FC2ブログ

音楽レッスン帳

クラシックピアノ・ジャズピアノ・エレキギター・作曲・DTM・オーケストラ・パーカッションのレッスン日記 ♪ 姉妹サイト「ニョキリサ」もよろしくお願いします(๑˃̵ᴗ˂̵)

音楽表現 > 技術

今日のピアノレッスンで学んだこと

【クラーマー=ビューロー】
 ・2小節ごとのフレーズの感じ方(両外声の二分音符と四分音符)、いち・に・さーん(しは数えない)。
 ・両手を意識してそろえる。
 ・一回目は mf 、二回目は p といった強弱の変化、次の mf にもっていくための効果的な p 、という変化や意味を考える。
 ・クレッシェンドはソプラノだけではなく全体でする。
 ・解決に向かうドミナントを大事にする。

【J.S.バッハ】
 ・テーマのトリルは「タカタカタンタタター」と心の中で歌い急がない。
 ・テーマの入りの完全4度上の跳躍は動きをもって、トリルの所はコンパクトに。
 ・ソプラノ、アルト、バスの順に入るテーマはニュアンスを統一させて。
 ・三声のテーマの入りが終わったところのタラタラタラタラの形はガラリと細かく縦に躍動する。
 ・横に大きく歌うテーマと、細かく縦に刻む音型と、二つの性格がある。前半はどちらも譲らずそれぞれを主張し、中間で悲しみがやってきて、後半から次第に歩み寄り、和解していく。
 ・練習の目的を考える。レガートの練習をしているうちにレガートが軸になってしまってはいけない。「音楽」という木の幹があり、枝の一つにレガートがあり、広がっていくということ、技術先行ではなく、表現の手段としての技術であることを忘れないように。
  
【ベートーヴェン】
 ・ベートーヴェンの初期の作品は多くの試みをした。休符も意味があるので大事に。
 ・順次進行のスタッカートは軽く。
 ・ペダリング
 ・展開部の10度跳躍は指を曲げず伸ばしたまま、小指を軸に素早く移動する。
 




クラーマー = ビューロー/60 練習曲 ~ 第 2 番
J.S.バッハ/平均律クラヴィーア曲集 第 Ⅰ 巻 BWV 858 嬰ヘ長調 ~ フーガ
ベートーヴェン/ピアノソナタ 第 2 番 イ長調 Op.2-2



関連記事

[タグ未指定]
[ 2013/09/22 20:14 ] クラシックピアノレッスン | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
全記事表示リンク
月別アーカイブ