FC2ブログ

音楽レッスン帳

クラシックピアノ・ジャズピアノ・エレキギター・作曲・DTM・オーケストラ・パーカッションのレッスン日記 ♪ 姉妹サイト「ニョキリサ」もよろしくお願いします(๑˃̵ᴗ˂̵)

良い音へ

今日のジャンベレッスンは6人集まりました。

まだまだ良い音がでませんが、アンサンブルでアドリブやリズムの会話は楽しいです。

先生の身体の動きやフレーズ感、多彩なリズムは毎回触発されます。

音の抜けが気持ち良く、個性豊かなメンバーたちからも影響を受け、様々な驚きを取り入れながら追いついていきたいです。


[タグ未指定]
[ 2018/11/25 21:22 ] ジェンベ | TB(0) | CM(0)

4 畳の音楽部屋

♪ China Grove /The Doobie Brothers

今日のドラムレッスンはハーフタイム・フィールの部分練習をしました。

はじめは骨組みだけ、徐々に音を増やしていき、
テンポを上げていく感じで無理なく進めていただきました。

音色の組み合わせを聴き分けたり、口ドラムと身体の動きがリンクしたりと、最初に比べたら楽譜に頼らず音楽を感じられるようになってきたように思います。

先生は最近ギターを購入されたとのこと、美しい木製のギターを見せてくださいました。

実は私も、バスドラムのペダル、ハイハットとスタンド、バスドラムとハイハットの消音パッドを購入していて、レッスンから帰ってから一式届きました。

組立はペダル以外説明書がなかったので、見よう見まねでなんとなく完成しました。

これから両足の訓練もがんばりたいです。



4 畳の音楽部屋!
ドラム練習一式を中央に設置したら、ピアノまでは跨いでいくことになります (^^;)

20181127083142328.jpeg







[タグ未指定]
[ 2018/11/25 21:04 ] ドラムレッスン | TB(0) | CM(0)

ダクソフォンをはじめて聴く

20181125205113cd3.jpeg



ダクソフォンの Dax とはドイツ語で「アナグマ」の意味で、アナグマの鳴き声のような音が出る楽器で、はじめて聴くのを楽しみにしていました。

アナグマの鳴き声は実際に聞いたことはありませんが、野生の動物が本当に鳴き叫んでいるような臨場感がありました。

ソロでその場で録音し再生しながら音が重なっていくのも楽しかったです。

先生のジャンベとのデュオも起承転結の物語が感じられてとても良かったです。

先生のソロは拡声器 4 台でジャンベやおもちゃの鉄琴で録音しながら音を作っていき、色々な方向から聞こえるメロディが不思議な異空間を作り上げて面白かったです。

ふとしさんの淡々とまじめに楽器を奏でている姿が
また良かったです。

楽器も一つ一つ手作りされていて、どれもこだわりの美しさを感じました。

また聴きに行きたいです。



[タグ未指定]
[ 2018/11/23 23:52 ] ミュージシャン | TB(0) | CM(0)

意識改革

今日のジャズピアノレッスンで学んだこと。

【実技】
C Jam Blues / Duke Ellington

Blues In The Closet / Oscar Pettiford

【フォームとリズム】
・肘から先はドラムのスティックだと思ってダイレクトに
・細工せずシンプルに
・縄跳びのように回転して、がめつく前へ前へ
・活性化していく
・脱力して落とす
・左手遅れないように、1 拍目 3 拍目に短く鋭く入れる
・レッド・ガーランドやウィントン・ケリーを参考にする

【理論】
・サークル of 5th
・Ⅱ - Ⅴ - Ⅰ

【歌伴】
① Intro
②③④⑤ 歌(左手だけ)
⑥⑦ pf.solo
⑧⑨ 歌(左手だけ)
3 段目を 2.5 回
Last

【宿題】
・C のブルース
C Jam Blues / Duke Ellington
・F のブルース
Blues In The Closet / Oscar Pettiford
・サークル of 5th、全短調の Ⅱ - Ⅴ - Ⅰ のリストを作る



前回指摘されたフォームや心構えを発揮できませんでした。
まだまだ意識改革が足りてないのだと気付かされました。

オーケストラでパーカッションをやっていた頃、前に前に出ていくよう、よくお叱りを受けたことを思い出し、成長していない自分にがっかりしました。

普段の立ち居振る舞いは音楽にでてしまいます。
音楽をやる時は切り替えて、積極的に掴みに行く意識を忘れないようにします。

今までと真逆のことを選択するため消耗しますし、
慣れ親しんだ習慣に戻ろうと潜在意識が働きますが、気づいたら直すように常に自分を観察し、
新しい習慣に移行できるよう頑張ります。



翌日、追記
そうだ、、、追い込み過ぎず、リラックスして楽しむことを思い出そう。










[タグ未指定]
[ 2018/11/22 20:18 ] ジャズピアノレッスン 2 | TB(0) | CM(0)

シンバルの色々な奏法

今日のドラムレッスンは前回の続きで難しい箇所をピックアップして部分練習をしました。
先週から喘息と気管支炎に罹り、練習ができなかったので不安でしたが、
ゆっくり無理なく進めていただき、勉強できて良かったです。
早く治して、意欲的に取り組みたいと思います。

 ♪ China Grove /The Doobie Brothers
  ・ハーフタイム・フィール
  ・シンバルの色々な奏法





● エッジ部分をスティックのショルダーで打つ
● ボウ部分をスティックのショルダーや、ショルダーとチップを交互にアップダウンさせて打つ
● カップのふもと部分をスティックのショルダーで打つ(ベル)


 

[タグ未指定]
[ 2018/11/13 20:53 ] ドラムレッスン | TB(0) | CM(0)

Blues In The Closet

Blues In The Closet

Oscar Pettiford

Key:F - Major


Oscar Pettiford Jazz Band

Buddy Rich

Oscar Peterson

Ron Carter



[タグ未指定]
[ 2018/11/09 20:42 ] ジャズノート | TB(0) | CM(0)

C Jam Blues

C Jam Blues

Duke Ellington

Key:C - Major


Duke Ellington

Oscar Peterson




[タグ未指定]
[ 2018/11/09 20:34 ] ジャズノート | TB(0) | CM(0)

身体を開く

体験レッスンを経て、今日からジャズピアノを再開しました。

【実技】
C Jam Blues / Duke Ellington
・先生のベースに合わせて、riff とアドリブ
・テーマの後、X 回アドリブしたら、左手だけにしてベースにアドリブを回し(2 回)、テーマに戻りエンディング

【フォーム】
・足を開き腰を落とし重心を下へ
・胸や鎖骨を開き手首をあげる
・打点に集中
・ハイハットのオープンとクローズみたいに 1 セットにとらえる
・鍵盤の奥の方で
・手首ではなく腕や肘を使う
・打楽器のつもりですぐに発音
・準備してから打鍵しない
・手前に引かず被せるように
・指を伸ばさずコンパクトに

【理論】
・サークル of 5th
・Ⅱ - Ⅴ - Ⅰ

【歌伴】
① Intro
②③④⑤ 歌(左手だけ)
⑥⑦ pf.solo
⑧⑨ 歌(左手だけ)
3 段目を 2.5 回
Last

【宿題】
・C のブルース
C Jam Blues / Duke Ellington
・F のブルース
Blues In The Closet / Oscar Pettiford
・歌の時は右手を 3 と 7 で、左手を root
・riff の高さを変えたりオクターブにしたり
・テンションを入れず全調の Ⅱ - Ⅴ - Ⅰ のリストを完成させる。


先生のベースや奥様の歌に合わせて、アンサンブル楽しかったです。
クラシックと弾き方やリズム感が異なるので癖を直すのが大変そうですが、先生のご指摘に目標が見えてきて嬉しく思います。

前回書いたブログ、「弱がり」の自分を大きく変える踏み台になるよう、身体や心を開くことを意識したいと思います。

ドラムやジェンベにも繋がりをもたせて、多方面から統括していきたいです。








[タグ未指定]
[ 2018/11/07 21:30 ] ジャズピアノレッスン 2 | TB(0) | CM(0)

弱がり

あまりに長い間、病の中にいたので、身体やメンタルをかばう仕草を無意識にしているようです。

というのは、周囲の私に向ける心配気な表情、かわいそうに思えてくるという言葉、普通にしている動作を見て「大丈夫?」と手を貸してくれる気遣いから察しました。

楽しい、幸せと言いながら、そう見えないと言われます。

内面と外面の不一致。

身についてしまった病気の動作と表情と声。
強がりではなく、弱がり。

もう自由に飛べるのに、鍵が開いていることを知りながら、慣れ親しんだ檻の中にこもっています。

長年にわたって身に付けたあらゆるブレーキをいかに外すかが今後の課題。

手始めにできることから、笑顔、姿勢、カラフルな色を身につける、リズム・・・。

自己変容のため、今まで見聞きしたことないこと、やったことないこと、新しい出会いを積極的に取り入れたいです。











[タグ未指定]
[ 2018/11/05 14:44 ] 日記 | TB(0) | CM(0)

他パートを聴きながらアドリブ

今日のジェンベレッスンは 6 人でした。
ククやソファのリズムで 3 パートに分かれてアンサンブルしました。

2 小節ごとにアドリブと休み交互に繰り返し、休みの間は他パートのリズムを良く聴くと音楽的な流れができると教えていただきました。

先生にメンバーのアドリブに影響受けているね!と言われて嬉しかったです。

言葉を飲み込む癖があるので、アンサンブルでコミュニケーションできて楽しいです。




[タグ未指定]
[ 2018/11/04 20:47 ] ジェンベ | TB(0) | CM(0)

ハイハットのアップダウン

今日のドラムレッスンで学んだこと

・ハイハットのアップダウン
・手首からと肘からのフォーム
・ベル(ショルダーとチップで)
・ダンスビート(バスドラを四分音符、ハイハットのアップダウンを逆さにしたリズム)
・スネと腕と手首のストレッチ
・アクセント移動の練習

今週はあまり練習ができなかったので、
曲を休んで基礎練習をしました。
10 月、11 月はいつもパワーが落ちる時期なので、
無理しない程度に頑張ります。







[タグ未指定]
[ 2018/11/04 20:42 ] ドラムレッスン | TB(0) | CM(0)

JAZZ自由形

20181103224022701.jpeg


二日続けてジェンベの先生のライブに行きました。
小さなカフェが会場だったので、ジェンベが膝につくほど間近で聴きました。
先生が一番影響を受けた音楽家、泉さんに私も衝撃を受けました。
二人がアイコンタクトと音楽の掛け合いで生まれる即興の世界がスリリングで感動しました。

現代人が求めているもの、自分たちが行けない世界、自分を壊してくれる音楽、根幹的な生命力、今ここで、このつながりで生まれるもの、埋もれない存在感、、、圧倒されました。

また聴きに行きたいです。





[タグ未指定]
[ 2018/11/03 22:40 ] ミュージシャン | TB(0) | CM(0)

シタールとジェンベのライブ

201811022250002de.jpeg


201811022250249c1.jpeg


今日はジェンベの先生のライブにいきました。

シタールとジェンベのデュオ、色々な音色の交錯、インド行脚した昔にタイムスリップしたかのようで楽しかったです。

また聴きに行きたいです。




[タグ未指定]
[ 2018/11/02 22:51 ] ミュージシャン | TB(0) | CM(0)
全記事表示リンク
月別アーカイブ