FC2ブログ

音楽レッスン帳

クラシックピアノ・ジャズピアノ・エレキギター・作曲・DTM・オーケストラ・パーカッションのレッスン日記 ♪ 姉妹サイト「ニョキリサ」もよろしくお願いします(๑˃̵ᴗ˂̵)

どこから転調するのか、鍵となる音をとらえる

 今日のピアノレッスンで学んだこと

【クラーマー=ビューロー】
 ・音を注意深く聴く
 ・どの音から転調するのかによってタッチを変えニュアンスをつける
 ・音の跳躍の距離感を感じて表現をつける
 ・縦に刻まず、横につなげて歌う
 ・左手と右手と連動して表現する
 ・f moll と As dur のスケールの変化する強弱のつけ方とそれに伴うタッチ
 ・前打音のところの和音は豊かに
 ・rit. しない

【J.S.バッハ】
 ・リズムをためて鋭くしすぎないで正確に
 ・カデンツから二声それぞれが分かれ独立し、反行のスケールで広がりをもたせる
 ・二度や三度から六度の跳躍のときの距離感
 ・属音のオルガンポイントを安定した響きに
 ・手の甲をしっかり
 ・シンコペのタイをしっかり感じ、次の音が飛び出さないように
 ・アルペジオのフレーズを一個一個弾かず、横にレガートでつなげる
 ・今までの形と変形するところは表現も変える
 ・どの音へ向かっているのか、上がるのか下がるのか、どの音が重要なのか、考え感じながらよく音を聴く
 ・モルデントのアクセント
 ・トリルの臨時記号

【シューベルト】
 ・付点のリズムを正確に
 ・この曲の中心的で特徴的なリズム
 ・声楽曲をピアノで歌うつもりで、スタッカートは切りすぎず
 ・独唱と重唱のかけあいの冒頭、独唱のピアニッシモであっても音を細く弱くさせず、ホールで弾くことを視野にいれ、指で重さを感じながらしっかりと音を出す
 ・c moll から急に Es dur に部分転調するところ、借用和音、聴く人をはっとさせる変化、音色、タッチも変える
 ・ペダル
 ・左手三連の伴奏の変化する音を歌う
 ・subit p 音量を落として惹きつける
 ・スラーでつなげるところ
 ・ピアニッシモでコードで三連の伴奏は鍵盤の近くから
 ・メロディの声部が変わるときの変化
 ・高音域と低音域のピアノの構造や特徴を捉える
 ・長く伸ばす音も最後まで聴く
 ・バスのピッチカート
 ・正確なテンポで
 ・記譜されていないアクセント、リズム感 

 

クラーマー = ビューロー/60 練習曲 ~ 第 8 番
J.S.バッハ/イタリア協奏曲 BWV 971 第 1 楽章
シューベルト/即興曲 D 899 (op.90) 第 1 番



関連記事

[タグ未指定]
[ 2014/07/06 16:46 ] クラシックピアノレッスン | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
全記事表示リンク
月別アーカイブ