FC2ブログ

音楽レッスン帳

クラシックピアノ・ジャズピアノ・エレキギター・作曲・DTM・オーケストラ・パーカッションのレッスン日記 ♪ 姉妹サイト「ニョキリサ」もよろしくお願いします(๑˃̵ᴗ˂̵)

2013 年春のピアノ発表会の曲

今日のピアノレッスンで学んだこと

【クレメンティ】
 ・テンポをあげる
 ・音の方向
 ・動きを持たせるところ

【J.S.バッハ】
 ・テンポをあげる
 ・特に大事な音
 ・トリルの指使いと入れ方
 ・音量のバランスとタイミング
 ・曲内の Dur と moll の音色の切り替え
 ・カデンツを丁寧に
 ・半音階の大事なところ
 ・たっぷりと抑揚をつけるところ
 ・バスの長さを均一に
 ・音の方向

【ベートーヴェン】
 ・低音と高音の音量バランス
 ・軽いタッチ
 ・手で押さえつけず指だけで弾くとコントロールしやすい
 ・強弱のコントラストをはっきりと
 ・距離のある跳躍は素早く移動し少し待ってから弾く
 ・moll-dur のところは丁寧に
 ・アウフタクトからはじまる一拍目
 ・長いピアニッシモ
 ・p の中の sfz
 ・指をあげすぎず鍵盤と近い距離で弾くところ



 MIDI 検定の勉強に集中したかったため、今日は4週間ぶりのレッスンとなりました。
 来年4月のピアノ発表会で弾きたい曲を、事前に5曲選んでいたので楽譜を持っていきました。
 先生は、ショパンのポロネーズ1番をやろうと考えて下さっていましたが、私の弾きたい曲でいこうということになり、シューベルトの即興曲 Op.90-3 に決定しました。
 フラット6つのソフトな調でアンダンテで歌う美しい曲です。









Clementi/Gradus ad Parnassum Op.44 Nr.13
J.S.Bach/Das Wohltemperirte Clavier BWV 858 Fis-dur ~ PRAELUDIUM
Beethoven/Klaviersonate Nr. 13 Op. 27 Nr. 1 Es-dur ~ 4 mov.



関連記事

[タグ未指定]
[ 2012/12/09 15:07 ] クラシックピアノレッスン | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
全記事表示リンク
月別アーカイブ