FC2ブログ

音楽レッスン帳

クラシックピアノ・ジャズピアノ・エレキギター・作曲・DTM・オーケストラ・パーカッションのレッスン日記 ♪ 姉妹サイト「ニョキリサ」もよろしくお願いします(๑˃̵ᴗ˂̵)

倍音を持ち上げると

昨日の DTM レッスンで学んだこと

 ・音の修正
 ・パンニング
 ・各楽器の帯域(中低域~中高域内)を調整
 ・高域はリバーブを分離させるためにとっておく
 ・EQ でピックアップしてから倍音を持ち上げる方が、その逆順よりもきれい
 ・リバーブの名器




 今、弦楽四重奏の 1 楽章の音を作っています。
 倍音を持ち上げると音がクリアになり、コンプレッサーをかけるとヴァイオリンの高音のキンキンした音が丸くなりました。
 奏者が横一列に並ぶより、アーチ型(両脇の第一ヴァイオリンとチェロがやや前方に、内声の第二ヴァイオリンとヴィオラがやや奥に)に並ばせたほうが良いとレッスン中に思いました。
 その各楽器の L と R のパンニングの調整と、各楽器の音域や力配分による EQ のかけ具合がとても難しく感じました。










 
関連記事

[タグ未指定]
[ 2013/03/14 05:56 ] DTM レッスン(ProTools) | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
全記事表示リンク
月別アーカイブ