FC2ブログ

音楽レッスン帳

クラシックピアノ・ジャズピアノ・エレキギター・作曲・DTM・オーケストラ・パーカッションのレッスン日記 ♪ 姉妹サイト「ニョキリサ」もよろしくお願いします(๑˃̵ᴗ˂̵)

Someday My Prince Will Come

Someday My Prince Will Come
Larry Morey / Frank Churchill

Key : B♭


♪ Bill Evans






ジャズノート目次








[タグ未指定]
[ 2019/09/18 15:37 ] ジャズノート | TB(0) | CM(0)

It's Easy To Remember

It's Easy To Remember
Lorenz Hart / Richard Rodgers

Key : E♭


♪ Bing Crosby



♪ John Coltrane



♪ Perry Como



♪ Keith Jarrett




ジャズノート目次





[タグ未指定]
[ 2019/09/18 15:36 ] ジャズノート | TB(0) | CM(0)

「あのね」の効用

今日のジャズピアノレッスンで学んだこと。

【実技】

My Romance / Richard Rodgers / Lorenz Hart

・フレーズを感じてルバートでイントロ
・「あのね」と子供が無邪気に話すように
・歌=フレーズが先にあって、リズムやテンポは後にあることを忘れずに
・フレーズ優勢、リズム優勢ではなくトータルで捉える
・フレーズを優先すると背中が丸まり手首が下がってくるから、
姿勢を正してもフレーズが出せるように
・右手が弱いから、もっと訴えるように自信を持って
・ピアノを弾く時は偉そうに(いつも自信なさそうな私に向けて)
・もっと自由になっていい
・音の減衰を良く聴く、音を良く観る



The Nearness of You / Hoagy Carmichael / Ned Washington

・倍テン

【理論】
For All We Know / J. Fred Coots にスプレッド・ボイシングでコードを 4 小節だけつける

・ルートは重ねない
・7th は重ねて大丈夫



【宿題】
・曲
It's Easy To Remember / Lorenz Hart / Richard Rodgers
Someday My Prince Will Come / Larry Morey / Frank Churchill

・3 拍子を 1 拍子に感じて
・3 拍子が得意なビル・エヴァンスやコルトレーン


・理論
For All We Know / J. Fred Coots の続きにスプレッド・ボイシングでコードを最後までつける





最初は、フレーズ感がなく、スタスタ先を急いでいましたが、
「あのね」と話すようにとアドバイスをいただき、
ストンと腑に落ちてから自由になりました。
テンポやリズムの枠にはまるように、
用心しながら弾く癖が付いているので、
今日できたことを忘れないようにします。

スタスタ急ぐのは、テレもあるし、
私の話(アドリブ)はつまらないから早く終わらせたい、
聴いてもらうに値しないとどこかで自分を軽視していたと気付きました。
雄弁ではなくても、
しばらく返事だけでも、
感情を込めて話そう(ピアノで歌う)と思います。












[タグ未指定]
[ 2019/09/18 15:16 ] ジャズピアノレッスン 2 | TB(0) | CM(0)

3 人でアドリブ練習


今日は 先生を入れて 3 人しか集まりませんでしたが、
その分内容の濃いレッスンになりました。
前回習った「レナド」というリズムを 3 小節叩いたら、
4 小節目に 5 つのバージョンを入れる練習をしました。
4 小節から始めに戻るときの推進力や、
シンコペーションの音の方向や勢いを感じること、
他の人の音も聴きながら、
一人では出せない和音のような響きを感じることを学びました。
とても楽しかったです。

20190916115646770.jpeg




[タグ未指定]
[ 2019/09/15 23:56 ] ジェンベ | TB(0) | CM(0)

第 47 回練習会 加古川松風ホール


今日は加古川でベーゼンドルファーを弾きました。
祖父と 3 人の叔父がピアノ調律師だったにしては、
私はメーカーやピアノの状態には無頓着な方なので、
あまりこだわらないと言うと怒られそうですが、
今日のピアノは明らかに皆から愛されてきたのだろうことがわかりました。

暗譜がわからなくなり、途中で弾き直しましたが、
思う通りに弾けたところもありました。
普段、話がスムーズにできないストレスを、
ピアノでならフォルテも出せるので、
表現できるものが与えられ幸せに思います。
この後はジェンベを叩きに行きます。








@ 加古川松風ホール
ベートーヴェン ピアノソナタ 第 14 番 嬰ハ短調 「月光」


201909161154575aa.jpeg







[タグ未指定]
[ 2019/09/15 15:49 ] ピアノサークル・ピアノリレー | TB(0) | CM(0)

第 46 回練習会 箕面プチカノンホール


今日は箕面で練習会でした。
「月光ソナタ」の終楽章は、大学受験のために勉強したり、
その 10 年後に長い入院生活中で自分を励ますように弾いてみたり、
長いブランクの後にまた挑戦したりと、
特別な思い入れのある曲です。
まだ終楽章ほど弾き慣れていない 1、2 楽章で緊張し過ぎて、
終楽章は暴走してしまいました。
練習後のハイキング、温泉、ジャズライブを堪能して、
とても楽しかったです。
この世界には、私の知らない楽しいことが、
まだまだいっぱいあります。





@ 箕面プチカノンホール
ベートーヴェン ピアノソナタ 第 14 番 嬰ハ短調 「月光」



2019091312512941d.jpeg





[タグ未指定]
[ 2019/09/09 12:15 ] ピアノサークル・ピアノリレー | TB(0) | CM(0)

停滞期

今日のジャズピアノレッスンで学んだこと。

【実技】

My Romance / Richard Rodgers / Lorenz Hart

・フレーズを感じながら、歌うように
・ブレス
・in tempo で弾かず、ルバートでフレーズ毎に切りながら身体に曲調を染み込ませる練習
・アドリブでもフレーズを感じながら
・イントロの 3 番カッコから入るバージョン
・エンディングは最後を 3 回繰り返してから終わる


The Nearness of You / Hoagy Carmichael / Ned Washington

・手首を上げる
・左手一本で伴奏は点で
・バラードを倍テンでアドリブ
・イントロのアルペジオは C6 に聞こえるから C7 のフラット系
・手首を下げると点が不明瞭になり、コツンと鳴らないから注意

【理論】
For All We Know / J. Fred Coots にスプレッド・ボイシングでコードを 4 小節だけつける

・△7 は メロディーから下を 4 度重ね(Ⅳは av なので Ⅲ やⅤ などに)
・m7 はテンション少なめ(9th 程度)
・7 は Ⅲ と ♭Ⅶ を決めたらテンション入れて


【宿題】
・曲
My Romance / Richard Rodgers / Lorenz Hart

The Nearness of You / Hoagy Carmichael / Ned Washington

・理論
For All We Know / J. Fred Coots の続きにスプレッド・ボイシングでコードを 4 小節だけつける




がんばると「力を抜いて」
力を抜くと「魂は入れて」
のループから抜け出せない(泣)













[タグ未指定]
[ 2019/09/04 15:52 ] ジャズピアノレッスン 2 | TB(0) | CM(0)
全記事表示リンク
月別アーカイブ