FC2ブログ

音楽レッスン帳

クラシックピアノ・ジャズピアノ・エレキギター・作曲・DTM・オーケストラ・パーカッションのレッスン日記 ♪ 姉妹サイト「ニョキリサ」もよろしくお願いします(๑˃̵ᴗ˂̵)

sec.D の ⅡⅤ 型と変則パターン

 今日のジャズピアノレッスンで学んだこと


【実技】
 ・Confirmation
 ・Night And Day
   ※ シンコペーションのリズムを付け、メロディフェイクする。
   ※ ペダルは最小限。
 ・Old folks
   ※ バラードのノリ(拍通り音を当てるのではなく、半小節、一小節単位の枠に収まるような)。
   ※ ペダルは最小限。
   ※ 低音は 7 割位の音量に抑える。
 ・Now's the time
     
 課題
  ・アドリブ練習
  ・ALONE TOGETHER


【DTM】
 ・課題 ⑨⑩(Minor で sec.D をシンプルに入れる)のメロディの打ち込みについて。
  ※ ⑨ のメロディが若干不自然に聞こえるところがあるが、理論上は間違いではない。
  ※ ⑩ 最後の音とリズムの工夫で収まり良くする。

  Jazz Lesson 9
  Jazz Lesson 10


【作曲】
 ・課題 ⑬("Bluesette" のコード進行を使った替え歌)
  ※ Cmaj - Cm のコードチェンジする手前の E が、次へ続くマイナーコードと合わないので違和感があるから、共通の音に変えると良い。 
  ※ Am - D7 の ⅡⅤ のところの D7 のオルタード ♭13 がきつく聴こえる。
 ・sec.D の ⅡⅤ 型
  ※ m7 - sec.D の m7 は DOR.
    ダイアトニックの場合 PHR. や AEO. を使うこともある。
    ⅡⅤ は基本的にコードの長さが同じ。
    前のコードがダイアトニックの時は ⅡⅤ とは限らないので注意(PHR. か AEO.)。
  ※ m7(♭5) - sec.D の m7 は LOC.(LOC.♯2)
  ※ 基本: C - A7(Alt) - Dm7 - G7 / 応用:C - A7(Alt) - D7 - G7 基本型に直して考える。
  ※ ⅡⅤ 変則パターン・・・ m7 - 7th - m7 - 7th(後の Ⅱ を飛び越えてドミナントモーションするタイプと、ドミナントモーションせずに平行移動するタイプ)
  ※ コード進行作りのコツ・・・最後から逆算していく方法と、大まかな骨格を作ってから分割する方法(ハーモニックリズム注意)。

 課題
 ・"Confirmation" の最初の 8 小節を分析(ドミナント・モーション、ⅡⅤ、スケール名)。
 ・ⅡⅤ の連結(2 ヶ所以上)と 7th の連結(2 ヶ所以上)を使って B♭ で 8 小節のコード進行を作る(⑭)。
 ・ⅡⅤの変則を使ったコード進行を作る(⑮)。

  Jazz Lesson 14
  Jazz Lesson 15




 先生からお借りした CD


 ♪ Kenny Dorham 『Quiet Kenny』
 ♪ Charles Mingus 『The Essence Of Charles Mingus』





関連記事

[タグ未指定]
[ 2014/01/31 22:02 ] ジャズピアノレッスン 1 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
全記事表示リンク
月別アーカイブ