FC2ブログ

音楽レッスン帳

クラシックピアノ・ジャズピアノ・エレキギター・作曲・DTM・オーケストラ・パーカッションのレッスン日記 ♪ 姉妹サイト「ニョキリサ」もよろしくお願いします(๑˃̵ᴗ˂̵)

もっとオーバーに表現

 今日のピアノレッスンで学んだこと。

【クラーマー=ビューロー】
 ・テンポを速めに。
 ・音型にそった松葉を細かくつける。
 ・メロディーをスタッカートであってもテヌート気味にして浮き立たせる。
 ・どの音に向かっているかを感じながら。
 ・左右の音量バランス。
 ・腕の力を抜き自由に。
 ・どこからどこまでクレッシェンドか、あるいはデクレッシェンドかを正確に把握しフレーズ感を出す。
 ・スタッカートの和音の連鎖を一つ一つ弾かず、関連性の中でメロディとして歌う。 

【J.S.バッハ】
 ・初めのブロックから五度上のブロックへ、一段テンションを高く移動する。
 ・フレーズ。
 ・スラーをつけるところ。
 ・軽快に明るく。
 ・タイのテヌート。
 ・トリルは指を上げて軽く多めに入れる。
 ・音の高さや方向の変化に従いテンションに変化をつける。
 ・テーマの再現部ははっきりと帰ってきたことを表現。
 ・最後は高らかに堂々と終わる。
 ・もっと大袈裟に表現をつける。
   
【リスト】
 ・メロディラインをはっきりと強めにし、伴奏とタッチを区別する。
 ・ペダリング。
 ・もっとたっぷりと余裕とニュアンスをもって歌う。
 ・メロディにベースが合わせる。
 ・高揚するところは、もっと激して。
 ・熱烈に伴いテンポを徐々に速くさせる。
 ・頂点のあとのテンポや音量の収め方。
 ・べースは下から深く。
 ・ベースのアルペジオの音型は初めは弱く下からうねらせる。
 ・クライマックスから下降する音型のアゴーギク。
 ・腕交差の鐘は小さく遠くから。








 もっと大袈裟に表現をつけるよう注意されました。
 自分の演奏を録音したものを聴くと、自分ではもっとテンポを揺らしていたつもりが(ちょっとやりすぎたかなと思っていたくらい)、さほどでもなかったことがあります。
 自分で大袈裟かなと思うさらに少し上乗せくらいが、かえってちょうどよかったりすることがあります。

 普段の私は声も小さく、あまり多くを語らず、言葉を選びながら絞り出すように話すので、人からは自信なさそうに見られます。
 だからピアノも意識しないと素っ気ない演奏になってしまうので、普段より何倍も前へ出ないといけないと思います。
 普段抑えている喜怒哀楽を、ピアノの前でははっきりと主張しないことには、私が音楽を続けている意味がないと思いました。
 抑圧している分、秘めた情緒性を溢れ出すような音楽を生み出せるよう勇気を持ちたいです。


クラーマー = ビューロー/60 練習曲 ~ 第 6 番
J.S.バッハ/イタリア協奏曲 BWV 971 第 1 楽章
リスト/愛の夢 第 3 番



関連記事

[タグ未指定]
[ 2014/03/30 17:24 ] クラシックピアノレッスン | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
全記事表示リンク
月別アーカイブ