FC2ブログ

音楽レッスン帳

クラシックピアノ・ジャズピアノ・エレキギター・作曲・DTM・オーケストラ・パーカッションのレッスン日記 ♪ 姉妹サイト「ニョキリサ」もよろしくお願いします(๑˃̵ᴗ˂̵)

キラキラ合格シール

今日のピアノレッスンで学んだこと


【J.S.Bach】
・拍の頭の音を拾い、それ以外は省略して練習すると音楽の骨組みがわかる
・スキップするような軽いリズムで
・手首を上下左右に回さずに固定して弾くところ
・スタッカートでも少し長めに音を保つところ
・左右が逆転して同じことを繰り返す直前に重心を下げて音色に変化をつける
・音型の通りに下から上へ放物線を描くようなタッチのところ
・拍の Bar を意識し、上か下か迷わない
・快晴のように明るく

【Beethoven】
・cresc. の度合いを上手くする
・長く伸びている音の間にある cresc. があってその次の音は、長く伸びていた音よりも音量をあげる
・Sop. の歌のときの内声部は弱めに
・指の腹で歌うところ(現実的)と、指の先で歌うところ(幻想的)で音色に変化をつける
・一回目の幻想は PP 、二回目は PPP と変化をつける 
・下からスタッカートで上昇する和音は、スタッカートを意識せず Sop. を歌う
・一点に迫ってくる cresc. と、離れて広がっていく cresc.
・十六分音符が二つずつスラーがついているところは、スラーとスラーの間に時間的な余裕をもたせる
・decresc. を上手く
・フレーズの間のブレスをしっかりして余裕をもつ
・速いパッセージで崩れやすいところは、声にだしながら弾く練習をすると良い
 (ソファ | ミソミレドミ ドシラドラソ | ファラファミレファ レドシレシラ | ソシソファミレ ドミドシラソ | ファミレドシラ ソ)
・テンポが走りやすいところ
・左手の歌うラインは指変えなどで上手くつなげる
・掛留音は音を保って
・最後の左手の休符の長さ





 発表会で弾くベートーヴェンを初めて暗譜でみてもらいました。
 次回は、音だけではなく情緒の暗譜もしてくるよう言われました。
 クレメンティは一発で合格し、もらった合格シールを楽譜に貼って、幼少のバイエル時代を想い出し懐かしかったです。




Clementi/Gradus ad Parnassum Op.44 Nr.6
J.S.Bach/Das Wohltemperirte Clavier BWV 860 G-dur ~ PRAELUDIUM
Beethoven/Klaviersonate Nr. 13 Op. 27 Nr. 1 Es-dur ~ 1 mov.









関連記事

[タグ未指定]
[ 2012/05/27 14:08 ] クラシックピアノレッスン | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
全記事表示リンク
月別アーカイブ