FC2ブログ

音楽レッスン帳

クラシックピアノ・ジャズピアノ・エレキギター・作曲・DTM・オーケストラ・パーカッションのレッスン日記 ♪ 姉妹サイト「ニョキリサ」もよろしくお願いします(๑˃̵ᴗ˂̵)

フォーム大改造つづく

7ヵ月前に通い始めてから継続中のフォーム大改造は、一進一退、紆余曲折、まだまだ完成していませんが、目指す姿や発音はイメージできてきました。

長年の振る舞いを正し、身体や意識に落とし込むのに時間がかかりますが、先生が絶対直したいと根気強く教えてくださるので、フォーム大改造だけでなく、いつの間にか意識改革により高次元の世界と交信しているような感覚を覚えます。

フォームというより、ピアノとの向き合い方、素の自分をさらして表現するという生き方までも変えてしまう、言うなれば革命です。

そうとらえると、私は今、大事な局面に立っています。



今日のジャズピアノレッスンで学んだこと。

【実技】
Beautiful Love / Haven Gillespie / Wayne King、Victor Young & Egbert Van Alstyne

・手が下がらないよう、バタフライや平泳ぎのように胸を広げ腕全体を使う
・足をぐらぐらに外し上半身の力を逃す
・手首でリズムを取らないように
・弾く前の身体の構えと心構え
・ピアノの前では偉そうにする
・トリルなど細かい装飾音を入れる
・広いレンジを使って、時には左を抜いたり
・ブロックコード
・アドリブをベースに渡す時はわかるようにピアノを完結する
・イントロはドミナントのアルペジオか、ピアノソロでルバートか、最後の段を 3 回繰り返すか
・エンディング、A をベースに分数コードで

Nancy / Phil Silvers / Jimmy Van

・イントロは C 7 アルペジオ、4 拍目でC7 を弾き直してから F△
・または、2 段目からソロでルバートしてから入る
・エンディングは C を弾いて F の単音をカーン響かせ歌を終わらせてから F△(Ⅱ♭からでもいい)


【理論】
♯11th の使い所
・長調で解決しないドミナントに使う
・典型例
Ⅱ7ーⅡm7ーⅤ7ーⅠ△

Ⅳ△ーⅣm7ー♭Ⅶ7ーⅠ△


デューク・エリントンが良く使っている

【宿題】
・曲
Beautiful Love / Haven Gillespie / Wayne King、Victor Young & Egbert Van Alstyne

Nancy / Phil Silvers / Jimmy Van



関連記事

[タグ未指定]
[ 2019/05/13 18:12 ] ジャズピアノレッスン 2 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
全記事表示リンク
月別アーカイブ