FC2ブログ

音楽レッスン帳

クラシックピアノ・ジャズピアノ・エレキギター・作曲・DTM・オーケストラ・パーカッションのレッスン日記 ♪ 姉妹サイト「ニョキリサ」もよろしくお願いします(๑˃̵ᴗ˂̵)

偽終止 DECEPTIVE CADENCE

昨日のジャズピアノレッスンで学んだこと

【DTM】
○ペダルのイントロ課題㉒の添削
 ・裏コードから曲に入るより、Ⅴ7 を入れたほうが解決した感じがでる
○トニックディミニッシュの課題⑳
 ・Funk の場合、ジャズのなまりをとる
 ・強弱をオーバーにつける
 ・休符(息継ぎ、切れ目)を多めに入れるとカッコよくなる
 ・管楽器のロングトーンはエクスプレションでボリュームに変化をつける
 ・ビブラートのモジュレーションは自然に
 ・16 分音符のシンコペーションを入れる
 ・コード楽器(ギター)の自動コード弾きの危険性
○トニックディミニッシュの課題㉑
 ・コード楽器(ピアノ)の自動コード弾きの音間違い
 ・音価を短くしたり、テンションを入れたり
 ・ロングトーンばかりだと平坦で息苦しくなることもある
 ・イコライザで音づくり
 ・コードの構成音の並び替え
 ・音量バランス
 ・どうやってもおかしかったら、作曲自体を見直す

  Jazz Lesson 20
  Jazz Lesson 21
  Jazz Lesson 22




【理論】
○ 転調(MODULATION) の例
 ・All The Things You Are
  移調と Modal Interchange
  Bird of Paradise (Charlie Parker)
 ・Afternoon in Paris
  コードチェンジとメロディのフレーズがずれている
  部分転調
  ドミナント・ペダル
  キーの平行移動
 ・The Girl From Ipanema
  モードやスケール
  トニック本体が出てこない
  移調


 課題
  ・今まで作った 8 小節の曲を 2 曲あわせ、A から B へ ① 7th を使って転調(㉔)、② コードの平行移動(㉕)、③ 突然転調(㉖)
  ・Afternoon in Paris 的(ⅡⅤ)な曲をつくる。 ① 部分転調(㉗) ② TRI TONIC(㉘)

  Jazz Lesson 24
  Jazz Lesson 25
  Jazz Lesson 26
  Jazz Lesson 27
  Jazz Lesson 28


○ 偽終止 DECEPTIVE CADENCE
  ・Ⅴ7 → Ⅰ, Ⅰm の代わりに代理コードに解決
  ・sec.D の解決にも代理コードを使ってみる
  ・半音下降と 4 度進行以外でも使える場合がたくさんある
  ・浮遊感
  ・機能のない、サウンド重視のコード進行
  ・機能和声は保障されているが、拡大解釈から導かれた機能のない進行はセンスが問われる
  ・モードへと移っていく



関連記事

[タグ未指定]
[ 2014/10/22 21:36 ] ジャズピアノレッスン 1 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
全記事表示リンク
月別アーカイブ