FC2ブログ

音楽レッスン帳

クラシックピアノ・ジャズピアノ・エレキギター・作曲・DTM・オーケストラ・パーカッションのレッスン日記 ♪ 姉妹サイト「ニョキリサ」もよろしくお願いします(๑˃̵ᴗ˂̵)

神戸で表現教室を始めます

摂食障害の方、ひきこもりの方のための表現教室「フォーハンズ」


 摂食障害 25 年、ひきこもり 10 年の経験を活かし、現在悩まれいる方々のしあわせへのお手伝いと、過去の私自身をしあわせにするために、表現教室を神戸に開設しました。

 表現教室とは、即興的な連弾や芝居、抽象画、手芸、運動、ファッションなど、多種多様な表現ツールをミックスした、新しいジャンルの教室です。

 摂食障害やひきこもりの方を対象にした「本来の自分に返り、自分の人生を楽しく生きる」ことをコンセプトに、私自身の体験をもとにプログラムやワークショップを考案しました。

 一見バラバラなものから共通点を見つけ、点が線で繋がるように、組み合わせたり、置き換えたり、反転させたりと、長年かけて影響を受けた選りすぐりから、私のアイデアとユーモアを織り交ぜてできたものです。

 昨年の 7 月に闘病から脱してから、ドラム、ジェンベ、ジャズピアノ、ダンスを学び始め、自己表現の可能性を掘り起しつつ、この 3 月に隣町へ引っ越し心機一転、第二の人生への出港の準備は整いました。

 平成から令和へと、新しい時代の大波に乗り、身をもって手に入れた、しあわせのコンパスを胸に大航海が始まります。

 これまで支えてくださった多くの方々に感謝するとともに、今後私を訪ねてくださる方々へお返ししていきたいと思います。

 現在摂食障害やひきこもりに悩まれている方々は、過去の私自身であり、その方々を少しでもしあわせにしたいと向き合うことは、過去の自分を愛することにつながり、その時を超えたコミュニケーションによって、しあわせの連鎖は広がっていくと信じています。

 どうぞよろしくお願い申し上げます。

令和へ移る前夜に
森山 華伊

[タグ未指定]
[ 2019/04/30 23:00 ] 教室 | TB(0) | CM(0)

Nancy

Nancy
Phil Silvers / Jimmy Van

Key:E♭ Major


♪ John Coltrane Quartet



♪ Paul Desmond



[タグ未指定]
[ 2019/04/30 22:46 ] ジャズノート | TB(0) | CM(0)

手でリズムを取らないように

平成最後のジャズピアノレッスンで学んだこと。

【実技】
For Sentimental ReasonsDeek Watson / William Pat Best

・手が下がるのを矯正するために、テーマ中は右手オクターブで、左コードと同じタイミングでブロックコードを弾く
・レッド・ガーランドの高音を参考に
・倍速のときは乾いた音でペダルは少なく
・イントロは C 7 アルペジオ、4 拍目でC7 を弾き直してから F△
・エンディングは C を弾いて F の単音をカーン響かせ歌を終わらせてから F△(Ⅱ♭からでもいい)
・姿勢に気をつけて
・単音のときもしっかりと
・足はぐらぐらに、腰からネジを外した状態で
・リズムは手で取らず、足で逃す
・新曲の Nancy はコルトレーン(バラード)を参考に


【宿題】
・曲
Beautiful Love / Haven Gillespie / Wayne King、Victor Young & Egbert Van Alstyne

Nancy / Phil Silvers / Jimmy Van

For Sentimental ReasonsDeek Watson / William Pat Best


[タグ未指定]
[ 2019/04/30 21:20 ] ジャズピアノレッスン 2 | TB(0) | CM(0)

エネルギーの交換

今日は、ドラムレッスン、ピアノの演奏会、ジェンベレッスンと音楽三昧でした。
ジェンベをコロコロで引きながら移動は大変ですが、自分の楽器は愛着があるので連れて行って良かったです。
今日は鳴りがよく、気持ちよかったです。
先生にも褒めていただき嬉しいです。
4 人と少人数でしたが、新しいリズムを習ったり、アドリブやアンサンブル、とても楽しかったです。
ペアを組んでの掛け合いの後、先生が良いことをおっしゃっていました。

「エネルギーの交換だね」


[タグ未指定]
[ 2019/04/28 21:01 ] ジェンベ | TB(0) | CM(0)

春の演奏会 in 芦屋仏教会館

201904291242273dc.jpeg


今日は芦屋の仏教会館で演奏会でした。
神秘的で重厚感のあるホールとピアノでした。
何ヶ月も練習してきたシューベルトを、
ここで思い切り気持ちを込めながら、
自分を失わず冷静さも持ちながら弾きました。
来月からはブラームスを弾きます。
短調で重たい曲調が続きますが、
激しさとロマンチックを兼ねた素敵な曲なので、
練習を重ねてイメージに近づくようがんばります。


♪ シューベルト/即興曲 D899 Op.90-1 ハ短調




[タグ未指定]
[ 2019/04/28 15:48 ] 発表会・演奏会・ライブ | TB(0) | CM(0)

テンポアップと拳のある音

今日のドラムレッスンで学んだこと

新しい曲に入りました。
四分音符 = 184 位のエネルギッシュな曲です。
1 曲を通して大まかなリズムを学びました。
高速フィルインのあとのブレイクや、
これでもかのクラッシュがカッコいいです。
テンポをキープして、拳のある音を目指すよう、
目標をいただきました。


Mr.Big - Daddy, Brother, Lover, Little Boy





[タグ未指定]
[ 2019/04/28 10:31 ] ドラムレッスン | TB(0) | CM(0)

Beautiful Love

Beautiful Love

Haven Gillespie / Wayne King、Victor Young & Egbert Van Alstyne

Key:D - Minor


Bill Evans

Benny Golson Quartet









[タグ未指定]
[ 2019/04/27 13:44 ] ジャズノート | TB(0) | CM(0)

ダンスを習い始めました

今日は職場で仲良しの方のお母様に誘っていただき、
ダンスを初体験しました。
ジルバのスロー、スロー、クイッククイックのステップを教わりました。
右回りか左回りかわからなくなりますが、リズムにあわせて身体を動かすととても楽しいです。
相手と向き合うことや、相手のリードに乗ることなど、コミュニケーションとりながら大事なことを教えて下さいました。
教室の方々も皆優しく、若々しく、キラキラしていました。
一回でジルバを踊れるようになり嬉しいです。
帰り道、信号待ちのときステップを踏んだり、楽しかったことを誰かに話したくて話したくて、実家に寄り道したりと、そのくらい胸が踊りました。
月一回ペースで通いたいと思います。

[タグ未指定]
[ 2019/04/24 21:03 ] ダンス | TB(0) | CM(0)

矯正!

今日のジャズピアノレッスンで学んだこと。

【実技】
Satin Doll / Johnny Mercer / Duke Ellington, Billy Strayhorn

・手をかぶせて奥で弾く
・手首でリズムをとらないように、足でとる
・肘から先はドラムスティック
・準備しない
・モンクの足を参考に
・ピアノは打楽器
・指に力を入れずポロンポロンと響かせる
・4 バースのドラムの時は悠然とした態度で聴く
・音楽では対等

For Sentimental ReasonsDeek Watson / William Pat Best

・手が下がるのを矯正するために、テーマ中は右手オクターブで、左コードと同じタイミングでブロックコードを弾く
・音が多いから音量を抑えてコーンと響ある音に
・オブリガードも、表情も
・アドリブ中は単音で、オクターブの時の音がでるように
・イントロは C 7 アルペジオ、4 拍目でC7 を弾き直してから F△
・エンディングは C を弾いて歌を終わらせてから F△

【理論】
・11th
・Ⅴ7 は ♯11th のみ
・Ⅴ7 以外は 11th のみ
・-5 = +11
・定型はない
・D/C7 エンディングで良く使われる

【宿題】
・曲
Beautiful Love / Haven Gillespie / Wayne King、Victor Young & Egbert Van Alstyne

Satin Doll / Johnny Mercer / Duke Ellington, Billy Strayhorn

For Sentimental ReasonsDeek Watson / William Pat Best

・歌伴
Moonlight in Vermont / John Blackburn / Karl Suessdorf


[タグ未指定]
[ 2019/04/23 23:47 ] ジャズピアノレッスン 2 | TB(0) | CM(0)

第41回 練習会 音楽広場ミニヨン

音楽広場ミニヨン

回数を重ねるごとに、緊張なく弾けるようになってきました。
その分、客観的に音をとらえ、求める音と発した音の確認とを同時進行で冷静に感じながら、
軌道修正をしたり、純粋に音を楽しんだりできました。
他の方々の演奏も毎回勉強になります。
次回は演奏会です。
良い音楽になるよう楽しみたいです。



♪ シューベルト/即興曲 D899 Op.90-1 ハ短調



[タグ未指定]
[ 2019/04/21 10:37 ] ピアノサークル・ピアノリレー | TB(0) | CM(0)

ライドシンバル

今日のドラムレッスンで学んだこと

(Just Like) Starting Over / John Lennon

パターンをハイハットからライドシンバルにかえ、
ハイハットの表のアクセントや裏のオープンをライドのベルにする
ハイハットは 4 分音符

両腕両足を使いながらスティックの角度を変えたり、アクセントをつけたり、
身体に馴染むまでとても難しいですが、練習してできてくると楽しいです。

次回の新曲に、自分に似合わない曲をやってみたいと、この曲を選んでいただきました。


Mr.Big - Daddy, Brother, Lover, Little Boy


 

[タグ未指定]
[ 2019/04/21 10:35 ] ドラムレッスン | TB(0) | CM(0)

常に出し引っ込めない

今日のジャズピアノレッスンで学んだこと。

【実技】
Satin Doll / Johnny Mercer / Duke Ellington, Billy Strayhorn

・打点を奥にして、手を常に出しておく
・頭を後ろに腕は前に
・何を思おうともさらけ出す
・引っ込まない
・イントロやメロディは、3 度重ねコードを使う
・ハ長調、へ長調、ト長調と転調に沿った軸の音を使いアドリブ
・C のブルースのリフや C のスケールを使ったり、クロマチックで弾いたり、テンションを弾いたり



【理論】
・定型を実際の曲にあてはめてコード付け
For Sentimental ReasonsDeek Watson / William Pat Best

・短調の Ⅱ-Ⅴ では 9 型を使用
・アドリブでは左手のテンションを入れるとメロディックになる

【宿題】
・曲
Satin Doll / Johnny Mercer / Duke Ellington, Billy Strayhorn

For Sentimental ReasonsDeek Watson / William Pat Best

・歌伴
Moonlight in Vermont / John Blackburn / Karl Suessdorf



[タグ未指定]
[ 2019/04/17 17:25 ] ジャズピアノレッスン 2 | TB(0) | CM(0)

仕上げ

今日のドラムレッスンで学んだこと

(Just Like) Starting Over / John Lennon


今回は少し練習してからレッスンを受けたので復習は少なめで本題に進めました。
次回はライドシンバルを使ってアレンジを増やしていく目標ができました。
引っ越しの準備や片づけで練習がままならなかったので、形になるまで時間がかかってしまいましたが、
やっと仕上げの段階になってほっとしました。


[タグ未指定]
[ 2019/04/14 13:24 ] ドラムレッスン | TB(0) | CM(0)

お花見練習会

今日はお花見演奏会でした。
喫茶店で窓から臨む満開の桜を愛でながら、
おいしいケーキをいただきながら、
素敵な生演奏を聴くという贅沢なひとときでした。
私は初めてハイドンのハ長調のソナタを弾きました。
これからあたらしい世界が展開していくにふさわしい曲で、
春のよろこびと相まって期待感が膨らみました。
普段はお話できない方々と談笑できて楽しかったです。

菜の花
桜


ハイドン ソナタ 第60番 から 第1、2楽章




[タグ未指定]
[ 2019/04/07 22:23 ] ピアノサークル・ピアノリレー | TB(0) | CM(0)
全記事表示リンク
月別アーカイブ