FC2ブログ

音楽レッスン帳

クラシックピアノ・ジャズピアノ・エレキギター・作曲・DTM・オーケストラ・パーカッションのレッスン日記 ♪ 姉妹サイト「ニョキリサ」もよろしくお願いします(๑˃̵ᴗ˂̵)

負傷兵、いざ戦闘機へ

 もうすぐ別れの季節がやってくる。


 昨年は多くの別離があった。友人たち(親友、旧友、仲間、知人)や5年間家族だった愛犬。ある業界の人間関係。30年以上暮らした家。8年間暮らしたアパート。


 私は、ある域に達するまで、酔うものから遠ざかりたいと思う。「ある域」とは、自分を強くもち、一機の戦闘機として空を飛べるようになる段階。そして敵にやられるまえにグッチャグチャに潰す強さ。少なくともこの域までいかないと、幸せは永久につかめないことがわかった。生き残るためには自分しか頼れないという、独立した自分をつくらなければならない。その過程において迷いを増幅させ、自立の邪魔になるものが、次の「酔うもの」だ。

 癒しや飾りの人間関係(交友、恋愛、親子)、酸性食品、酒、ニコチン、薬、自傷行為、買い物、ダイエット、過ぎる仕事、宗教、ネット、スピリチュアルなものへの傾倒、占い、ギャンブル、性交、自惚れ…。これら酔うものは、依存性があって非常に危険だ。一度溺れると、なかなか抜け出すのが難しい。中でも最も身近であり、完全に絶つことはできない食事には、生死の問題に直結するため細心の注意が必要。幸せになるも不幸になるも、食事の内容により緻密に関わってくるからだ。それから、すぐに逃げ込みたくなるのが、手っ取り早く酔える人間関係で、これも手強い。

 人のことよりも、まず自分がしっかりしなければならない。そうでなければ、ピアノも薄っぺらく聴こえるし、作品も上っ面で幼稚なものにしかならない。

 だから、私は無駄なものは一切を絶つことにする。誰も見ていなくても、誰に知られなくても、私は私の仕事をするしかない。一人にならなければならない。

 別れがあれば出会いもあるもの。自立した同志の良い人間関係、環境、影響、授かった遺伝子にふさわしい自分になるように戒めたい。そして誰からのものでもない、自分自身による幸せを必ず掴む。

 「酔うもの」に音楽が入っていないのは、そういう音楽が蔓延している昨今だが、私が目指すのは酔う音楽ではないために列挙しなかった。

 いつの時代も素晴らしい音楽とは、苦しみの巡回を経て誕生する。




追記:同日 19:06

 では、「ある域」に達したら解禁するのかというと、そうではない。ある域に高められれば、自然と仮初の快楽への渇望はなくなり、自分を救えるだろう。
 
 酔って溺れて身を滅ぼす前に、まず第一に溺れている自分を認め、第二に酔いを求めている自分に気づき、第三に酔うものから隔離し、第四に恐れから自分を守り(慎み)、第五に気を入れ替え無駄なものをそぎ落とす、厳しい戦いだが、これ抜きには自分を救えない。第一段階に到達するまでに何年もかかることがあるし(私の場合、第一段階に8年、第二段階で17年を要した)、油断するともとの段階に落ちることを繰り返したりする。でも、どん底の暗闇まで落ちないと、本当の意味でわからないものだ。現在の私も、これを書きながらも心底まだわかっていないかもしれない…。その答えは数年後になってみないとわからない。
 
 とにかく、生きるっていうのは、ものすごく大変だっていうのはよーくわかった。自分だけは生き残りたいという殺し合いだってことも。食べなきゃ死ぬ、食事は命をいただいているという自覚。


関連記事

[タグ未指定]
[ 2011/02/25 15:35 ] 日記 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
全記事表示リンク
月別アーカイブ