FC2ブログ

音楽レッスン帳

クラシックピアノ・ジャズピアノ・エレキギター・作曲・DTM・オーケストラ・パーカッションのレッスン日記 ♪ 姉妹サイト「ニョキリサ」もよろしくお願いします(๑˃̵ᴗ˂̵)

古典派音楽

 古典派音楽とは、17~18世紀のバロックと、19世紀のロマン派の間に位置づけられ、18世紀中ごろから19世紀初頭にかけての音楽様式です。オーストリアの首都ウィーンが活動の中心であったことから、「ウィーン古典派」ともよばれます。

 ヨーロッパでは、17世紀ごろから古代ギリシャやローマの芸術を規範とし、調和や普遍性をめざす芸術運動とする古典主義が文学や美術でおこりはじめます。音楽における古典派は、直接的に古典主義運動の影響をうけたわけではありませんが、論理的で調和のとれた形式が確立した点は共通しています。代表的な作曲家は、ハイドンやモーツァルト、ベートーヴェンで、とくに彼らの時代を「盛期古典派」とよび、それ以前の時代を「前古典派」とよぶこともあります。また、19世紀末から20世紀にかけて、ストラヴィンスキーらを中心としておこった「新古典主義」とは、明確に区別されます。

 この時代のヨーロッパの社会体制は、絶対王政から近代民主主義へと移行する激動の時期にあたり、古典派初期には、音楽家たちはバロック時代と同様に王侯貴族のために作曲し演奏するのが一般的でした。その後しだいにフリーの音楽家も登場しはじめ、1789年のフランス革命により市民階級が台頭すると、一般市民に音楽を教えたり、楽譜を販売したり、演奏会を開催して生計をたてることも可能となりました。 このような社会体制の変化の影響により、とくに大きく発展したのが器楽の分野です。

 古典派は、バロック時代の装飾や、過度の感情表現を排除し、調和のとれた形式を生みだしました。その代表が複数の主題の展開を原理とするソナタ形式です。提示部-展開部-再現部の3部分から構成され、主調と属調の対比を明確な図式にしめしたソナタ形式は、当時の音楽に広く浸透し、さまざまな音楽の土台となりました。 これまでの連続性を好むバロックから、明確な部分を強調することでコミカルさをかもしだしたことが古典派音楽の大きな特徴といえます。バロック時代でも、ある民謡の旋律を使うというパロディがありましたが、古典派では音楽の内部だけで面白さを可能にしたのです。

 この時代に確立した器楽様式として、ソナタ、交響曲、協奏曲、弦楽四重奏曲などがあげられますが、それ以降の音楽に大きな影響を与えました。これらの音楽は、公開演奏会でも数多く演奏され、楽譜も盛んに出版されました。

 声楽の分野では、ドイツ歌曲がハイドンやモーツァルトにより確立されます。オペラでは、グルックが1762年の「オルフェオとエウリディーチェ」などにより歌詞と音楽の調和をめざした「オペラ改革」をこころみます。グルック以降、オペラでも合唱や器楽演奏が重視されるようになりました。古典派の時代の初期までは、宮廷劇場で上演されるオペラ・セーリアが主体でしたが、大規模な宮廷オペラはしだいに敬遠されるようになり、かわって発展してきたのが喜劇的なオペラで、新たに登場した巡業歌劇団や民間劇場で上演され、市民の人気を集めました。

 ソナタ形式の発展にもっとも寄与したのは交響曲ですが、イタリア・オペラの「シンフォニア」とよばれる序曲が進化したもので、前古典派時代のワーゲンザイルやモン、J.S.バッハの息子たちが盛んに作曲し、「交響曲の父」と称されるハイドンへ受け継がれます。また、弦楽5部構成の確立やクラリネットなど新しい管楽器が登場し改良されたことにより、オーケストラの編成が大きく発展し、表現力も飛躍的に豊かになりました。

 ハイドン(1732~1809)は、生涯の大半をオーストリアのアイゼンシュタットに居城をもつエステルハージ侯爵につかえ、108曲の交響曲などをとおして、古典派の可能性を発展させました。モーツァルトとベートーヴェンは定職にはつかず、作曲料や演奏会の入場料、楽譜の出版、個人教授などで生計をたてました。モーツァルト(1756~1791)は、室内楽曲、協奏曲、交響曲、オペラなど多数のすぐれた作品を残し、ベートーヴェン(1770~1827)は、内面的感情を描写した9曲の交響曲をはじめ、丹念に推敲された作品を作曲し、ロマン派の作曲家たちにも大きな影響を与えました。

 交響曲の第3楽章は、ハイドンまではメヌエットが置かれることが通例でしたが、ベートーヴェンによってメヌエットの代わりにスケルツォ(もともと、冗談、ひやかし、いたずら、という意味をもつ)を置くという試みもされました。また、ハイドンにしても、6曲からなる作品33の弦楽四重奏曲『ロシア四重奏曲』すべてにスケルツォを使っています(『スケルツォ四重奏曲』と呼ばれることもあります)。このほかに、強弱や音域のコントラストといったコミカルさがあげられ、これまでの惰性で進むバロックに対して、推進力を与える古典派音楽は、「冗談」という発想と馴染む時代であったといえるでしょう。






ハイドン:弦楽四重奏曲 第38番 変ホ長調 op.33-2 から
(ロシア四重奏曲 第2番 『冗談』)

第1楽章 Allegro Moderato






ハイドン:弦楽四重奏曲 第38番 変ホ長調 op.33-2 から
(ロシア四重奏曲 第2番 『冗談』)

第2楽章 Scherzo (Allegro)






ハイドン:弦楽四重奏曲 第38番 変ホ長調 op.33-2 から
(ロシア四重奏曲 第2番 『冗談』)

第3楽章 Largo e sostenuto






ハイドン:弦楽四重奏曲 第38番 変ホ長調 op.33-2 から
(ロシア四重奏曲 第2番 『冗談』)

第4楽章 Finale (Presto)




(2008年執筆)


関連記事

[タグ未指定]
[ 2010/12/22 10:38 ] 音楽史 | TB(3) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
モーツァルト:交響曲第38番 『プラハ』
モーツァルト:交響曲第38番 ニ長調 K.504 『プラハ』 【概 要】  歌劇 『フィガロの結婚』 の初演の前夜、1787年1月19日にプラハにて、モーツァルト自身の指揮により初演された。現...
ベートーヴェンの誕生日に…
 240年前の今日、1770年12月16日頃にベートーヴェンは生まれました。「頃」というのは、12月17日に洗礼を受けたことしかわかっていないためです。ともあれ今日は、フルトヴェングラー指揮、ウィーン・フ...
第九の前の歓喜の歌
 毎年この時期は日本中のあちこちでベートーヴェンの『第九』が演奏されますが、今日はこの『第九』の歓喜の主題とそっくりな、37歳のベートーヴェン(1808年)が創作した 『合唱幻想曲』 、正式名 『ピ...
全記事表示リンク
月別アーカイブ