FC2ブログ

音楽レッスン帳

クラシックピアノ・ジャズピアノ・エレキギター・作曲・DTM・オーケストラ・パーカッションのレッスン日記 ♪ 姉妹サイト「ニョキリサ」もよろしくお願いします(๑˃̵ᴗ˂̵)

だんだんわかってきた

 昨日のピアノレッスンで学んだこと。

【クラーマー=ビューロー】
 ・元気よく堂々と弾く。
 ・身体も小さくしない。
 ・松葉をもっとはっきりつける。
 ・音を追うポイントとなる音をおさえ、その他は流して弾く。
 ・フレーズを大きく。
 ・アクセントの意味。リズムの変わり目のアクセントはテヌートを意識。
 ・解決に向かう緊張は特に大事に。
 ・最後のアルペジオとコードの中の特に聴く音。
 ・コードでも外声だけでなく内声の大事な音をきちんと鳴らす。

【J.S.バッハ】
 ・明るく笑顔で。
 ・自分だけのためではなく、人のために弾く。
 ・ここは大きなホールだとイメージして気持ちを大きく。
 ・内に向かわず、外へ外へ。
   
【ブラームス】
 ・はっきりした場面場面の切り替え。
 ・一区切りのところまでの二段階目は、一段階目よりも大きく。
 ・内声の三連符のリズムを正確に刻む。
 ・リゾルートから縦へテンポキープ。
 ・エスプレッシーヴォへ移るときペダルを離す。
 ・エスプレッシーヴォのソプラノ三連符を丁寧に、左は弱く。
 ・畳み掛けるリズムのところ、三連符のあとの四分音符をテヌート。
 ・ペダルが濁らないように。ペダルを浅くするところ、ペダルを多めに切り替えるところ。
 ・ミステリオーソからバスを正確に刻む。
 ・展開部に移るときのアルペジオからアウフタクトの三連符の初めが埋もれないようしっかり。
 ・左が右の上を行き来するフォームのところはバスが浅くならないように。
 ・フォルテからピアノに切り替わるところはすこし間をあける。
 ・静寂なところと動くところの対比。
 ・メッツァヴォーチェの移り変わりのところはペダル浅く。
 ・右手の合いの手歌う。
 ・ソットヴォーチェからさらに緊張感をもって。
 ・最後の三連符から八分音符、四分音符三連、四分音符のリズムを正確に。
 ・最後のコード二つは「イチ、イチ」で。




 だんだんピアノの弾き方、音楽の感じ方がわかってきて、楽しくなってきました。
 習い始めた二年前と比べ、成長が自分で認められてうれしいです。
 発表会まで残り一か月、ホールでスタインウェイのフルコンピアノで弾くことをイメージして、良い演奏ができるようにがんばります。
 

クラーマー = ビューロー/60 練習曲 ~ 第 4 番
J.S.バッハ/平均律クラヴィーア曲集 第 Ⅰ 巻 BWV 858 嬰ヘ長調 ~ フーガ
ブラームス/二つのラプソディー 2 番 Op.79-2



関連記事

[タグ未指定]
[ 2014/01/13 12:00 ] クラシックピアノレッスン | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
全記事表示リンク
月別アーカイブ