FC2ブログ

音楽レッスン帳

クラシックピアノ・ジャズピアノ・エレキギター・作曲・DTM・オーケストラ・パーカッションのレッスン日記 ♪ 姉妹サイト「ニョキリサ」もよろしくお願いします(๑˃̵ᴗ˂̵)

失敗しておいて良かった

昨日のピアノレッスンで学んだこと


【クレメンティ】
・姿勢
・手首の高さ
・座る位置

【ベートーヴェン】
・メロディラインを明瞭に
・朗々と、静かな心で弾き始める
・in tempo で
・速くなりやすいところは逆矢印 ← を意識
・中間部 Allegro のアウフタクトの音の方向 ↑ (放物線)と「ウン」と言う(ブレス)
・f になりやすいところ、p は軽いタッチで
・左右音を揃えることだけ考えるところ
・右の跳躍にあわせて、左の伴奏はテンポをずらして左右揃えるところ



 先生は本番前の練習時にミスをしたとき、「今失敗しておいて良かった」と思うことにしているそうです。失敗しうる事態を想定して練習できるからです。
 本番は何に気を付けたら良いのかと質問したら、「練習時から、ここはテンポが崩れやすい、ここは左右がズレやすい、ここは詰まりやすい・・・というように意識して、そうならないように気をつける。本番ではミスは気にせず音楽を進める。音が抜けてもテンポだけはくずさないようにする。指だけに頼ると危ないから、気をつけることを絶えず考えながら弾く。練習はその繰り返し。」と教えてくださいました。
 非現実世界を創り出す一方、現実世界で仕事をするということだと理解しました。
 本番まであと二週間、がんばります。



Clementi/Gradus ad Parnassum Op.44 Nr.8
Beethoven/Klaviersonate Nr. 13 Op. 27 Nr. 1 Es-dur ~ 1 mov.


関連記事

[タグ未指定]
[ 2012/07/09 10:10 ] クラシックピアノレッスン | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
全記事表示リンク
月別アーカイブ