTM レッスンで学んだこと

 ・複数のクリップを統合し、曲間や最後の空白を調整
 ・44.1kHz 24bit 、16bit 、MP3 (ビットレートも調整)でエクスポート
 ・iTunes で CDDB 登録

楽しみにしていた弦楽四重奏曲 "ANAMNĒSIS" の録音が完了しました!
soundcloud



しばらくの間、レッスンをお休みします。







[タグ未指定]
[ 2013/05/28 09:09 ] DTM レッスン(ProTools) | TB(0) | CM(0)

きまらない

 今日のレッスンもオープンコードの練習でした。
 一度にかちっとコードチェンジがきまらないので、何回も繰り返し練習して自然にフォームが作れるようになりたいです。



 これからしばらく、レッスンをお休みします。






[タグ未指定]
[ 2013/05/21 20:11 ] エレキギターレッスン | TB(0) | CM(0)

塵も積もれば

一昨日のエレキギターレッスンで学んだこと

 ・オープンコード
 ・コードチェンジ
 ・一度でフォームが作れるよう練習を積む
 ・指がそらないように
 ・正しい指使いで

 どんなに時間がなくても、どんなに疲れていても、一日に一度は楽器に触れることを日課にしていきたいです。
 塵も積もれば山となるって言いますからね。
 自分は音楽をやっているという意識を維持するにも、この日課は大切だと思います。


 

[タグ未指定]
[ 2013/05/16 06:10 ] エレキギターレッスン | TB(0) | CM(0)

演奏会まで最後のレッスン

昨日のパーカッションのレッスンで学んだこと

【グロッケン】・・・チャイコフスキー:眠りの森の美女
 ・バチを持つ位置
 ・あまり上げ下げせず楽器の近くで打つ
 ・打つ場所は中央
 ・R か L か決めておく
 ・今打つところではなく次に打つところを見ていくと遅くなるのを防げる
 ・音量を均等に
 ・楽節の区切りと最後はミュートする

【ティンパニ】・・・ラフマニノフ:ピアノ協奏曲第 2 番
 ・ロールしながらの cresc. と decresc.
 ・ラフマニノフとチャイコフスキーの音量の違い
 ・両端楽章の最後のミュート
 ・終楽章のマエストーソの一打
 ・深いロール
 ・表に出るところと影で支えるところ
 ・カデンツの土台的な音
 

 本番まで残り一週間となり、演奏会向けのレッスンは最後となりました。
 だいぶ音がティンパニらしくなってきたと褒められて嬉しかったです。
 打楽器奏者として初めて舞台に立ちます。 
 ティンパニ、バスドラム、グロッケンに銅鑼と、色々な楽器ができて楽しみです。
 先生に良い結果報告ができたらいいなと思います。




 

[タグ未指定]
[ 2013/05/13 20:40 ] ティンパニレッスン | TB(0) | CM(0)

方向性の見直し

 一昨日の DTM レッスンでは先生との話し合いの結果、レッスンの方向性を見直し、時代の流れに沿った、より実践的な内容へシフトすることになりました。
 Cubase をインストール時、あまりよく読まなかったので付属のデモ版も勢いでインストールしてしまい、ソフトをたちあげるたびに英語でなにか聞いてくるのが面倒だったのですが、余分なものをアンインストールして、必要なものだけインストールしなおしてすっきりできました。
 シンプル イズ ベストってこのことです。




[タグ未指定]
[ 2013/05/13 20:07 ] DTM レッスン(Cubase) | TB(0) | CM(0)

コードチェンジ

今日のエレキギターレッスンで学んだこと

 ・オープンコード
 ・コードチェンジ時の裏拍の開放弦と同時に次のコードの準備
 ・空ピック
 ・一つの指で二本の弦を同時に押さえる時の指のフォーム


 私の拙いコードのビートに合わせて、先生が即興でメロディを弾いてくれるのが楽しいです。
 

[タグ未指定]
[ 2013/05/09 20:07 ] エレキギターレッスン | TB(0) | CM(0)

アナログプリアンプ

昨日の DTM レッスンで学んだこと

 ・音に温かみ、厚みを持たせるために、デジタルからアナログのプリアンプを経由しデジタルに返す技術
 ・全楽章のオーディオをインポートし 4 トラック上に並べ、ミュートしながらそれぞれの音量を調節し均等をはかる
 ・Solid State Logic(SSL)の VHD で倍音成分を足す
 

 つまみを 1 mm 動かしただけで変化があるので機械の精密さに驚きました。
 アナログを介すると、音に人間味が加わることがわかりました。
 次回で弦楽四重奏曲の全楽章が完成する予定で楽しみです。



[タグ未指定]
[ 2013/05/08 06:34 ] DTM レッスン(ProTools) | TB(0) | CM(0)

仲良くなってきた

今日のピアノレッスンで学んだこと

【クラーマー = ビューロー】
 ・外声をしっかり響かせ、内声は鍵盤の近くで音量を抑える
 ・テンポをあげる
 ・フレーズから次のフレーズに向かうつなぎの部分の p から cresc.

【J.S.バッハ】
 ・音型にしたがって強弱をつける
 ・テーマの中のトリルは記号ではなく音符として書かれているように感じて
 ・テーマの中間の八分休符でフレーズ感が止まらないように
 ・テーマの八分音符はレガート、間奏の八分音符はポルタメントで
 ・間奏の十六分音符の同音にアクセントをつけず塊で感じる
 ・dis-moll のカデンツで rit. かけない
 ・最後は堂々と終わる

【シューベルト】
 ・メロディに対する性格付けのバスもたっぷりと歌う
 ・ソプラノとバスが同時進行で歌うところはペダルなしで
 ・バスのクロマティック上行のところは大切に
 ・アゴーギク
 ・中間部のバスの印象的な動機のところはペダルなしで
 ・中間部から主部に戻る手前のソプラノ Es の連打は意味を持たせて響かせる
 ・バスだけの練習ではソプラノを歌いながら和声を感じて 

 以前よりも余計な力が入らなくなり自由になりました。
 気持ちが指に、指からピアノに音となって伝わっていくのを感じます。
 だいぶピアノと仲良くなってきました。
 ピアノが私の一部になるためにあくせくしていた十代はなんだったんだろうって思います。
 心と身体はつながっているとよく言われますが、そのとおりなんだなぁ。
 あまり物事や自分自身のことにとらわれず、音楽のように流れていったらいいのかなと、ふと思いました。
 








クラーマー = ビューロー/60 練習曲 ~ 第 2 番
J.S.バッハ/平均律クラヴィーア曲集 第 Ⅰ 巻 BWV 858 嬰ヘ長調 ~ フーガ
シューベルト/4 つの即興曲 D 899 ~ 第 3 曲 変ト長調




[タグ未指定]
[ 2013/05/05 16:05 ] クラシックピアノレッスン | TB(0) | CM(0)

ネックが下がらないように

昨日のエレキギターレッスンで学んだこと

 ・開放弦を含んだパワーコード
 ・ミュートのいろいろ
 ・オンコード(分数コード)
 ・あるロックの曲のリフ
 ・アルペジオ
 ・オープンコード


 指のフォームをそのままにフレットを移動することや、一度で数本の弦をかっちりおさえること、弦をおさえながら人差し指で 6 弦をミュートするのが難しいです。
 だんだんネックが下がってくるのをよく注意されます。
 ネックを少しあげたり、親指をネックの裏に回すだけで届かなかった指が楽になったりするので、音がうまく鳴らないのは手の大きさの問題とは限らないことがわかりました。





[タグ未指定]
[ 2013/05/01 06:06 ] エレキギターレッスン | TB(0) | CM(0)
全記事表示リンク
月別アーカイブ