FC2ブログ

音楽レッスン帳

クラシックピアノ・ジャズピアノ・エレキギター・作曲・DTM・オーケストラ・パーカッションのレッスン日記 ♪ 姉妹サイト「ニョキリサ」もよろしくお願いします(๑˃̵ᴗ˂̵)

デュフィ展

The Blue Mozart

A Tribute to Claude Debussy


 先月、オーケストラの先輩とあべのハルカス美術館へ出掛け、デュフィ展 を鑑賞しました。

 色鮮やかな楽器の美しい絵がたくさんあり、とてもしあわせな気持ちになりました♪


あべのべあカプチーノ

あべのべあカプチーノ、かわいくておいしかった!
大好きな先輩といろんな話ができて楽しかった♪




あべのハルカス美術館

9 月14 日、あべのハルカス美術館にて










 

[タグ未指定]
[ 2014/10/29 09:17 ] 美術 | TB(0) | CM(0)

Nardis

Nardis

Miles Davis
Bill Evans

Key:E - Minor


Bill Evans Trio












[タグ未指定]
[ 2014/10/29 08:28 ] ジャズノート | TB(0) | CM(0)

Spain

Spain

I Can Recall

Chick Corea

Key:B - Minor


Chick Corea Elektric Band





[タグ未指定]
[ 2014/10/29 08:18 ] ジャズノート | TB(0) | CM(0)

Milestones (New)

Milestones (New)

Miles Davis

Key:G - Dorian



Miles Davis














[タグ未指定]
[ 2014/10/29 08:14 ] ジャズノート | TB(0) | CM(0)

So What

So What

Miles Davis

Key:D - Dorian


Miles Davis

Miles Davis & John Coltrane




[タグ未指定]
[ 2014/10/29 08:06 ] ジャズノート | TB(0) | CM(0)

MODE JAZZ 1

今日のジャズピアノレッスンで学んだこと

【DTM】
○トニックディミニッシュの課題⑳
 ・ギターの音を直す
 ・ギターだけ別のハリオンを立ち上げてしまっているので、ひとつにまとめる
 ・モニターによる音質の相違
 ・音の間違いチェックはスピーカよりヘッドフォンが良い
 ・Read ボタン外すと無効
 
○トニックディミニッシュの課題㉑
 ・ベースやドラムを全面に出すと、リズミカルになりロックっぽくなる
 ・ベースやドラムを抑えると、ソフトな感じになりポップスっぽくなる

  Jazz Lesson 20
  Jazz Lesson 21

【理論】
○ MODE JAZZ
  ・ION、AEO (H-、M-) 以外の SCALE を軸に曲を作る
  ・モードジャズの歴史
  ・メロディにもコードにも、特性音を目立つように入れる
  ・初期は 7th の連結やコード進行の排除(sus47 はSD)
  ・初期はAvoid のない DOR が多かった
  ・PHR は今まで Avoid で避けていた第二音を特性音として使う(スパニッシュ的な響き)
  ・スケールアウト(調子っぱずれな音)
  ・モードが進むにつれ 7th も入ってくる
 
○MODE JAZZ の例
 DORIAN
  ・So What
    D-: DOR
  ・Milestones(New)
    MIXO-LYD と AEO を半分ずつ

 PHRYGIAN
  ・SPAIN
  ・NARDIS



[タグ未指定]
[ 2014/10/28 21:58 ] ジャズピアノレッスン 1 | TB(0) | CM(0)

All The Things You Are

All The Things You Are

君は我がすべて


Jerome Kern
Oscar Hammerstein II


Key : Ab - Major

Lee Morgan,Hank Mobley

John Lewis & Hank Jones
















[タグ未指定]
[ 2014/10/22 23:56 ] ジャズノート | TB(0) | CM(0)

偽終止 DECEPTIVE CADENCE

昨日のジャズピアノレッスンで学んだこと

【DTM】
○ペダルのイントロ課題㉒の添削
 ・裏コードから曲に入るより、Ⅴ7 を入れたほうが解決した感じがでる
○トニックディミニッシュの課題⑳
 ・Funk の場合、ジャズのなまりをとる
 ・強弱をオーバーにつける
 ・休符(息継ぎ、切れ目)を多めに入れるとカッコよくなる
 ・管楽器のロングトーンはエクスプレションでボリュームに変化をつける
 ・ビブラートのモジュレーションは自然に
 ・16 分音符のシンコペーションを入れる
 ・コード楽器(ギター)の自動コード弾きの危険性
○トニックディミニッシュの課題㉑
 ・コード楽器(ピアノ)の自動コード弾きの音間違い
 ・音価を短くしたり、テンションを入れたり
 ・ロングトーンばかりだと平坦で息苦しくなることもある
 ・イコライザで音づくり
 ・コードの構成音の並び替え
 ・音量バランス
 ・どうやってもおかしかったら、作曲自体を見直す

  Jazz Lesson 20
  Jazz Lesson 21
  Jazz Lesson 22




【理論】
○ 転調(MODULATION) の例
 ・All The Things You Are
  移調と Modal Interchange
  Bird of Paradise (Charlie Parker)
 ・Afternoon in Paris
  コードチェンジとメロディのフレーズがずれている
  部分転調
  ドミナント・ペダル
  キーの平行移動
 ・The Girl From Ipanema
  モードやスケール
  トニック本体が出てこない
  移調


 課題
  ・今まで作った 8 小節の曲を 2 曲あわせ、A から B へ ① 7th を使って転調(㉔)、② コードの平行移動(㉕)、③ 突然転調(㉖)
  ・Afternoon in Paris 的(ⅡⅤ)な曲をつくる。 ① 部分転調(㉗) ② TRI TONIC(㉘)

  Jazz Lesson 24
  Jazz Lesson 25
  Jazz Lesson 26
  Jazz Lesson 27
  Jazz Lesson 28


○ 偽終止 DECEPTIVE CADENCE
  ・Ⅴ7 → Ⅰ, Ⅰm の代わりに代理コードに解決
  ・sec.D の解決にも代理コードを使ってみる
  ・半音下降と 4 度進行以外でも使える場合がたくさんある
  ・浮遊感
  ・機能のない、サウンド重視のコード進行
  ・機能和声は保障されているが、拡大解釈から導かれた機能のない進行はセンスが問われる
  ・モードへと移っていく




[タグ未指定]
[ 2014/10/22 21:36 ] ジャズピアノレッスン 1 | TB(0) | CM(0)

I Love You

I Love You

Cole Porter

Key:F






Michiel Borstlap










[タグ未指定]
[ 2014/10/08 09:08 ] ジャズノート | TB(0) | CM(0)

Giant Steps

Giant Steps

John Coltrane

Key:Eb



John Coltrane







[タグ未指定]
[ 2014/10/08 08:57 ] ジャズノート | TB(0) | CM(0)

Have You Met Miss Jones ?

Have You Met Miss Jones ?

ジョーンズ嬢に会ったかい ?

Richard Rodgers

Key:F








KENNY BARRON TRIO





[タグ未指定]
[ 2014/10/08 08:49 ] ジャズノート | TB(0) | CM(0)

音をよく聴く

今日のクラシックピアノレッスンで学んだこと

【クラーマー = ビューロー】
 ・テンポをあげる
 ・左右そろえる

【シューベルト】
 ・冒頭の G のユニゾン強音は手首のばねを使いすぐに力を抜く
 ・縦の音をそろえる
 ・テンポ設定をしっかりと
 ・音をよく聴く
 ・音のつぶをそろえる
 ・一つのハーモニーの中に収める音
 ・ペダル濁らないように
 ・音量バランス
 ・音の切り方を丁寧に
 ・リズムを正確に
 ・全部下に弾かない
 ・レガート
 ・緊張と弛緩、属音からの解決を感じる
 
  

クラーマー = ビューロー/60 練習曲 ~ 第 8 番
シューベルト/即興曲 D 899 (op.90) 第 1 番




[タグ未指定]
[ 2014/10/07 16:24 ] クラシックピアノレッスン | TB(0) | CM(0)

転調(MODULATION)

今日のジャズピアノレッスンで学んだこと

【理論】
転調(MODULATION)
 1.KEY の距離感
  ・近親調(属調、下属調とそれぞれの平行調、平行調、同主調)への転調は自然
  ・同主調の近親調は少し距離がある
  ・それ以外の KEY は遠く、劇的な転調
  ・調号が多くなるほど遠くなる
  ・半音上や半音下へ同じメロディやコード進行だったら移調、全く別だったら遠い転調

 2.転調の種類
  ・全体転調(完全転調)
  ・部分転調
  ・移調

 3.転調の方法
  ○7th を使った転調
   ・sec.D や ⅡⅤ(m7 or m7(♭5)どちらでも)
   ・特に、全体転調の時は変化をはっきりさせたいので裏コードは使わない
   ・テンポ、曲の雰囲気を考えて 1 小節にコードを何個いれるか考える
   
  ○ピボットコード(PIVOT CHORD)を使った転調
   ・部分転調に向いている
   ・両方の KEY のダイアトニックコードと関連の深いコード

  ○突然転調
   ・遠い KEY で前触れもなく劇的な変化
   ・OLD TONIC → NEW TONIC
   ・TONIC → SD

  ○コードの平行移動を使った転調
   ・完全転調でも部分転調でも使う
   ・テンポによっては ⅡⅤ よりも細かく入れてもいい
   ・同じコードタイプを等間隔で上がったり下がったり
   ・コードが多くなりすぎるとくどくなる
   ・何度かつなげると元に戻るから繰り返しすぎないよう

  ○三つのトニック(TRI TONIC)
   ・コルトレーンの考え方
   ・長 3 度で転調(C - E - A♭)
   ・ほかにも、短 3 度とか長 2 度とか

 4.転調の例
   ・HAVE YOU MET MISS JONES ?
   ・GIANT STEP
   ・SKYLARK
   ・I LOVE YOU



[タグ未指定]
[ 2014/10/07 16:12 ] ジャズピアノレッスン 1 | TB(0) | CM(0)
全記事表示リンク
月別アーカイブ