FC2ブログ

音楽レッスン帳

クラシックピアノ・ジャズピアノ・エレキギター・作曲・DTM・オーケストラ・パーカッションのレッスン日記 ♪ 姉妹サイト「ニョキリサ」もよろしくお願いします(๑˃̵ᴗ˂̵)

2014 年春のピアノ発表会の曲

 今日のピアノレッスンで学んだこと。

【クラーマー=ビューロー】
 ・ハーモニーを感じて。
 ・左の同じフレーズで途中で変わる音を特に大事に弾く。
 ・4小節の長いフレーズを歌う。
 ・大事な音の発音の前の準備。

【J.S.バッハ】
 ・レガートとリズミカルなところの対比。
 ・テーマの中間の八分休符止まらず、後半の下降は少し dim. にする。
 ・テーマの始まりの跳躍で音の距離を感じる。
 ・音域の性格上、アルトは他声部に埋もれてしまいやすいので、手のウェイトを傾けて音量をしっかりだす。
 ・弱音でもしっかり指の圧力を感じて弾く。
 ・リズムを刻む音型は速くなりやすいので注意。
 ・中間のソプラノの跳躍を大事に。
  
【ベートーヴェン】
 ・展開部の跳躍の練習。
  1.右手上声部だけ
  2.右手の親指の力を抜く
  3.左手を見ないで弾く
 ・冒頭、二番目の音に向かって、三回上がるごとに明るく。
 ・音階上降型は軽くリズミカルに、正確なテンポで。
 ・f と ff の違い、ダイナミクスの変化の位置を正確に。
 ・展開部冒頭のペダリングは一拍ずつ、スタッカートは長めにしっかり。
 

 2 月のピアノ発表会でブラームスのラプソディ 2 番を弾くことになりました。
 高校のとき弾いたことありますが、また練習して上達したいです。
 






クラーマー = ビューロー/60 練習曲 ~ 第 3 番
J.S.バッハ/平均律クラヴィーア曲集 第 Ⅰ 巻 BWV 858 嬰ヘ長調 ~ フーガ
ベートーヴェン/ピアノソナタ 第 2 番 イ長調 Op.2-2



関連記事

[タグ未指定]
[ 2013/10/20 14:02 ] クラシックピアノレッスン | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
全記事表示リンク
月別アーカイブ