FC2ブログ

音楽レッスン帳

クラシックピアノ・ジャズピアノ・エレキギター・作曲・DTM・オーケストラ・パーカッションのレッスン日記 ♪ 姉妹サイト「ニョキリサ」もよろしくお願いします(๑˃̵ᴗ˂̵)

仲良くなってきた

今日のピアノレッスンで学んだこと

【クラーマー = ビューロー】
 ・外声をしっかり響かせ、内声は鍵盤の近くで音量を抑える
 ・テンポをあげる
 ・フレーズから次のフレーズに向かうつなぎの部分の p から cresc.

【J.S.バッハ】
 ・音型にしたがって強弱をつける
 ・テーマの中のトリルは記号ではなく音符として書かれているように感じて
 ・テーマの中間の八分休符でフレーズ感が止まらないように
 ・テーマの八分音符はレガート、間奏の八分音符はポルタメントで
 ・間奏の十六分音符の同音にアクセントをつけず塊で感じる
 ・dis-moll のカデンツで rit. かけない
 ・最後は堂々と終わる

【シューベルト】
 ・メロディに対する性格付けのバスもたっぷりと歌う
 ・ソプラノとバスが同時進行で歌うところはペダルなしで
 ・バスのクロマティック上行のところは大切に
 ・アゴーギク
 ・中間部のバスの印象的な動機のところはペダルなしで
 ・中間部から主部に戻る手前のソプラノ Es の連打は意味を持たせて響かせる
 ・バスだけの練習ではソプラノを歌いながら和声を感じて 

 以前よりも余計な力が入らなくなり自由になりました。
 気持ちが指に、指からピアノに音となって伝わっていくのを感じます。
 だいぶピアノと仲良くなってきました。
 ピアノが私の一部になるためにあくせくしていた十代はなんだったんだろうって思います。
 心と身体はつながっているとよく言われますが、そのとおりなんだなぁ。
 あまり物事や自分自身のことにとらわれず、音楽のように流れていったらいいのかなと、ふと思いました。
 








クラーマー = ビューロー/60 練習曲 ~ 第 2 番
J.S.バッハ/平均律クラヴィーア曲集 第 Ⅰ 巻 BWV 858 嬰ヘ長調 ~ フーガ
シューベルト/4 つの即興曲 D 899 ~ 第 3 曲 変ト長調



関連記事

[タグ未指定]
[ 2013/05/05 16:05 ] クラシックピアノレッスン | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
全記事表示リンク
月別アーカイブ