FC2ブログ

音楽レッスン帳

クラシックピアノ・ジャズピアノ・エレキギター・作曲・DTM・オーケストラ・パーカッションのレッスン日記 ♪ 姉妹サイト「ニョキリサ」もよろしくお願いします(๑˃̵ᴗ˂̵)

やればやるほど

昨日のピアノレッスンで学んだこと


【Clementi】
 ・指の上げ下げを小さくし、鍵盤の近くからタッチする。
 ・腕や手首から押し込むようにせず、指の動きだけで弾くように練習する。
 ・一つ一つの音を「1」(下方向)で弾かず、かたまりで弾く。
 ・力を抜く。

【J.S.Bach】
 ・手首や腕の方向はできているが、音が重いために手の動きに音の方向が反映されていないので、ノンレガート、軽いタッチで弾く。鍵盤が熱い鉄板だと思って。
 ・音が無くても和声的に成立する音は、聴こえない程度の弱音でも良いくらい。
 ・この曲の場合、縦の拍感をあまり強調せず、横に流れる。
 ・特に際立たせる音。
 ・特に歌う音。
 ・八分音符のスタッカートは同じ長さにそろえる。
 ・何小節の間にどこからどこまで音が下がるか、順次進行の音を抜き出して良く聴きながら弾く。
 ・シンプルにコンパクトに。

【Beethoven】
 ・音を細分化して速度を安定させる。
 ・左手の応答の二拍目の十六分休符は正確な長さで、次の十六分音符は弱く、あくまで右手が主旋律。
 ・6小節目の cresc. は気持ちを解放する。
 ・のんびりとした気持ちで弾く。次のことを考えて先走らない。
 ・音の厚みを出すために、ペダルを奥までしっかり踏む。
 ・第1部の B は、ソリストと伴奏。右手のソリストの歌う旋律は指の腹を使い豊かに厚みを持たせる。
 ・pp と書かれていても mf にしたりと、強弱記号は音の音量というよりも発想記号的な意味としてとらえる。
 ・長い音価の音を細分化することで、歌いやすくなる。キーをタッチした瞬間だけではなく、鳴っている音も良く聴く。
 ・第2部の Allegro は、拍子も速度も変わるので、あらかじめメトロノームで速度を決めておくと良い。
 ・正確な速さで弾くために、十六分音符のパッセージは2個ずつアクセントをつけて練習。
 ・まだ3連符のように聴こえるので、6個ずつで弾けるようにする。




やればやるほど課題が増えていくような気がします。
終わりがないから、おもしろいのですが。
この数日の生活習慣の怠りのせいか頭の回転が良くなかったので、次回は心身の管理を整えてレッスンに臨みたいと思います。



Clementi/Gradus ad Parnassum Op.44 Nr.6
J.S.Bach/Das Wohltemperirte Clavier BWV 860 G-dur ~ PRAELUDIUM
Beethoven/Klaviersonate Nr. 13 Op. 27 Nr. 1 Es-dur ~ 1 mov.









関連記事

[タグ未指定]
[ 2012/05/15 06:35 ] クラシックピアノレッスン | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
全記事表示リンク
月別アーカイブ