FC2ブログ

音楽レッスン帳

クラシックピアノ・ジャズピアノ・エレキギター・作曲・DTM・オーケストラ・パーカッションのレッスン日記 ♪ 姉妹サイト「ニョキリサ」もよろしくお願いします(๑˃̵ᴗ˂̵)

いつも注意されること フレーズとテンポ

 今日のピアノレッスンで学んだこと。

【クラーマー=ビューロー】
 ・左右の音量バランス。
 ・低音を響かせて歌う。
 ・フレーズを長く感じる。

【J.S.バッハ】
 ・プレリュードとフーガは表裏一体。両者テンポ設定を関連付ける。
 ・テーマの前半は上降、後半は下降といった音型を音色に反映させる。
 ・片手でテーマのラインと内声を同時進行のときはテーマを浮き立たせるよう内声をコントロールする。
 ・解決前の導音を丁寧に。
 ・後半バスのテーマの前半断片の連続を丁寧に。
 ・低音のテーマを響かせる。
   
【ブラームス】
 ・4小節ずつの長いフレーズで。
 ・終始一貫、内声の三連符を正確にキープ、リズムとテンポと音量をコントロール。
 ・片手ずつの練習のときは他方の音を心の中で歌いながら弾く。
 ・今はテンポを揺らさず、正確に弾く。
 ・曲調の変わり目はテンポが変わりやすいので気を付ける(速くならないように)。
 ・初めは重厚に、risoluto のところは軽く。
 ・espr. からの低音を大きなフレーズで響かせて歌う。
 ・音程が次第に広くなりフレーズが短くなっていくところの緊張感。
 ・misterioso の p は p でもしっかり。
 ・付点音符はリズムが甘くならないよう正確に。
 ・長いフレーズの入りは下から p から始める。
 ・どこに向かっていくか、どこまでいき、どこでおさめるか考える。
 ・低音の応答は大事に響かせる。
 ・場面が変わる際のところ(全3回)は低音を聴く。
 ・クレッシェンドは両手ともで。
 ・フォーム。


 

クラーマー = ビューロー/60 練習曲 ~ 第 3 番
J.S.バッハ/平均律クラヴィーア曲集 第 Ⅰ 巻 BWV 858 嬰ヘ長調 ~ フーガ
ブラームス/二つのラプソディー 2 番 Op.79-2



関連記事

[タグ未指定]
[ 2013/12/09 20:43 ] クラシックピアノレッスン | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
全記事表示リンク
月別アーカイブ