FC2ブログ

音楽レッスン帳

クラシックピアノ・ジャズピアノ・エレキギター・作曲・DTM・オーケストラ・パーカッションのレッスン日記 ♪ 姉妹サイト「ニョキリサ」もよろしくお願いします(๑˃̵ᴗ˂̵)

ラストスパート

今日のピアノレッスンで学んだこと


【クレメンティ】
・椅子の高さと位置
・姿勢


【J.S.バッハ】
・フレーズ内の離れた音はスムーズに
・フレーズ終りの親指の離し方は軽く
・和声の変化を音色に反映させる
・パッセージ内で特に聴く音
・拍感
・あるところに到達するまでに時間がある場合は、cresc. の後、次のフレーズからまた P に戻して cresc.
・白鍵の広いところばかりで弾くと距離感からリズムが狂うので、時には黒鍵の間の狭いところで弾く


【ベートーヴェン】
・基本の手のポジションは真っ直ぐ(小指や親指の方に傾けたりしない)
・裏拍で入るフレーズの第一音は小さくスムーズに
・手全体で押さえつけるようにせず指の上げ下ろしで弾く
・伸びている音を聴く
・遠くの音を聴く
・高みに到達した sf の和音は上ではなく下方向に
・フレーズ終りと始まりのつなぎ目でペダル踏みっはなしのところと新たに踏み直すところ
・スタッカートでもペダルを踏み豊かな音にするところ
・ペダルの雑音の抑え方
・高みに到達したフェルマータの和音から Tempo Ⅰ へ繋がるペダルの離し方
・簡単なところは自然なポジションで
・最後の pp の和音は下方向


 姿勢を正し、肘から手首にかけての腕をまっすぐにキーに乗せ、身体と鍵盤との空間を広くとることで、芯の通った音になり弾きやすくなりました。
 普段から姿勢が悪いので直したいと思います。
 発表会まで一ヶ月をきり、いよいよラストスパートです。
 練習の中で録音したり、スタジオや音楽室などを借りて違うピアノで弾くなど、本番に向けて色々工夫してみようかと思っています。
 次回は、舞台に立ったときにどんな心構えで臨んだら良いか、先生に伺いをたてたいと思います。




Clementi/Gradus ad Parnassum Op.44 Nr.8
J.S.Bach/Das Wohltemperirte Clavier BWV 860 G-dur ~ PRAELUDIUM
Beethoven/Klaviersonate Nr. 13 Op. 27 Nr. 1 Es-dur ~ 1 mov.


関連記事

[タグ未指定]
[ 2012/06/24 17:08 ] クラシックピアノレッスン | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
全記事表示リンク
月別アーカイブ