FC2ブログ

音楽レッスン帳

クラシックピアノ・ジャズピアノ・エレキギター・作曲・DTM・オーケストラ・パーカッションのレッスン日記 ♪ 姉妹サイト「ニョキリサ」もよろしくお願いします(๑˃̵ᴗ˂̵)

バスドラムレッスン

昨日のパーカッションレッスンで学んだこと

 ・バスドラムの設置法(傾ける角度など)とチューニング法
 ・バスドラムの打つ箇所は中央より少し下あたり(チャイコフスキー「小ロシア」に関しては)
 ・バスドラムのスティックの選別
 ・スティックの先だけをあてず広い面で打つ
 ・楽器全体を響かせるイメージ
 ・良い姿勢で
 ・バスドラムの本来の芯のある音
 ・バスドラムと銅鑼の設置位置の工夫とスティック置き場を作ること
 ・銅鑼の打つ位置
 ・銅鑼のミュート
 ・長い休止は数えることより音楽に集中する
 ・合わせるときはテクニックのことは全部忘れて出したい音をイメージする
 ・堂々と思い切ってやる
 ・ティンパニの練習課題


 ほとんどバスドラムだけでレッスンが終わってしまいましたが、単純で簡単そうに見えますが大変奥の深い楽器であるとあらためて思いました。
 ある意味ティンパニよりも難しく感じました。
 銅鑼の位置を変えただけで、バスドラムから銅鑼への移動がスムーズにでき、「あんなに慌ただしく感じたのはなんだったんだろう・・・」とおかしくて笑っちゃうぐらい余裕ができました。
 これで、指揮者の合図に集中して思い切りできると思います!


関連記事

[タグ未指定]
[ 2013/04/01 10:14 ] ティンパニレッスン | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
全記事表示リンク
月別アーカイブ