FC2ブログ

音楽レッスン帳

クラシックピアノ・ジャズピアノ・エレキギター・作曲・DTM・オーケストラ・パーカッションのレッスン日記 ♪ 姉妹サイト「ニョキリサ」もよろしくお願いします(๑˃̵ᴗ˂̵)

レガートと波線のアルペジオ

 今日のピアノレッスンで学んだこと。

【クラーマー=ビューロー】
 ・スタッカートだがフレーズ感をもってメロディをうたう
 ・内声は音量を抑えて
 ・拍の頭のアクセントよりスラーを意識して大きなフレーズでレガート
 ・和声の変化をつける
 ・どこの音へむかっているか、緊張感や重力を感じる
 ・拍の頭が三度音程のパッセージはレガートで三度の音程を意識
  

【J.S.バッハ】
 ・テンポを正確に
 ・原典版の ♭
 ・右手の行って帰る音型の松葉と終わりは切りすぎず収める
 ・シンコペーションのタイの後を間延びせず正確に
 ・テーマやトニックへ向かうバスの推進力とドミナントの緊張感
 ・長い右手トリルに対するバスのテンポ正確に
 ・オルガンポイントの緊張感
 ・右手トリルに対する左手の十六分休符から始まる問と応答のリズム
 

【リスト】
 ・拍子をしっかり数えているうえでのアゴーギク
 ・左手の波線アルペジオは速すぎず、右手と合わせる
 ・波線アルペジオの力配分
 ・内声の音が抜けないように
 ・開離の和音の弾きにくさにつられてメロディのテンポが左右されないよう
 ・長いフェルマータに続く新たなフレーズの緩急のタイミング
 ・一音であっても管楽器のようにクレッシェンドを感じる
 ・左右同時の波線アルペジオの合わせ方
 ・パッセージの最後の音が抜けないよう
 ・キメるところは特に音のミスをしないよう
 ・クライマックスのオクターブの連続は上から弾かずレガート
 ・ペダリング


 
 今弾いているところの気持ちのテンションはどのあたりか、起承転結とか、それぞれの音の意味や方向や重力など、もっと丁寧に感じ取りながら練習しないとダメだと思いました。
 なんとなくではなく、しっかりとした裏付けをもって、意志を強く持って取り組まないと、いつまでたっても上達しないと思いました。
 練習量と練習の仕方が良くなかったです。
 たくさん反省したら、気持ちをあらたに引き締め、がんばります。



クラーマー = ビューロー/60 練習曲 ~ 第 6 番
J.S.バッハ/イタリア協奏曲 BWV 971 第 1 楽章
リスト/愛の夢 第 3 番



関連記事

[タグ未指定]
[ 2014/05/11 14:33 ] クラシックピアノレッスン | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
全記事表示リンク
月別アーカイブ