FC2ブログ

音楽レッスン帳

クラシックピアノ・ジャズピアノ・エレキギター・作曲・DTM・オーケストラ・パーカッションのレッスン日記 ♪ 姉妹サイト「ニョキリサ」もよろしくお願いします(๑˃̵ᴗ˂̵)

使えないオーディオインターフェイス・・・

 昨日のジャズピアノレッスンで学んだこと

【DTM】
 ・「音がならない」「Cubase で作動しない」の問題点から、オーディオインターフェイスや MIDI インターフェイスを変える。Windows で安定しているメーカー。

 ・音入力した ⑦⑧ 課題(sec.D. と♭Ⅱ7 を使ったコード進行に LYD♭7 の ♯11 も入れてテンションを目立たせる)について、音量調整、リバーブ、パンニング。
  ※ MIDI - リストエディター で初めのデータを消すと自動的に音量レベルが動いてしまう問題を解決できる。
  ※ リバーブがかかりすぎる問題は、HALION の音色で初めからリバーブがかかっているのがあるので、ドライな音色を選ぶ。
  ※ ベースがはっきりしない問題は、イコライザーで上げるか、音の高さを 1 oct. 上げるか、音色を変えるかする。
  ※ OUTPUT をMain にせず、OUT2 から設定する。
  ※ 小編成の楽器の位置は、10 以内に振るとまとまる。

 課題
  ・この前の課題 ⑨⑩(Minor で sec.D をシンプルに入れる)のメロディを打ち込む。

  Jazz Lesson 7
  Jazz Lesson 8
  Jazz Lesson 9
  Jazz Lesson 10


  
【実技】
 ・LIKE SOMEONE IN LOVE
   マイナスワンと拍がずれても、途中で合わせられるようにミスを最小限にとどめられる技術も身につける。
 ・Confirmation
   速い曲でもゆったり聴こえるように。
 ・Night And Day
   シンコペーションのリズムをもっと取り入れる。
 ・Now's the time
   アドリブで、リズムだけとか音だけとか、何かひとつに目的を絞った練習をするとよい。  
 課題
  ・アドリブ練習
  ・Old folks


【作曲】
 ・課題 ⑨⑩(Minor で sec.D をシンプルに入れる)のメロディ
  ※⑨⑩ 最後の Maj7 でRoot は相性が悪いのでコードを 6 に変えるか、メロディを Root 以外にするかする。
  ※⑨ 最後のクロマティックなメロディは理論的には間違いではないが、音にすると違和感があるかもしれないので、音入力してみて変更するなりする。

  Jazz Lesson 9
  Jazz Lesson 10
 
 ・"COME RAIN OR SHINE" の初め 8 小節のコード進行を使った替え歌(⑫)
  ※最後は音をなくすか少なくしてピックアップしやすくした状態にしておくとよい。

 課題
 ・"Bluesette" のコード進行を使った替え歌(⑬)を作る。 




 先生からお借りした CD


 ♪ Horace Silver Quintet 『Horace-Scope』
 ♪ Art Blakey 『Moanin'』
 ♪ Art Blakey 『A Night at Birdland vol.1』







関連記事

[タグ未指定]
[ 2014/01/18 05:44 ] ジャズピアノレッスン 1 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
全記事表示リンク
月別アーカイブ