FC2ブログ

音楽レッスン帳

クラシックピアノ・ジャズピアノ・エレキギター・作曲・DTM・オーケストラ・パーカッションのレッスン日記 ♪ 姉妹サイト「ニョキリサ」もよろしくお願いします(๑˃̵ᴗ˂̵)

セコンダリー・ドミナントのスケール選択

昨日のジャズピアノレッスンで学んだこと

【DTM】
 ・デバイス ― VST インストゥルメント ― 全出力を有効化に設定する。
 ・小編成の曲はピアノの左右や複数のギターを一つのトラックにまとめ、パンを振り過ぎない。一つずつにわけると遠くに聞こえる。
 ・パンは 30 より大きいと立体的(大編成に向く)、10 あたりで小さく振るとまとまる。
 
 
【実技】
 ・After You've Gone
 ・You And The Night And Music
 ・LIKE SOMEONE IN LOVE
    
 課題
  ・アドリブ練習
  ・Confirmation


【理論】
 ○ セコンダリー・ドミナント( 4 度進行)のスケール選択
  
  ・ビバップ以降の考え方(主にアドリブの時)
   1.行き先のコードタイプがマイナー系の場合、♭9・♯9 系(ALT./Com.Dim./MIXO-LYD♭13/HmP5↓)
   2.行き先のコードタイプがメジャー系の場合、♮9 系(MIXO-LYD/LYD♭7/WHOLE TONE)

  ・古典的な考え方(作曲・編曲の時)
   コードトーンの間に調の音を埋めていく。(MIXO-LYD♭13)

  ◎ 暗い
   ・ALT(ビバップに多い)
   ・Com.Dim.(モードジャズ以降に多い)
   ・HmP5↓(古典的)・・・♯9 を加えてもよい。(SPANISH 8 NOTES)
   ・MIXO-LYD♭13

  ◎ 明るい
   ・MIXO-LYD
   ・LYD♭7
   ・WHOLE TONE(調性感がない)

 課題
  After you've Gone から、初めの 16 小節のコード進行を使い、 B♭7 と D7 を LYD♭7 に、A7 を ALT にした替え歌を作る(⑪)。



 ○ MINOR の DIATONIC SCALE
  ・11th と Maj7 は相性が悪い(増 4°)。

 課題
  MINOR で Sec.D (4°進行)と裏コード(半音下降)を使ったコード進行を作る。⑨ c minor/⑩ f minor
  ・Sec.D を 2 コくらいシンプルに入れる。
  ・MINOR の調性感がなくなるので、Ⅴ-Ⅰ の進行を基本にする。

  Jazz Lesson 9
  Jazz Lesson 10


【作曲】
 ⑦ key = C
 ・メロディが少し詰まった感じがするので、同じ音が続く箇所をタイにしても良い。
 ・メロディの先行音のところはコードも同じように先行させるか、拍の頭でコードチェンジさせるかは好みで。
 ・E7 から Am7 のところの E7 は ALT にすると調性からいって自然。
 ・オクターブ跳躍はぎこちなく聞こえる(楽器や速度などにもよるが)ことがあるので、間に音を入れても良い。
 ・Ⅳm-Ⅰ の終止ははっきりしない終わり方なので、メロディの性格も関連づけると良い。
 
 ⑧ key = F
 ・メロディを切る箇所を休符を入れるなどする。
 ・A7 から Dm7 にいくところの A7 は ALT が自然。
 ・C7/G より C7 のほうが次の F Maj7 の終止がはっきりする。
 ・テンションが中心の曲なので、終わりはコードトーンでおさまりを良くしても良い。

  Jazz Lesson 7
  Jazz Lesson 8




 先生からお借りした CD


 ♪ The Brecker Brothers 『The Return Of The Brecker Brothers』
 ♪ Joshua Redman 『Timeless Tales (For Changing Times)』









関連記事

[タグ未指定]
[ 2013/12/14 19:55 ] ジャズピアノレッスン 1 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
全記事表示リンク
月別アーカイブ