FC2ブログ

音楽レッスン帳

クラシックピアノ・ジャズピアノ・エレキギター・作曲・DTM・オーケストラ・パーカッションのレッスン日記 ♪ 姉妹サイト「ニョキリサ」もよろしくお願いします(๑˃̵ᴗ˂̵)

今年最後のレッスン

 今日のピアノレッスンで学んだこと。

【クラーマー=ビューロー】
 ・一拍目が休符なので、二拍目に少しアクセントをおくと拍感が明確になる。
 ・ポイントになる音とつなぎの音を弾きわけフレーズを大きくとる。
 ・体全体で感じて表現し動きをもたせる。
 ・大事な音と抜く音。
 ・重心を下に。
 ・音型に従って松葉をもっとつける。

【J.S.バッハ】
 ・呼吸を深く大きく。
 ・どこまで一気にいくか(フレーズの頂点)を常に考える。
 ・フレーズのはじめは潜る。
 ・テーマの前半トリル以降の問いかけを感じて。
 ・音がなっている間も音楽が流れているように。
 ・ふくらますところは手前で一度潜る。 
   
【ブラームス】
 ・4小節ずつの長いフレーズで。
 ・左が右をまたぐときに遅くならず一定のテンポで。
 ・大きく回転するようにイメージ。
 ・アウフタクトから頭はあまり重くせず流れる。
 ・小節線をまたぐところはたっぷりと、速くならないで。
 ・ちゃんとリットする。
 ・ペダリング。
 ・キャラクターが変わるところはそのように。
 ・エスプレッシーヴォのはじめは少しルバート、変化する音のニュアンスづけ。
 ・ミステリオーソ、明確に発音させるところはノンペダルで。
 ・緊張感をもたせるために、一定のテンポとピアニッシモ、ピアニシシモを保つ。
 ・急にピアノになるところはテンポを遅くせず素早く音色を変え、テンポを保つ。
 ・テンポを動かした後は元のテンポに戻す。
 ・ウナコルダから低音を太く大きく静かに、緊張感をもって。
 

 今回は音楽に乗ってピアノを弾けました。
 昨日のオーケストラでのティンパニが気持ちよくできたのが余韻となって思いきりできたのではないかと思います。
 先生もそれに応えるかのように、いつもより一層エネルギッシュに教えてくださって、とても楽しいレッスンでした。
 今年最後の締めくくりとして、来年につなげるステップアップに期待を持つことができました。
 

クラーマー = ビューロー/60 練習曲 ~ 第 4 番
J.S.バッハ/平均律クラヴィーア曲集 第 Ⅰ 巻 BWV 858 嬰ヘ長調 ~ フーガ
ブラームス/二つのラプソディー 2 番 Op.79-2



関連記事

[タグ未指定]
[ 2013/12/22 17:53 ] クラシックピアノレッスン | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
全記事表示リンク
月別アーカイブ