FC2ブログ

音楽レッスン帳

クラシックピアノ・ジャズピアノ・エレキギター・作曲・DTM・オーケストラ・パーカッションのレッスン日記 ♪ 姉妹サイト「ニョキリサ」もよろしくお願いします(๑˃̵ᴗ˂̵)

いよいよ終楽章

 今日のピアノレッスンで学んだこと

【クレメンティ】
 ・一つ一つの音を弾きすぎないで、フレーズと和声を感じながら、塊で弾く。
 ・和声音をつなげる非和声音の行先を感じて。
 ・跳躍に伴う手の重心の移動。
 ・アップボウの音か、ダウンボウの音か考える。
 
【J.S.バッハ】
 ・三拍子を感じて、「いち」だけしっかり弾く。
 ・フレーズ内のクライマックスまでの意識。
 ・フレーズごとの下降に伴い、どこまでテンションを下げるか。
 ・低音域のテーマは高音域に比べ埋もれてしまうため、よりしっかりと。
 ・テーマ間の間奏は横に流れて歌う。
 ・e-moll のカデンツに入る直前の緊張感と切迫感、そして解決。
 
【ベートーヴェン】
 第三楽章
 ・左手はソステヌートで弱音、右の長い音は管楽器のつもりで歌う。
 ・フレーズの終わりと次のフレーズの始まりは同じ音量とテンションで。
 ・トリルは入れすぎず、速すぎず、十分に歌う。
 ・ペダリング。

 第四楽章
 ・p から入る。
 ・ペダリング。
 ・際立たせる音。
 ・重い f と軽い f。
 ・音の長さを守る(休符を感じる)。
 


 
 ベートーヴェンのソナタ第13番の一楽章を始めたのは二月、それから八ヶ月でいよいよクライマックスの終楽章にきました。いやぁ~長い道のりでした・・・。
 ロンド形式の推進力で生き生きした曲で、毎日の練習も楽しいです。
 先生のピアノの脇にチューニングハンマーが置かれていたのでお聞きしたところ、ご自身でチューニングはもとより切れた弦を張り替えたりもなさるそうで、すごいと思いました。
 先生のリサイタルが間近なので、とても楽しみです。






Clementi/Gradus ad Parnassum Op.44 Nr.12
J.S.Bach/Das Wohltemperirte Clavier BWV 860 G-dur ~ FUGA
Beethoven/Klaviersonate Nr. 13 Op. 27 Nr. 1 Es-dur ~ 3 mov. & 4 mov.






関連記事

[タグ未指定]
[ 2012/10/08 14:47 ] クラシックピアノレッスン | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
全記事表示リンク
月別アーカイブ