FC2ブログ

音楽レッスン帳

クラシックピアノ・ジャズピアノ・エレキギター・作曲・DTM・オーケストラ・パーカッションのレッスン日記 ♪ 姉妹サイト「ニョキリサ」もよろしくお願いします(๑˃̵ᴗ˂̵)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[タグ未指定]
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

Billie's Bounce


Billie's Bounce

Charlie Parker

Key:F - Major








Hank Jones (Piano)

Billy Taylor (Piano)

Keith Jarrett (Piano)
















[タグ未指定]
[ 2014/07/07 22:26 ] ジャズノート | TB(0) | CM(0)

Now's the time

Now's the time

Charlie Parker


Key:F - Major









Charlie Parker (Alto Sax)








[タグ未指定]
[ 2014/07/07 22:24 ] ジャズノート | TB(0) | CM(0)

Daahoud

Daahoud

Clifford Brown

Key:Eb - Major






Clifford Brown and Max Roach

Clifford Brown (Trumpet)

Phineas Newborn Jr. (Piano)







[タグ未指定]
[ 2014/07/07 22:05 ] ジャズノート | TB(0) | CM(0)

Autumn Leaves

Autumn Leaves
Les Feuilles Mortes / 枯葉

Joseph Kosma

Key:G - Minor







Cannonball Adderley (Alto Sax)

Keith jarret (Piano)

Tommy Flanagan (Piano)

John Coltrane (Sax)









[タグ未指定]
[ 2014/07/07 21:54 ] ジャズノート | TB(0) | CM(0)

Doxy

Doxy

Sonny Rollins


Key:Bb - Major




Miles Davis (Trumpet)




[タグ未指定]
[ 2014/07/07 21:47 ] ジャズノート | TB(0) | CM(0)

どこから転調するのか、鍵となる音をとらえる

 今日のピアノレッスンで学んだこと

【クラーマー=ビューロー】
 ・音を注意深く聴く
 ・どの音から転調するのかによってタッチを変えニュアンスをつける
 ・音の跳躍の距離感を感じて表現をつける
 ・縦に刻まず、横につなげて歌う
 ・左手と右手と連動して表現する
 ・f moll と As dur のスケールの変化する強弱のつけ方とそれに伴うタッチ
 ・前打音のところの和音は豊かに
 ・rit. しない

【J.S.バッハ】
 ・リズムをためて鋭くしすぎないで正確に
 ・カデンツから二声それぞれが分かれ独立し、反行のスケールで広がりをもたせる
 ・二度や三度から六度の跳躍のときの距離感
 ・属音のオルガンポイントを安定した響きに
 ・手の甲をしっかり
 ・シンコペのタイをしっかり感じ、次の音が飛び出さないように
 ・アルペジオのフレーズを一個一個弾かず、横にレガートでつなげる
 ・今までの形と変形するところは表現も変える
 ・どの音へ向かっているのか、上がるのか下がるのか、どの音が重要なのか、考え感じながらよく音を聴く
 ・モルデントのアクセント
 ・トリルの臨時記号

【シューベルト】
 ・付点のリズムを正確に
 ・この曲の中心的で特徴的なリズム
 ・声楽曲をピアノで歌うつもりで、スタッカートは切りすぎず
 ・独唱と重唱のかけあいの冒頭、独唱のピアニッシモであっても音を細く弱くさせず、ホールで弾くことを視野にいれ、指で重さを感じながらしっかりと音を出す
 ・c moll から急に Es dur に部分転調するところ、借用和音、聴く人をはっとさせる変化、音色、タッチも変える
 ・ペダル
 ・左手三連の伴奏の変化する音を歌う
 ・subit p 音量を落として惹きつける
 ・スラーでつなげるところ
 ・ピアニッシモでコードで三連の伴奏は鍵盤の近くから
 ・メロディの声部が変わるときの変化
 ・高音域と低音域のピアノの構造や特徴を捉える
 ・長く伸ばす音も最後まで聴く
 ・バスのピッチカート
 ・正確なテンポで
 ・記譜されていないアクセント、リズム感 

 

クラーマー = ビューロー/60 練習曲 ~ 第 8 番
J.S.バッハ/イタリア協奏曲 BWV 971 第 1 楽章
シューベルト/即興曲 D 899 (op.90) 第 1 番




[タグ未指定]
[ 2014/07/06 16:46 ] クラシックピアノレッスン | TB(0) | CM(0)

右手と左手の配分

 今日のジャズピアノレッスンで学んだこと

【実技】
 ♪ Take The 'A' Train
 ♪ LULLABYE OF BIRDLAND
 ♪ Joy Spring
 ♪ TUNE UP 
  ・リズムが突っ込まないように
  ・つぶし気味に弾くところ
  ・バス4 分音符のフレーズをスタッカート
  ・省いてもいいコードは無理に弾かなくてよい

 アドリブ
 ♪ Now's the time
  ・アルペジオを入れる
  ・コードの第三音を入れる
  ・メロディを主体に左コードは右に応えたり添えたり、同じリズムで強調したり
  ・短いフレーズでもリズムを工夫するとよい
  ・右手が駆け上がったり駆け下りたりのときは、左手コードを抜くとかキメの時だけとか
 ♪ All of me
  ・ピックアップのところの右手のリズムの工夫
  ・ドレミファソラシドでいけるところとノンダイアトニックのところ
  ・各スケール(旋法)、特にオルタードのスケールを色々な開始音で入れてみる
  ・半音階を織り交ぜる
  ・メロディックとリズミック
  ・アイデアがわくまま曲から離れていってよい
       
 課題
  ・ A Night In Tunisia
   イントロは自由に、以降もメロディフェイク
  ・アドリブ練習(Now's the time/All of me)


【DTM】
  ・ ⑰ (サルサ風)のコード楽器(ピアノとギター)のぶつかる音の修正の添削
  ・ミキサー画面での操作
  ・リバーブのかけ方の色々(HSSE の所でそれぞれの楽器ごとにかけるか、マスタートラックでかけるか、リバーブ専用のトラックをつくり send で送るなど)

 課題
  ・ハリオンがいくつも立ち上がっているので、MIDI トラックを作り割り当てて一つにまとめる

   Jazz Lesson 17



先生からお借りした CD


♪ LEE MORGAN 『CANDY』
♪ LEE MORGAN 『THE SIDEWINDER』
♪ HANK MOBLEY 『 DIPPIN'』








[タグ未指定]
[ 2014/07/04 21:18 ] ジャズピアノレッスン 1 | TB(0) | CM(0)
全記事表示リンク
月別アーカイブ


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。