FC2ブログ

音楽レッスン帳

クラシックピアノ・ジャズピアノ・エレキギター・作曲・DTM・オーケストラ・パーカッションのレッスン日記 ♪ 姉妹サイト「ニョキリサ」もよろしくお願いします(๑˃̵ᴗ˂̵)

コードスケール(メジャーのダイアトニック) ②

昨日のジャズピアノレッスンで学んだこと

【DTM・作曲】
 ・ミキサーで音を大きくする手順 
 ・マキシマイザーとコンプレッサー
 ・ベースとドラムのコンプレッサー
 ・MIX のかかり具合の調整
 ・ハリオンで OUTPUT のふりわけ
 ・MIDI トラックとインストゥルメント トラック

 ・曲調をあわせてバランスよくする。一部だけ変わっていると変に聞こえる。(⑤)
 ・AV の音を直す。(⑤)
 ・ピアノ左手のコードが少ない部分は音を足す。(⑤)
 ・フレーズが長いところは途中で息継ぎの休符を入れる。(⑥)
 ・四分音符が続くところは、リズムをかえてもいい。(⑥)
 
  Jazz Lesson 5
  Jazz Lesson 6


【実技】
 ・JORDU
 ・All of me  
 ・After You've Gone
 ・You And The Night And Music
 ・Now's the time でブルースのアドリブ 
    
 課題
  ・アドリブ練習
  ・LIKE SOMEONE IN LOVE




【理論】
 コードスケールの続き
  ・AEOLIAN(AEO) = ナチュラルマイナー/Ⅵm7 
  ・LOCRIAN(LOC)/Ⅶm7(♭5)
  
 課題
  ⑦⑧の Sec.D と裏コードを使ったコード進行にメロディを作る
  ・LYD♭7 の ♯11 を 2 コくらい入れる
  ・テンションを目立たせる
  ・各コードごとにコードスケールと AV とTE を書き出してみて考える

  Jazz Lesson 7
  Jazz Lesson 8



 先生からお借りした CD


 ♪ Geri Allen, Charlie Haden & Paul Motian 『In The Year Of The Dragon』
 ♪ Vladimir Shafranov Trio 『Portrate In Music』















[タグ未指定]
[ 2013/11/30 05:47 ] ジャズピアノレッスン 1 | TB(0) | CM(0)

やる気がでない

 今日のピアノレッスンで学んだこと。

【クラーマー=ビューロー】
 ・裏拍のメロディを感じて歌う。
 ・装飾音リズミックに。
 ・moll に変わるところは少し dim. して。

【J.S.バッハ】
 ・装飾音は左右の拍をあわせる。
 ・各声部テーマの入りは下から入る。
 ・フレーズの終わりを丁寧に。
   
【ブラームス】
 ・全体的にレガート、テヌートで豊かな音色で。
 ・ペダルなしでも、指替えをしてレガートで。
 ・上から弾かない。
 ・ペダリング。
 ・正確に丁寧に。
 ・音の跳躍はたっぷり時間をとる。


 何のために音楽をやっているのかわからなくなってきてモチベーションが上がりません。
 以前の高い志を保てなくなってしまい、練習も身に入りません。
 目的を見失っているのだと思うので、明確にしてなんとかしないといけないと思います。
 とりあえずの目標は三か月後の発表会で演奏することなので、それに向けてがんばります。


クラーマー = ビューロー/60 練習曲 ~ 第 3 番
J.S.バッハ/平均律クラヴィーア曲集 第 Ⅰ 巻 BWV 858 嬰ヘ長調 ~ フーガ
ブラームス/二つのラプソディー 2 番 Op.79-2




[タグ未指定]
[ 2013/11/18 13:54 ] クラシックピアノレッスン | TB(0) | CM(0)

コードスケール(メジャーのダイアトニック) ①

今日のジャズピアノレッスンで学んだこと


【DTM・作曲】
 トラックごとにミキサー
  ・ボリューム・・・ステレオトラックのフェーダーをできるだけ上げる。
  ・パン・・・メイン楽器とドラムをセンターに、ピアノとベースは左右に振る(少人数の場合は大きく振らない)。
  ・イコライザ・・・ドラムとベースは低音域を下げる。ピアノは中音域を上げると豊かになる。
  ・リバーブ・・・全体的にかけすぎないように、特にドラムとベース。
  ・FX でセンド・リターンの方法
  ・ハリオンソニックをひとつで 16 トラックにする方法
 
 
 課題
 ・4 曲(①~④)のミキサーの直し
 ・セコンダリードミナントを使ったコード進行 ⑤⑥ のデータに合わせメロディを付ける
 
  Jazz Lesson 1
  Jazz Lesson 2
  Jazz Lesson 3
  Jazz Lesson 4
  Jazz Lesson 5
  Jazz Lesson 6


【実技】
 ・JORDU
 ・GONE WITH THE WIND
 ・All of me  
 ・After You've Gone
 ・You And The Night And Music
 ・メロディと左手のリズムを合わせると忙しなくなくなることがある。
 
    
 課題
  ・アドリブ練習
  ・LIKE SOMEONE IN LOVE



【理論】
 ・コードスケール
  ・アボイドとテンション
  ・IONIAN(ION)/ⅠMaj7,Ⅰ6
  ・DORIAN(DOR)/Ⅱm7(Ⅱm6)
  ・PHRYGIAN(PHR)/Ⅲm7
  ・LYDIAN(LYD)/ⅣMaj7,Ⅳ6
  ・MIXO-LYDIAN(MIXO-LYD)/Ⅴ7,Ⅴsus47
  ・Ⅴ7 は ALT や Com.Dim. 等の不協度の高い音階も使う
  ・Ⅴsus47 の Ⅲ は条件付きで使える





 先生からお借りした CD


 ♪ Richie Beirach Trio 『What Is This Thing Called Love ?』
 ♪ Joachim Kuhn Trio 『Carambolage』












[タグ未指定]
[ 2013/11/15 22:23 ] ジャズピアノレッスン 1 | TB(0) | CM(0)

裏コード

今日のジャズピアノレッスンで学んだこと


【DTM・理論・作曲】
 ・ミキサーで各トラックにエフェクターをかける方法
 ・イコライザー、リバーブ、コーラス、コンプレッサ
 ・ドラムとベースは低音域をさげる
 ・ピアノやサックス、トランペットは好きな音色に調整
 ・A7 と同じトライトーンをもつ 7th(裏コード)は E♭7
 ・ベースは、A7 は 4 度進行(A - D)、E♭7 は半音進行(E♭ - D)
 ・コードスケール
 ・宿題曲⑤⑥について 
  ・簡素なコードネームに置き換える
  ・sus4 のベースを on コードにしないほうが sus4 らしく聞こえる
 
 課題
 ・4 曲(①~④)にイコライザとリバーブをかける
 ・セコンダリードミナントの半音下降の 7th も使ってコードを並べる(key = C,F で)(⑦⑧)
 
  Jazz Lesson 1
  Jazz Lesson 2
  Jazz Lesson 3
  Jazz Lesson 4
  Jazz Lesson 5
  Jazz Lesson 6
  Jazz Lesson 7
  Jazz Lesson 8


【実技】
 ・Afternoon in PARIS
 ・Now's the time でアドリブ
 ・I mean you
 ・JORDU
 ・GONE WITH THE WIND(左手のリズムを変える)
 ・All of me(メロディ・フェイクと左手のリズムを変える)  
 ・After You've Gone(メロディ・フェイクと左手のリズムを変える)
    
 課題
  ・アドリブ練習
  ・You And The Night And Music


 先生からお借りした CD


 ♪ Keith Jarrett 『Whisper Not [Live]』
 ♪ Keith Jarrett Trio 『The Cure』
 ♪ Keith Jarrett 『The Melody At Night, With You』
 ♪ Keith Jarrett 『Tribute [Live]』
 ♪ Keith Jarrett 『Bye Bye Blackbird』
 ♪ Keith Jarrett 『アット・ザ・ブルーノート  ザ・コンプリート・レコーディング』
 ♪ Keith Jarrett 『The Köln Concert』


















[タグ未指定]
[ 2013/11/01 21:19 ] ジャズピアノレッスン 1 | TB(0) | CM(0)
全記事表示リンク
月別アーカイブ