FC2ブログ

音楽レッスン帳

クラシックピアノ・ジャズピアノ・エレキギター・作曲・DTM・オーケストラ・パーカッションのレッスン日記 ♪ 姉妹サイト「ニョキリサ」もよろしくお願いします(๑˃̵ᴗ˂̵)

音の変化

今日のピアノレッスンで学んだこと

【クレメンティ】
 ・テンポをあげる
 ・拍の頭を左右そろえ、裏拍は抜く
 ・指使いにより表拍より裏拍が強くなりやすいところを注意する
 ・音楽が停滞しないよう流れて
 ・どこまで下がりどこまで上がるか感じる

【J.S.バッハ】
 ・腕を回さず必要最低限の運動で弾く
 ・ウェイトをかけず指だけで軽いタッチで弾く
 ・左手首を上げすぎない
 ・今鳴っている音を良く聴き次につなげる
 ・この音はどこの音に向かっているのか感じる
 ・フレーズ
 ・ソプラノとバスがそれぞれ独立し影響されすぎないで
 ・細かく拍を意識(全部「1」)せず大きくフレージング
 ・特に大事な音、テヌート
 ・バスの入りは飛び出さずクレッシェンドで
 ・テンポをあげる
 ・シンプルに

【シューベルト】
 ・和声の変わり目は映像でいうフェードのように丁寧に
 ・バスの音量
 ・クロマティックの音を大事につなげる
 ・手首や腕を動かさず指だけで弾く
 ・メロディーラインは指の腹で
 ・リズムが崩れやすいところはコードにしたりメロディーとわけたりする部分練習
 ・中間部の激しさ、バスの三連符は明確に
 ・譜面に書いていない強弱の解釈
 ・ウナ・コルダを入れるところ
 ・ペダリング
 ・メロディーの音量
 ・コーダのスフォルツァンドは腕を使い下から
 ・内声は色々な音色にならないよう指だけで弾く(親指が強くなりやすいので注意)



 少しずつ内面が音に伝わっていくような感覚がありました。
 守ってばかりいた姿勢が、表へ開いていっているような音の変化です。
 それがほんの少し感じられて、心を解放するってこういうことなのかもしれないとふと思いました。
 眠っていた自分と出会えたような気がします。
 まだ蜃気楼のように不確かなのですが、その片鱗を自分で感知できたことで少し希望が見えました。
 これからオーケストラでティンパニをしに行ってきます。









Clementi/Gradus ad Parnassum Op.44 Nr.14
J.S.Bach/Das Wohltemperirte Clavier BWV 858 Fis-dur ~ PRAELUDIUM
Schubert/Impromptu D 899,Opus 90 No.3 Ges-dur






関連記事

[タグ未指定]
[ 2013/02/03 15:03 ] クラシックピアノレッスン | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
全記事表示リンク
月別アーカイブ